menu

シュー・ヤマモトによるパロディ「キャット・アート」

930 views

名画と猫の融合

「キャット・アート」は、世界の名画の数々に登場する人物を猫にした、いわば「パロディ絵画」です。
日本人のイラストレーター、シュー・ヤマモトによって発表されると、美術愛好家や猫好きの間で、一躍注目を集めることとなりました。

どの作品も、元の名画を忠実に再現しています。
その中の人物が猫(召使いなどの一部は「ワンコロ召使い」と呼ばれる犬)に置き換わっているだけで、なんだかホッコリさせられ、同時にクスッと笑みがこぼれてしまうような、かわいらしさも感じられる作品に変身しています。

「オダリスク」
9efcd70a-171b-472f-81e6-66a8834412ea
出典:https://creatorsbank.com/shuyam/works/72682

「オリンピキャット」
22074bd1-3b42-4f93-8e65-e9b6807d6ec9
出典:https://creatorsbank.com/shuyam/works//72674

このような、人間だとセクシーで目のやり場に困ってしまうようなポーズの裸婦も、猫に変わっただけで、見事なまでにかわいくなってしまうのだから不思議です。

シュー・ヤマモトについて

シュー・ヤマモト(1948〜)は、神奈川県横浜市出身で、愛知県立美術大学を卒業後、カナダ移住を経てアメリカの永住権を得た、フリーランスイラストレーターです。

古今東西の名画に猫を融合させた作品の制作を始めたのは、2007年の秋からでした。

有名画家「フェルメール」の全作品37点を、全て猫バージョンに描いた画集「フェルネーコ」が2015年に発行されましたが、その他にも「落ち穂拾い」ならぬ「マタタビ拾い」「ドガの『踊り子』」ならぬ「ドラの『踊り子』」などの名画のパロディを数多く発表しています。

現在は「モリー」「ネコ」という2匹の猫とともに生活しながら、イラストレーターとしてのみならず、旅行業、翻訳業など、多彩な活動をされています。

画集「フェルネーコ」は、フェルメールが20年ほどかけて描いた37枚の絵を、たった1年あまりで描き上げたとのことで、さすがのヤマモト氏も食傷気味になったとのことです。

かわいい「あの猫名画」の紹介

「フェルネーコ」の他にも、シュー・ヤマモト氏の作品には、誰もが知っている「あの名画」の猫バージョンが数多くあります。
その中から、筆者のイチオシの作品を1点ご紹介致します。

「ニャンクの『叫び』」
20160505120737
出典:http://tokyotheater.net/

この作品は、「ムンク」の「叫び」を元にした「ニャンク」の「叫び」です。

「ムンクの『叫び』」
200px-The_Scream
出典:Wikipedia

元々のムンクの作品の中心に描かれた人物は、叫んでいるのではなく、「自然の果てしない叫び」に対して耳をふさいでいる姿を描いたものです。

しかし、「ニャンク」の「叫び」は、猫の耳が頭の真上に付いていることもあり、この位置だと手が耳に届いていないことになります。

もしかしたら「ニャンク」の「叫び」の猫は、自分の手(前足)が耳に届かないことに気付き、それに対して困惑し、叫んでいるのかも知れませんね。

本猫はとにかく真剣なのでしょうが、やはりこの絵も、猫のそんな必死な姿になんだかほっこりしてしまいます。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
Nona

Nona

私立大学文学部日本文学科を卒業後、バレエ講師、ダンサー、美術モデルなどとして活動。 2012年よりライターとして活動を開始。 現在は自身の立ち上げた出張型バレエスクール「M Ballet Art」の代表・主任講師を務める傍ら、日本の文化・ペット情報・バレエ・演劇・インターネットなどのコラム連載、バレエやスポーツの練習方法の解説の執筆など、幅広く活動中。

KIMG3337猫のトイレ砂の上手な処理方法

cat-1675422_1280お酒を飲まないペットも要注意!ペットの肝臓病について

関連記事

  1. AfricanWildCat

    イエネコの祖先・リビアヤマネコとは?

    「ヤマネコ」から「イエネコ」へ現在私達の近くに暮らしているペットの猫は、元々は野生のヤマネコの仲…

  2. osn0045-049 (1)

    親バカは時代を問わない!?平安貴族にも溺愛された猫たち

    近年の「猫ブーム」の影響もあり、猫を取り巻く飼育環境はどんどん向上しています。愛猫家の皆さんも「…

  3. kyoto-1248446_1920

    全国・ペットと一緒に参拝できる寺社3選(関西編)

    愛犬家・愛猫家の皆さんの中には「ペットと一緒に初詣などの寺社参拝をしたい」と考えている方が増…

  4. Ocicat

    オシキャットの魅力

    綺麗なスポット模様が最大の特徴のオシキャットが最近とても人気を集めています。そんな魅力的なオシキャッ…

  5. dog-1378087_1280

    こんな方法もあった!猫や犬のフードの療法食への切り替え方

    どうする!?処方食への切り替え人間の場合もそうですが、体調管理の基本は薬を使った治療以上に、食事…

  6. Effect_20180712_135300

    どちらもバーミーズのミックス!バーミラーとトンキニーズの違いとは…

    2種類の「バーミーズのミックス猫」こちらのコラムにも何度か登場している、筆者の愛猫・ベンジャミン…

  7. IMG_9811

    移り変わる猫の目の色の不思議

    ■生まれたての猫の目はみな同じ!?猫は、生まれて2カ月ほどの間は『キトンブルー』という子猫特有の…

  8. domestic-cat-726989_1280

    心配な、猫の下痢について

    猫の下痢の原因通常時の猫の便は、水分が少なく、コロコロとしています。便に含まれる水分が過剰と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. KIMG2665
  2. kyoto-1248446_1920
  3. affair-1238428_1920
  4. a1320_000129
  5. cat-2772203_1920

Twitter でフォロー

PAGE TOP