menu

猫の糖尿病

12 views

猫にも糖尿病があります。

糖尿病の原因・治療法などをご紹介します。

 

症状

糖尿病を発症するとみられる症状です。

・尿の量が増える(おしっこがたくさん出る)

・体重が減る

・食欲が増える

・水をたくさん飲む

・嘔吐・下痢

・脱水症状になる

・食欲がない

・おなかが膨れる

・白内障

 

糖尿病の初期には、食欲が増えたにもかかわらず体重が増えない、水をたくさん飲んでおしっこも多量に出るという症状がみられます。

 

症状が進むと神経系に異常が生じ、歩き方がおかしくなったり、免疫力が低下したりすることなどにより膀胱炎や皮膚炎などの感染症にかかりやすくなります。

 

さらに症状が進むと食欲がなくなり体重が減少、下痢や嘔吐の症状がみられるようになります。

また意識障害を起こしてしまうこともあります。

 

治療をせずに放置すると最終的には死に至る怖い病気です。

 

cat-1564496_1920

原因

糖尿病は膵臓からインスリン(ホルモンの一種)が十分に分泌されなかったり、インスリンへの体の反応が鈍ったりすることで血糖値をコントロールできなくなる病気です。

インスリンの機能が十分でないと、エネルギー源になる糖を体に取り込めなくなってしまいます。

そのため、糖が血液や尿の中に多く含まれたままになってしまうのです。

 

猫の糖尿病も原因は同じですが、糖尿病を引き起こす要因は以下のものがあると言われています。

・肥満

・ストレス

・遺伝

・膵臓の病気

など。

 

治療

糖尿病の治療には一般的に、インスリンの投与が行われます。

それと同時に食事療法をも取り入れられます。

肥満の解消をするとともに療養食で糖の吸収をコントロールします。

軽度及び一時的な糖尿病の場合、食事療法で改善することもあります。

 

慢性になると食事療法のほかにインスリンの投与も必要になってきますから、早期の治療と徹底した食事の管理が必要になってきます。

完治は難しくても治療を続けることで、食事療法のみでインスリンの投与が必要なくなるほどに回復する場合もあります。

 

どのような病気でも一度罹患したら、再発しないように食事療法や生活の改善は続ける必要があります。

 

予防

 

cat-2633840_1920

遺伝の場合、予防は難しいですが、生活習慣をきちんと管理することによって予防は可能でしょう。

肥満にさせないように食事の量や質、おやつの量などに気を付けましょう。

 

また、ストレスの少ない生活を心がけるのも大切です。

避妊手術・去勢手術を受けると体重が増加する傾向にあります。(個体差がありますので太らない子もいます)

特に不妊後は避妊・去勢後用のフードにするなど、体重の推移を見ながら対応してあげてください。

 


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
響

動物保護ボランティアをしています。

bengal-2476933_1920猫カリシウィルス感染症(FCI)とは

dog-843800_1920犬がドライフードを食べないときの対処法

関連記事

  1. cat-2783601_1280

    猫の抜け毛の原因と対策 気を付けるべき抜け毛とは 

    猫はたくさん毛が抜ける動物です。しかし、正常な生理現象で毛が抜けるときと、注意が必要な抜け毛…

  2. 46472-bunnies-four-cute-rabbits

    初心者 ウサギ🐰

    犬や猫と違って、ウサギは飼っている人少ない...どうやって選んで良いのかわからな…

  3. S__2228272-1

    インフルエンザの恐怖!人から犬・猫にうつるのか??

    毎年冬になると職場や学校で1人はインフルエンザで寝込んでしまう人はいませんか?身近なウイルス、かかっ…

  4. https://500px.com/photo/126837465/the-dog-takes-a-bath-by-masich-mariya

    夏はワンコもキレイにしたい!いやがらずにシャンプーができる方法

    シャンプーがキライな犬は多いと思います。特に夏場は犬もシャンプーをした方が、被毛もきれいに保…

  5. cats-796437_1920

    猫にアロマ製品は危険!

    アロマオイルは猫に危険だと知っている飼い主さんは多いでしょう。アロマオイルそのものでなくても…

  6. e0066474_20543356

    ラクダ🐫🐪…R…

    日本人には、馴染みの少ないラクダ。意外と、違った情報も飛び交っているみたい。今回は、ラクダの知ってる…

  7. animal-2543572_960_720

    老齢猫によくみられる健康問題 その2

    老齢猫によく見られる健康疾患をご紹介します。どのような症状でも、早期発見・早期治療が猫の幸せ…

  8. d59f784d7882c461e5c62e3ffb473f81_s

    【レシピ付】美味しいだけじゃない!見た目も可愛い愛犬(猫)鍋でほ…

    本格的な冬到来で、鍋が恋しい季節になりました・・・家族や友人と鍋を囲む機会も増えるのではないでしょう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. DSCN0846
  2. dog-1378087_1280
  3. cuckoo-995222_1920
  4. cat-1046544_1280
  5. panda-1236875_1920

Twitter でフォロー

PAGE TOP