猫のお腹がたるんでいるのはなぜ? | 【わんにゃん王国】ペットに関するお役立ち情報満載のキュレーションメディア menu

猫のお腹がたるんでいるのはなぜ?

44 views

ときどきお腹の部分がたるんでいる猫を見かけることがあります。

飼い主さんとしては「太っていないのにお腹がたるんでいる」と不思議に思う方もいるかもしれません。

猫のお腹はなぜたるんでいるのでしょうか?

太りすぎ? 何かの病気?

猫のお腹のたるみについて解説します。

猫の体形は様々

猫のお腹の部分を観察すると、後ろ脚の付け根の少し前あたりからお尻の方向にかけて、皮膚がたるんでいる場合があります。

程度の差はありますが、この状態になっている猫は多く見かけられます。

一方でお腹が全くたるんでいない猫もいます。

 

お腹がたるんでいるかどうかは、年齢や性別に関係なく完全に個体差であるようです。

 

お腹のたるみは「ルーズスキン」

 

猫はもともと皮膚が人間に比べるとよく伸びます。

首の後ろの部分の皮膚を引っ張って皮下注射をするのを見たことがある方は多いでしょう。

人間ではあのように皮膚を引っ張ることはできませんね。

猫は皮膚に余裕があるのです。

 

その皮膚のゆるみが顕著に表れているのがお腹の部分。

猫のお腹のたるんだ皮膚を「ルーズスキン」といいます。

多く場合、猫に見られるお腹のたるみはルーズスキンであると考えられます。

 

ルーズスキンは猫としては異常なことではなく、ライオンやトラなどのほかのネコ科の動物にもみられる特徴です。

筆者は保護活動で多くの保護猫と接してきましたが、ルーズスキンが全く見られない猫のほうが少ないです。

cat-3123006_1280

ルーズスキンの役割

猫のお腹がたるんでいるのには大切な役割があると言われています。

 

・腹部を守る

猫のお腹の部分には大切な臓器がたくさんありますね。

心臓がある部分は肋骨で守られていますが、下腹部には骨がありません。

そのため臓器を守るためにルーズスキンがあると言われています。

 

・保温する

もともと猫は暖かい地方出身で寒さにはあまり強くありません。

しかもお腹は生命を維持するために大切な臓器がある場所。

ルーズスキンは保温の役割も担っています。

 

・脂肪を蓄積

猫は肉食獣ですから、獲物がいつも捕まるとは限りませんでした。

食べられるときに食べて置き、食料がみつからないときのために脂肪を蓄積しておく必要があったのです。

ルーズスキンは脂肪の蓄積にも役立っていると言われています。

 

・しなやかに動けるように

猫は高いところにもジャンプできますし、木登りも得意。

犬などに比べると行動範囲が広いですね。

しなやかは動きができるようにお腹の皮膚に余裕があるのだという意見もあります。

 

肥満との見分け方

多くの場合、お腹がたるんでいたからといって、肥満であるとは限りません。

猫の特徴であるルーズスキンであることがほとんどでしょう。

しかし肥満の場合もお腹はたるみますね。

肥満とルーズスキンの見分け方は簡単。

たるんでいる部分を触ってみて、固く肉を感じるようであれば肥満です。

柔らかく薄い場合はルーズスキンです。

 

最後に

お腹がたるんでいるのは猫の特徴です。

しかし、驚いたことにこのルーズスキンを知らない獣医もいます。

筆者の出会った獣医もルーズスキンを知らず、猫のお腹がたるんでいるのは太りすぎの証拠だと主張し、体重的にもどう見ても肥満ではないのに、ほとんとすべての猫の飼い主にダイエット用の療養食を購入するように言っていました。

本当に知らなかったのか、療養食を買わせるための手段だったかのか分かりませんが、筆者の体験ではこのような獣医も存在しているのです。

獣医なのにルーズスキンを知らないなんて論外なので、そういう場合は違う獣医に診てもらうことも検討したほうがいいかもしれませんね。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
響

動物保護ボランティアをしています。

cat-686803_1280猫の病気 肝リピドーシスとは

cat-2908656_1280猫が水を飲む量が多いときに疑われる病気

関連記事

  1. image

    マンチカンの魅力♪

    可愛い短めの脚が最大の特徴のマンチカンが最近とても人気を集めています。そんな魅力的なマンチカンの飼い…

  2. 1dc6bd1403d1d1b28956d4d30344af0b

    犬カフェ<猫カフェ

    ネコとイヌ、どちらが好きですか?と聞かれると、男性も女性も犬派の方が多いようです。ではなぜ犬カフ…

  3. gataquimera

    左右の顔が違う神秘的な猫 インスタグラムで大人気 

    猫には様々な毛色が存在しますが、そんな中でも特に珍しく神秘的な顔を持つのが「キメラ」という名前の猫。…

  4. image

    ヒマラヤンの魅力

    シャムのようなポイントカラーに、ペルシャの様な長い被毛が特徴のヒマラヤンが最近とても人気を集めていま…

  5. 健康診断チケット

    ペットの健康診断をもっと身近に!

    ワクチン接種などで動物病院へ行く機会は、ある程度あるかと思います。高齢の動物を見ている獣医さんの場合…

  6. image

    ラグドールの魅力♪

    滑らかな美しい毛並みと綺麗なブルーの瞳が特徴のラグドール。最近は特に、芸能人が飼っている猫にラグドー…

  7. paws-340071_1280

    猫が「ふみふみ」する6つの理由

    猫がリズミカルに前足動かして足踏みする行動「ふみふみ」。飼い主のお腹の上やひざの上でしたり、…

  8. dog-3071334_1280

    知っておこう ペットが持っている人にも有害な菌①

    犬や猫のかかる病気と人がかかる病気は異なることが多いのですが、同じように感染してしまう病気もあります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. dog-709328_1280
  2. Effect_20180712_135300
  3. kitten-227009_1280
  4. Effect_20180712_135350
  5. cat-806210_1280

Twitter でフォロー

PAGE TOP