menu

猫の肥満が引き起こすリスク②

37 views

猫の太り過ぎはただ単に肥満打倒だけにとどまらず、猫の健康を脅かす場合があります。
肥満が原因で命に関わる病気になることもあるのです。
猫を太らせすぎないようにし、正しいダイエット方法を知っておきましょう。

肥満のリスク:心臓病

人間でもそうですが太りすぎは心臓に負担になります。

肥満は心筋症などの心臓の病気を引き起こす要因になることがあるのです。

 

心臓の病気は命にかかわることが多く、普段は無症状であることから気が付きにくく、心筋症の症状を発症した時には短期間で死亡してしまうこともある怖い病気です。

心筋症の原因は肥満だけではありませんが、予防のために太りすぎには注意しましょう。

fat-1517449_1280

肥満のリスク:糖尿病

猫も糖尿病になります。

糖尿病の原因は様々なのですが、太りすぎの猫は発症するリスクが高くなります。

猫の体形にもよりますが、大型種ではないのに7㎏以上体重がある場合は要注意です。

 

猫の糖尿病は人間の場合と同じようにインスリンの注射が必要になりますが、うまくコントロールできない場合もあり、治療は難しいことが多いですから、まずは肥満体にさせないようにすることが大切ですね。

 

猫は運動では痩せにくい

太らせすぎないためには、なんといっても食事の管理が大事です。

人間のダイエットだと運動も大切な要素なのですが、猫は運動ではあまりカロリーを消費できません。

そもそもカロリーを消費するためにはかなり積極的に動かなければなりませんが、猫は「寝子」といいうほど寝てばかりいる動物。

そして室内飼育であれば、なおさら運動で痩せるということはかなり難しいでしょう。

cat-3021725_1280

置き餌はしない

猫は少しずつ何回も食べる習性があるため、フードを置きっぱなしにしている飼い主さんを見かけます。

自分で食べる量を調節できる子はいいのですが、あればあるだけ食べてしまう子は太る原因になります。

また太っていてダイエットしたい場合も、置き餌は良くありません。

 

食事は1日2回に分け、適量をあげるようにし、食べなかった分は片づけましょう。

cat-1307331_1280

ダイエットフードを活用する

猫のダイエットには食事制限が効果的です。

今はカロリーを制限したフードがたくさん発売されていますから、それらを利用するといいでしょう。

獣医で相談しながら適切なフードを与えることができればよりいいですね。

 

筆者が病院で出会ったおばあさんは飼い猫がかわいいあまり、毎食マグロのトロを与えていました。

獣医に糖尿病予備軍であると言われているにもかかわらず、なかなかやめることができなかったようです。

キャット・フード以外のものを食べ慣れていると、ダイエットフードを食べてくれないことがありますが、いつも食べているものに少しずつダイエットフードをプラスするなどして、なるべく太る原因となる食べ物を減らしていきましょう。

 

猫の要求通りにご飯をあげていると、猫の寿命を縮めることになってしまいます。

太りすぎの場合は量も10%~20%程度減らせると効果的です。

 

ただし、太っていて、急にフードを変えるなどしてご飯を食べなくなった場合、肝リピドーシスを発症することがありますので、急に極端なダイエットをしないようにしてください。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
響

動物保護ボランティアをしています。

cat-1307332_1280猫の肥満が引き起こすリスク①

IMG_8340犬や猫、鳥まで!ペット供養を行っているお寺・両国の回向院

関連記事

  1. cat-451377_1280

    予防接種の重要性【猫編】

    なぜ予防接種が必要なの?猫には、人間と同じように、数多くの感染症があります。それらのほとんど…

  2. tomcatDSC05027_TP_V

    猫は空調が苦手なの?気になるその理由と対策

    どうして猫は空調が苦手なの?「猫はこたつで丸くなる」という歌もあるように、猫は基本的に寒がりです…

  3. cats-796437_1920

    猫にアロマ製品は危険!

    アロマオイルは猫に危険だと知っている飼い主さんは多いでしょう。アロマオイルそのものでなくても…

  4. russian blue baby

    今すぐ飼いたくなるロシアンブルーの5つの特徴

    元々はロシアの貴族に愛され、大事に育てられてきたロシアンブルー。第二次世界大戦中に激減するものの、ブ…

  5. DSCN0911

    お正月以外も遊びたい!かわいい「ねこかるた」

    猫と家族のための「かるた」日本のお正月の遊びと言えば、「凧あげ」「羽根つき」そして「かるた」です…

  6. KIMG2665

    女性やカップルに大人気!浅草の「招き猫神社」を参拝!

    縁結びのご利益で有名な「今戸神社」このサイトではこれまでに、全国の「ペットと一緒に参拝できる神社…

  7. detailmain_korat

    タイの招き猫「コラット」

    タイ原産の「美しいブルーの招き猫」コラットは、アユタヤ王朝時代のタイの「コラット地方」で生まれた…

  8. cat-1192026_1920

    猫の白血病ってどんな病気?

    白血病は人間にもありますが、猫の白血病とはどんな病気なのでしょうか。原因…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. dog-3814618_1920
  2. dog-1861839_1920
  3. DSCN0499
  4. a0790_000930
  5. KIMG1934 - コピー

Twitter でフォロー

PAGE TOP