menu

猫のケンカのルール、知っていますか?

217 views

発情期には「マジゲンカ」が増えます!

猫が発情期を迎える時期になると、外から「わぉ~ん!にゃぉ~ん!」という、赤ちゃんの泣き声がパワーアップしたような、もの凄い鳴き声が聞こえてくることがあります。

これは、メスをめぐっての、オス猫同士のケンカの声です。

普段は平和に暮らすことを望む猫ですが、発情期にはいわゆる「マジゲンカ」が増え、愛猫を外へ出している場合には、負傷して帰ってくることもあります。

stray-cat-939367_1280

しかし、そのような流血沙汰のケンカは、普段の猫社会ではほとんど起こりません。
猫のケンカには、「ケンカのルール」が存在するのです。

メインは「にらみ合い」

猫は、基本的には他の個体とケンカをすることを好まない動物です。

そのため、普段はなるべく他の個体と出会わないように暮らしています。
万が一出会ってしまっても、目を反らし「しらんぷり」をして通り過ぎようとします。
猫が目を合わせるのは、飼い主や母猫、同居の友達猫などの安心できる相手以外の場合は、ケンカを売っている時のみです。

animal-17430_1280

万が一、他の猫とケンカになってしまった場合も、なるべく「にらみ合い」で決着をつけようとします。
猫はお互いを見ただけで、どちらが強いか弱いかが分かるのです。

強い方の猫は、腰を高く上げ、耳を横に向けて、相手を威嚇します。
一方の弱い猫は、うずくまって身体を低くし、耳を伏せて負けを認めます。

相手が伏せて負けを認めたら、勝った猫はそれ以上負けた猫を攻撃しないのが「ルール」です。

それでも本気のケンカに発展してしまう場合

にらみ合いで決着がつく場合は良いのですが、時にはお互いの力が互角だったり、どちらも引き下がらなかったりで、決着がつかない場合があります。

そうなると、猫パンチ、猫キックが飛び出す「マジゲンカ」となります。

面白いことに、猫は本気でケンカをしている最中でも、お互いに離れて毛づくろいを始めることがあります。

cat-504549_1280

ケンカの最中にもいかにも猫らしい、なんとものんびりマイペースな光景に見えますが、これはケンカで緊張した気持ちを落ち着かせるために毛づくろいをしている、いわば「一時休戦」です。

猫のケンカは、どちらかが負けを認めるまで続きます。
しかしどんなに激しく争っても、どちらかが危ないと思えば負けを認め、勝った猫はそれ以上攻撃をしないのがルールです。

ケンカをするのはオス猫だけ?

ケンカをするのは、発情期のオス猫だけだと思われがちです。

しかし実際には、メス猫もケンカをすることがあります。

子育て中のメス猫は、我が子を守るために必死です。
そのため、子猫に近付こうとするよそ者の猫や他の動物が現れると、鬼の形相で威嚇をし、立ち向かっていきます。

IMG_8340

「母は強し」という言葉が浮かんでくるような光景です。

まとめ

以上のように、猫のケンカには猫社会なりの「ルール」があります。

しかし、できれば大切な愛猫がケンカで負傷する自体は、飼い主としては避けたいものです。

ケンカの傷から感染症などにかかるリスクもあります。

繁殖を望まない場合は去勢・避妊手術を受けさせ、基本的には猫は安全な室内で飼育することをお勧めします。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
Nona

Nona

私立大学文学部日本文学科を卒業後、バレエ講師、ダンサー、美術モデルなどとして活動。 2012年よりライターとして活動を開始。 現在は自身の立ち上げた出張型バレエスクール「M Ballet Art」の代表・主任講師を務める傍ら、日本の文化・ペット情報・バレエ・演劇・インターネットなどのコラム連載、バレエやスポーツの練習方法の解説の執筆など、幅広く活動中。

cat-1675422_1280お酒を飲まないペットも要注意!ペットの肝臓病について

1dc6bd1403d1d1b28956d4d30344af0b犬カフェ<猫カフェ

関連記事

  1. squid-1285385_1280

    猫にイカを食べさせると腰を抜かす?

    俗説の真偽のほどは?「猫にイカを食べさせると、腰が抜ける」という話を、聞いたことはありませんか?…

  2. 1024px-Cat_March_2010-1

    猫の甲状腺機能亢進症とは

    甲状腺機能亢進症は高齢の猫が発症しやすいとされており、犬も発症しますが猫のほうが多くみられる病気です…

  3. dscn0837

    幸せ来い来い、福よ来い~招き猫の秘密

    片手(両手の場合もあります)を上げて、何かを招くポーズをした招き猫は、日本では色々な場所でよく見かけ…

  4. TS3R0008

    あなたの隣のかわいいあの猫(こ)~にゃんこスナップ~

    「ウチの子が一番!」飼い主さんなら、誰もがそう思っていますよね。でも、出掛けた先の街で出…

  5. cat-184620_1280

    愛犬や愛猫の食事療法と、療法食を食べてもらう上手な方法

    特別療法食とは?私達人間と同じように、犬や猫も、病気の治療や体質改善のために、食事療法が必要にな…

  6. cat-2102420_1920

    猫のトイレ失敗の原因と対策

    猫はトイレのしつけをしやすい動物です。猫は、本来は砂にトイレをすることを好むので、きちんと猫…

  7. cat-806211_1280

    ターキッシュ・アンゴラと、にせの英国種~複雑な歴史のある美猫

    ターキッシュ・アンゴラは、その名の通りトルコが原産の猫種です。最も古い歴史を持つ猫の1つで、トル…

  8. cat-1675422_1280

    お酒を飲まないペットも要注意!ペットの肝臓病について

    ペットも肝臓病になります!その原因とは?肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、病気等に罹患していてもすぐ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. dog-709328_1280
  2. Effect_20180712_135300
  3. kitten-227009_1280
  4. Effect_20180712_135350
  5. cat-806210_1280

Twitter でフォロー

PAGE TOP