menu

猫の血尿・原因、治療法

82 views

愛猫が血尿をしてしまったらすごく心配ですよね。

血尿の原因や考えられる病気、治療法をご紹介します

 

猫の健康チェックはおしっこの観察で

猫は言葉を話せませんから、日ごろの飼い主さんの観察が健康をチェックするためには必要です。

その中でも、おしっこのチェックは大事です。

色やにおい、回数などから猫の体の異常を発見できます。

 

猫は水をあまり飲まない動物なので尿が濃厚になり、腎臓に負担がかかります。

そのため、腎臓疾患や下部尿路の疾患にかかりやすいのです。

 

システムトイレを使っていても、シートに吸収されているおしっこの色や量などを確認するといいですね。

猫の血尿

猫のおしっこに血液が混じっているのが血尿です。

通常のおしっこの色は黄色ですが、血が混じっているとピンクから濃い赤、茶色の色になります。

血尿があるということは腎臓や膀胱、尿道などの泌尿科系から出血している可能性が高いですから、すぐに獣医を受診しましょう。

嘔吐や食欲がない、元気がないなどほかの症状も発症している場合もありますので、猫の状態は詳しく獣医に伝えてください。

 

膀胱炎による出血

猫は膀胱炎になりやすい動物です。

膀胱炎は残尿感を感じるので、何回もトイレに行きますが、おしっこは少量しか出ない、またはまったく出ない状況がみられます。

濁ったおしっこや血尿が出て尿の匂いもくさいことがあります。

 

膀胱炎は抗生剤の投与で比較的簡単に改善することができるので、早期に治療をしてください。

膀胱炎は繰り返す可能性が高い病気です。

 

尿管結石による出血

トイレに行くのにおしっこが出ないときに考えられる病気です。

進行すると血尿が出る、痛さで叫び声をあげるなどの症状がみられます。

 

膀胱炎と違うのは、トイレに行ってもおしっこが出ないという点。

特にオスは尿管に結石が詰まる可能性が高く、おしっこが出なくなると命に係わります。

1日以上おしっこが出ない場合は危険ですからすぐに病院へ行ってください。

軽度であれば療養食で改善しますが、これも繰り返しかかりやすいので、一度罹患するとずっと療養食を食べることが必要になってきます。

cat-2605502_1280

血色尿素による血尿

赤血球が破壊されたことにより、ヘモグロビンの赤い色素が尿に出ることで尿が赤くなります。

正確には出血による血尿ではないのですが、赤い尿が出て治療が必要という点では気を付けるべき症状です。

原因は、玉ねぎ中毒や赤血球に寄生するとヘモプラズマに寄生されたことによる感染症、猫白血病ウィルス感染などです。

治療はそれぞれの原因への対処になります。

 

玉ねぎは絶対に食べさせてはいけませんし、ウィルス感染しないように室内飼育を徹底することも大切です。

 

がんによる血尿

膀胱や腎臓のがんによって出血する場合があります。

高齢猫に多い症状で、血尿の色が濃い場合は要注意です。

手術や抗がん剤などの治療が行われます。

早期発見が重要ですので、以上に気が付いたらすぐに病院へ。

 

ケガによる血尿

交通事故や高所からの落下のケガにより血尿が出ます。

室内で血尿が出るほどのケガを負うことはあまり考えられず、外に出る猫に多いでしょう。

一見外傷がなくても、内臓が傷ついていることが考えられます。

交通事故、人間による虐待(ける、殴るなど)が猫の重傷の要因となることが多いと考えられますから室内飼育をすることが大切です。

chef-2911333_1280

まとめ

このように尿を観察することは、愛猫の健康を守ることにつながります。

がんなどが要因だった場合は血尿の予防が難しいこともありますが、室内飼育をする、普段から水分の摂取が多くなるようにフードを工夫する(ウエットフードを多くする)など飼い主さんができる予防もあります。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
響

動物保護ボランティアをしています。

cat-2143332_1280猫にも血液型がある?性格に関係はある?

osn0045-049 (1)親バカは時代を問わない!?平安貴族にも溺愛された猫たち

関連記事

  1. animal-1834409_1280

    猫の目の仕組みと病気について

    猫の目の特徴と仕組み猫の目は、私達人間と比べて、顔に占める面積が非常に大きいのが特徴です。…

  2. cat-2188612_1920

    猫が食べてもいいもの・ダメなもの

    総合栄養食のキャットフードを食べていれば栄養は十分です。しかし、可愛がっている猫にはおいしい…

  3. cat-3041236_1280

    猫にケージは必要?使用する際の注意点②

    猫は自由気ままに切る動物なので、ケージ飼育はその猫の生き方を否定するようなものであることは確かです。…

  4. IMG_2643

    犬の誤飲食には焦らず対応!

    犬の誤飲食で気を付けること犬の誤飲食については正しい知識を持ち、冷静な判断が必要です。人…

  5. cat-2197025_1920

    猫飼いあるある 猫のにおいが好き! くさかったら病気かも

    猫好きが、猫の好きな点でよくあげるのが「猫がいいにおい」なこと。人によって感じ方は違いますが…

  6. %e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_0002

    【猫カフェ】猫カフェ「Cateriam」にいってきた!【放浪記そ…

    「猫を飼いたいけど、飼えない…」そうやって猫の癒しを求める日々。ついに、我慢の限界を…

  7. e-cigarette-1881957_1280

    電子タバコ・無煙タバコのペットへの危険性

    これまでのたばこは、もちろんペットにとっては健康を害する恐れがあるものです。近年電子タバコが…

  8. ALTUS AIR FORCE BASE, Okla. – Dr. Joe Freeman, Western Prairie veterinarian, and Capt. Erin Pittman, Fort Sill veterinarian, hold down a cat while giving it a shot at the base Animal Clinic, April 24. The clinic provides performs routine check-ups for military family pets and 97th Security Forces Squadron military working dogs to check for common health problems and shot currency. (U.S. Air Force Photo by Airman 1st Class Levin Boland / Released)

    猫用インターフェロン(インターキャット)とは?効果・副作用

    猫を飼っていて、調子が悪くなった場合に病院へ行くとインターフェロンを注射されたという経験をお持ちの飼…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. dog-3814618_1920
  2. dog-1861839_1920
  3. DSCN0499
  4. a0790_000930
  5. KIMG1934 - コピー

Twitter でフォロー

PAGE TOP