menu

「猫は世話がラク」は本当?

215 views

猫ブームで猫をペットに選ぶ人が増えています。

その理由の一つに「猫は世話がラク」というもの。

本当に猫は世話がラクなのでしょうか?

実際に飼ってみたら、「思っていたのとちがった」という方も実は少なからずいます。

 

猫はせまいところでも飼える?

 

http://photozou.jp/photo/show/296250/66319223

http://photozou.jp/photo/show/296250/66319223

 

猫は犬などに比べてせまいところでも飼いやすいという理由からも、アパートやマンションなどで猫を飼う人が増えています。

せまくても本当に大丈夫でしょうか?

 

実際に、猫は広さより高さが必要と言われています。

猫は高いところが好きな動物。

そのため、猫を飼育するには猫が遊んだりリラックスできたりする高い場所を作ってあげることが望ましいです。

キャットタワーやキャットウォークを準備してあげるといいですね。

キャットタワーの足の部分は爪とぎとしても使えますから、猫を飼うなら1つは欲しいところ。

 

猫はジャンプ力があり高いところを好むため、猫を飼い慣れない人は物を落とされたり、登ってほしくないところに猫が登ることにストレスを感じてしまうこともあります。

筆者の経験では、神棚や仏壇に猫が登ることを許せなくて飼育放棄した人が何人かいます。

いったん飼ってから飼育放棄するのは、猫があまりにかわいそうです。

 

どうしても猫に登ってほしくない場所は猫の出入りを禁止する、飾りなどは棚にしまって猫に落とされないようにするなどの対策をしましょう。

自分の生活スタイルが猫との暮らしが可能かどうか、よく考えてから家族として迎える決断をしてください。

 

猫はきれい好き

猫ととてもきれい好きのためトイレは比較的簡単に覚えてくれます。

しかし、絶対に失敗しないわけではありません。

失敗させないためには、まずトイレはいつも清潔でなければならずそのためには頻繁に掃除をしましょう。

ウンチが転がっているようなトイレは失敗の元ですし、猫がトイレをガマンして病気の原因にもなります。

 

トイレの数は猫の数プラス1

 

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Japanese_litter_box.jpg

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Japanese_litter_box.jpg

 

トイレの数は猫の数プラス1用意してあげましょう。

ウンチとおしっこを別々のトイレにする猫もいます。

また留守中などに一方が汚れても、もう一つあれば猫がトイレを失敗したりガマンしたする必要が少なくなりますね。

 

シャンプーは必要ない?

 

grooming-1018977_1280

猫は自分で自分の体をきれいにする動物です。

そのためシャンプーはほぼ必要ありませんが、ブラッシングはしてあげた方がいいでしょう。

抜け毛も自分でなめてきれいにするのですが、胃に抜け毛がたまると吐いてしまいます。

猫が毛玉を吐く行為はごく自然なのですが、あまりひんぱんだと掃除も大変ですし、猫もかわいそうですのでときどきはブラッシングをしてあげるといいですね。

 

猫はなりやすい病気がある

 

cat-1333926_1920

猫は元々暖かい地方出身なので、水をあまり飲みません。

そのため、膀胱炎や尿管結石などの病気になりやすく、年を取るとかなりの確率で腎臓病にかかりやすくなります。

膀胱炎や尿管結石などは治療はそれほど難しくはありませんが、若くても発症しますし一度なってしまうと習慣化する場合もあります。

また、猫は目が弱く、体調不良が目に現れやすいです。

このように猫には発症しやすい病気があります。

 

猫の世話はそれほどラクではない

 

cat-468232_1920

これまで見てきたとおり、それほど「猫は世話がラク」とは言えず、きちんと飼育しようと思えばそれなりに手間も費用もかかります。

筆者は犬と猫を飼っていますが、病院に行く回数は猫の方が多いですから、医療費がかかることも念頭に置かなくてはなりません。

猫は世話がラクだから飼おうという安易な決め方だと後で後悔しますし、飼育放棄されることになれば猫にとっては不幸以外の何物でもありません。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
響

動物保護ボランティアをしています。

cat-323262_1920猫の健康を守るために年に1度はワクチンを!

https://500px.com/photo/126837465/the-dog-takes-a-bath-by-masich-mariya夏はワンコもキレイにしたい!いやがらずにシャンプーができる方法

関連記事

  1. New base veterinarian

    獣医との上手な付き合い方②

    獣医も人間なので得意不得意もあれば、ときには間違うこともあります。獣医との上手な付き合い方を…

  2. IMG_9798

    猫の鼻は奥が深い♪

    ■猫の鼻が湿っている理由鼻の嗅覚は人間の10万倍と言われ、猫同士がコミュニケーションする上で重要…

  3. thermometer-1539191_960_720

    猫の体温について

    猫の平熱私達人間は、風をひいたりして体調が悪い時に、熱が出ることがあります。同じように、猫も…

  4. DSCN0866

    懐かしのネコマンガ『一丁目のトラ吉』

    昭和のリアルな猫マンガ近年は空前の「猫ブーム」。今や猫の登場するマンガや雑誌は、書店にずらり…

  5. image

    サイベリアンの魅力♪

    サイベリアンは大きな身体が特徴で、厚みのある毛に包まれたボリュームもあるゴージャスな猫です。猫の中で…

  6. DSX_World_Premior_RU-Don_Xuk's_Login_WOW_(14037189016)

    ドンスコイ~ロシアの神秘的な「ハダカ猫」

    ドンスコイの特徴「ドンスコイ」は、別名「ドンスフィンクス」または「ドン・ヘアレス」とも呼ばれます…

  7. ing110509_120

    「涙やけ」って、何?

    「涙やけ」の原因と症状犬や猫に見られる「涙やけ」は、「流涙症」とも呼ばれ、目を守るための涙が必要…

  8. dark-3070558_1280

    知っておこう ペットが持っている人にも有害な菌②

    ペットにも人間にも感染するものとして食中毒などを引き起こす菌と、寄生虫があります。ペットが外…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. DSCN0846
  2. dog-1378087_1280
  3. cuckoo-995222_1920
  4. cat-1046544_1280
  5. panda-1236875_1920

Twitter でフォロー

PAGE TOP