menu

猫を多頭飼育するときに注意すべきポイント

46 views

初めに

猫が好きで、飼うことができる状況になってきたとき一匹だけではかわいそうと思い何匹か解体と思うかもしれません。もしくは、すでに猫を飼っているけどご縁があって新たに迎えることになったという人もいるかもしれません。

様々な事情から、猫を複数等飼育することになった場合どういったことに気を付けて飼育すればよいのでしょうか?飼育頭数に対して、どのくらいの広さが必要なのか?トイレやベットの数は足りていますか?

猫たちにストレスを与えないためにも、正しい環境を作るようにしましょう。また、気を付けていないと猫屋敷のようになり飼育崩壊を起こしてしまうかもしれません。最後まで幸せに一緒にいるためにできることは何なのか見てみましょう。

 

必要なトイレの数

猫は犬のような散歩はしなくていいし、ごはんも置きっぱなしでもいいから楽で複数頭飼っても大変そうじゃない!そう思っている方は要注意です。

猫がストレスなく過ごすにはそれなりの部屋の広さが必要になります。また、備品の数も増えます。基本的にトイレは猫の頭数+1こが良いとされています。

猫は体臭などがあまり気にならない動物です。ですが、トイレの掃除を怠ると結構気になるにおいがします。現在もし、猫をすでに飼っている方はこまめに掃除をしているでしょうか?もしおろそかになっているなら、多頭飼いしたとき思いもよらないにおいのもととなってしまうかもしれません。

また、必要な数のトイレを用意したらその分だけ猫砂などの消費量も上がります。

 

十分なスペースはあるか?

多くの人は猫ちゃんを家の中で放し飼いにしているかと思います。それでいいのですが、相性があまり良くない場合は考え物です。

避難できる部屋はあるでしょうか?もしあまり相性が良くないなら頭数分の部屋数がある方が理想です。

ベットは頭数分あればよいでしょう。

休める場所だけでなく、遊ぶことのできる場所も必要です。猫は上下移動をよくします。キャットタワーがあることが好ましいです。部屋の広さによってはあまり大きなキャットタワーは置くことができないでしょう。そうした場合は、高さの異なる棚を階段のように並べたりすることによて高さのある場所を確保することができるかもしれません。

爪をひっかけて登ってもよいポールなどがあると、運動の幅が広がります。

 

ごはんの管理

猫はネズミなど小さな動物を、必要に応じで捕まえおなかを満たします。犬と異なり、少しずつ食べるのです。そのため、基本的には自由にご飯を食べることができるようにドライフードなどは置きっぱなしにするのが普通です。

多頭飼育であってもそれは変わりません。しかし、お皿にある分だけご飯を食べてしまうこがいる場合。もしくは病気などで療法食だけしか食べてはいけない猫ちゃんがいる場合、注意が必要です。

そうした場合、方法のひとつには食事の時間を決めてしまうという方法があります。猫は基本的には好きな時間に、好きな量だけ食べる生き物です。ただ、複数回に分けるなら、時間を決めてごはんを与えることも問題ありません。食べ過ぎてしまう猫ちゃんの場合は、体重管理をするうえで非常に有効な習慣です。

もう一つの方法としては、部屋を完全に分けてしまうということもできるかもしれません。一緒にいるとけんかをしてしまうような関係性の場合は、完全に部屋を分けてもストレスにはなりません。この方法の問題点は、猫によっては勝手に部屋を出入りする可能性があるということです。ドアの開閉には注意し、必要なら猫が勝手に開けることができない工夫をしましょう。

 

適切な頭数で飼育を続ける

始めは2匹しかいなかったのに、拾ったり繁殖したりしていつの間にか猫屋敷になってしまったという話を聞いたことがあるかと思います。そうならないためにも、かわいそうだからと安易に猫を拾わない姿勢は大切です。自分の限界を考えず数を増やすなら、猫を助けるどころか今まで幸せに生活していた先住猫たちの幸せを奪ってしまうことになりかねません。

また、増やさないように避妊去勢手術は絶対にしましょう。血のつながった兄弟同士であったとしても、動物は発情期が来れば子供を作ります。猫の場合は窓を開けて、勝手に外に出たりその逆に野良猫が勝手に入ってきたりします。女の子だけであっても避妊手術は受けさせましょう。

飼われている猫の場合、発情が早いケースが多くみられます。3.5~12か月齢とバラつきがありますが、まだ小さいからと油断しないで獣医師さんとよく相談し手術の日程を決めましょう。

ちなみに猫は日照時間が長くなると、子供をもうけることができるようになります。室内で飼われている場合、常に明るい環境にいるため通常では子供ができないような真冬にも妊娠する場合があるので注意しましょう


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.

MurataMiwa

犬と鳥と爬虫類が大好き。 まぁ、とりあえず犬さえいれば人生何とかなると思ってる犬中毒者です。 よろしくお願いいたします。

犬と猫の同時飼育犬と猫に同居を成功させるために

c77abc7a7afa62bdd811a33cb0b10751_m猫カフェ営業時間の規制緩和

関連記事

  1. NEKO9V9A9131_TP_V

    急な飼い主の入院!急な出張!こんなときペットをどうする!?

    大切な家族であるペットの世話は、飼い主としての義務です。しかし飼い主も人間ですから、病気にな…

  2. cat-1843241_1280-1

    犬や猫の歯周病について

    犬や猫の歯周病の危険とは市販の人間用の歯磨き粉を見ると、「歯周病対策!」「歯周病菌とたたかう」な…

  3. cat-1675422_1280

    お酒を飲まないペットも要注意!ペットの肝臓病について

    ペットも肝臓病になります!その原因とは?肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、病気等に罹患していてもすぐ…

  4. woman-674977_1280

    危険です!ペットに食べさせてはいけない意外な食品

    ペットの健康志向も高まってきている昨今、ペットに食べさせてはいけない食品についても、かなり認識が広が…

  5. thermometer-1539191_960_720

    猫の体温について

    猫の平熱私達人間は、風をひいたりして体調が悪い時に、熱が出ることがあります。同じように、猫も…

  6. cat-184620_1280

    愛犬や愛猫の食事療法と、療法食を食べてもらう上手な方法

    特別療法食とは?私達人間と同じように、犬や猫も、病気の治療や体質改善のために、食事療法が必要にな…

  7. IMG_9984

    猫同士の喧嘩の境界線とは!?

    ■勃発する喧嘩の境界線猫は、本来単独行動を好む動物ですが、気分次第で相手となる対象が居る場合、じ…

  8. IMG_9986

    放っておくと危険!?猫の顎ニキビ

    ■顎ニキビの原因①水が汚れているまず考えられるのが、水が不衛生であることです。猫によってはう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. dog-709328_1280
  2. Effect_20180712_135300
  3. kitten-227009_1280
  4. Effect_20180712_135350
  5. cat-806210_1280

Twitter でフォロー

PAGE TOP