menu

猫用インターフェロン(インターキャット)とは?効果・副作用

4,601 views

猫を飼っていて、調子が悪くなった場合に病院へ行くとインターフェロンを注射されたという経験をお持ちの飼い主さんは多いでしょう。

多くの猫の疾患に用いられるインターフェロンとはどのような薬なのでしょうか。

効果や副作用をご紹介します。

 

インターフェロンとは

インターフェロンは人間用にも使われる抗ウィルス作用が強い薬です。

猫用のものは「インターキャット」とう製品で、猫カリシウィルスや犬パルボウイルスの治療薬として東レが開発しました。

 

インターフェロンとは体内の免疫システムから作られるタンパク質(サトカイン)のことでで、ウィルスの侵入に反応して生産されます。

体内で分泌されたインターフェロンは、ウィルスの増殖を抑えたり免疫力を高めたりする働きがあります。

しかし、強い持続感染を示すウィルスに対しては体内で作る分だけでは足りません。

そこで不足分を補うために投与されるのが、人工的に作り出されたインターフェロン(インターキャット)になります。

1024px-Interferon_bottles

インターフェロンの効果

発売元の東レでは「猫カリシウィルスの治療薬」としていますが、動物医療の現場では猫カリシウィルス以外にも様々な症状対して用いられています。

 

インターフェロンの効果としては次のことが挙げられます。

 

・抗ウィルス作用・・・ウィルスの増殖を阻止する働きがあります。

 

・抗がん作用・・・がん細胞の細胞分裂を抑えます。

 

・免疫力を高める・・・白血球やリンパ球などの免疫システムを活性化させる働きがあります。

 

ウィルス感染、がん、口内炎などに使われることが多くあります。

ウィルス感染に対してもよく用いられますが、感染初期または感染前に投与した場合に効果が現れる場合が多いようです。

 

口内炎は原因がカリシウィルスやエイズウイルスなどのウィルス感染である場合も多いので、そのようなときはウィルスに対する治療をすれば口内炎も治るのです。

ただし、エイズウイルスはいったん感染すると完治することはなく、症状を改善することはできても、ウィルスを根絶することはありません。

 

白血病も初期の感染であればインターフェロンが効果を発揮することもありますが、持続感染になった場合は完治することはありません。

 

ウィルス感染による疾患の場合は広くインターフェロンが用いられることが多いですし、猫の病気に対する治療薬は人間ほど多くはなく、結局は猫の免疫をあげることで病気に打ち勝つ方法がとられますのでインターフェロンが医療の現場では多く用いられるのです。

 

インターフェロンを使用することによってステロイドの量を減らすことができますし、ウィルス感染による身体の様々な不調に対して有効です。

veterinarian-577826_1280

副作用

インターフェロンは副作用が少ない薬といわれていますし、筆者は保護活動をしているのでインターフェロンはひんぱんに使いますが、副作用が発症したことはありません。

しかし、まったく副作用がないわけではありません。

 

インターフェロンの副作用

・発熱

・嘔吐

・食欲不振

・アレルギー反応によるアナフィラキシーショック(呼吸困難などの症状)

 

副作用があることも理解しておくといいですね。

pexels-photo-263318

最後に

インターフェロンはウィルス感染を原因とした症状に広く用いられますし、高い効果も期待できます。

使用の仕方は獣医師によって少し違ったりすることもあります。(連日3日間投与、1日の期に投与など)

副作用が少ないとはいえ全くないわけではないので、疑問点がある場合は獣医師に確認しましょう。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
響

動物保護ボランティアをしています。

1024px-Cat_March_2010-1猫の甲状腺機能亢進症とは

e-cigarette-1881957_1280電子タバコ・無煙タバコのペットへの危険性

関連記事

  1. 1024px-Cat_March_2010-1

    猫の甲状腺機能亢進症とは

    甲状腺機能亢進症は高齢の猫が発症しやすいとされており、犬も発症しますが猫のほうが多くみられる病気です…

  2. image

    猫が人の後についてくるのはなぜ?

    猫の行動の中でも、特に可愛い猫の行動は、人の後をついてくるということではないでしょうか。飼い猫にはよ…

  3. IMG_9984

    猫同士の喧嘩の境界線とは!?

    ■勃発する喧嘩の境界線猫は、本来単独行動を好む動物ですが、気分次第で相手となる対象が居る場合、じ…

  4. cat-2480778_1920

    猫を迷子にさせないための7つの注意点

    かわいがっている愛猫を失うことは肉体的にも精神的にもダメージが大きいです。うちの猫は大丈夫と…

  5. cat-451377_1280

    予防接種の重要性【猫編】

    なぜ予防接種が必要なの?猫には、人間と同じように、数多くの感染症があります。それらのほとんど…

  6. cat-2908656_1280

    猫が水を飲む量が多いときに疑われる病気

    猫が水をたくさん飲み、たくさんおしっこをすることを「多飲多尿」と言います。猫の多飲多尿は病気…

  7. IMG_9828

    猫ひげの秘密知ってますか?

    ■ひげってそんなに生えてるの!?猫には口の左右、目の上、頬、顎の4か所、合計50~60本ほどのひ…

  8. cat-2756590_1280

    猫の完全室内飼育はストレス?猫に散歩は必要?

    一昔前は猫を放し飼いにするのは普通でした。しかし現在では完全室内飼育が推奨されています。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. dog-3814618_1920
  2. dog-1861839_1920
  3. DSCN0499
  4. a0790_000930
  5. KIMG1934 - コピー

Twitter でフォロー

PAGE TOP