menu

猫が水を飲む量が多いときに疑われる病気

91 views

猫が水をたくさん飲み、たくさんおしっこをすることを「多飲多尿」と言います。

猫の多飲多尿は病気である可能性があります。

どんな病気が疑われるのでしょうか。

 

慢性腎不全

猫の約30%がなるといれている慢性腎不全。

特にシニア猫が発症しやすい傾向があるので気を付けたい病気です。

腎臓は血液中の塩分や老廃物をろ過しておしっことして輩出する機能を持つ臓器で、生きていくうえでなくてはならない臓器です。

腎臓の機能が弱まると尿を濃縮する力が低下し、おしっこの量が多くなります。

おしっこが多くなるということは失われる水分が多くなるということ。

それを補おうとしてたくさん水を飲むのです。

慢性腎不全を引き起こす要因は様々ですが、猫はあまり水を飲まない動物であるため腎臓に負担がかかり、高齢になると発症しやすいと言われています。

腎不全は一度発症してしまうと完全に回復することはありません。

早期発見・早期治療が延命のためには大切になってきます。

cat-2480774_1280

甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症は、甲状腺ホルモンの過剰分泌によって起こります。

慢性腎不全と同じく高齢猫によくみられる病気です。

甲状腺ホルモンが多く分泌されることによって代謝が異常に促進されることにより、臓器の血流量も多くなり多飲多尿の症状がみられるようになります。

多飲多尿のほかに代謝が促進させるので、たくさん食べるにもかかわらず痩せる、下痢嘔吐、行動が活発になるなどの症状がみられます。

治療は、甲状腺の摘出や薬の投与、放射線治療、食事療法になります。

2012年に甲状腺機能亢進症の療養食が発売され、手術が難しい子や副作用がある子などへの治療もできるようになりました。

早期発見・早期治療が大切になってきますので、日ごろの様子を観察することが大事です。

 

糖尿病

猫の糖尿病も珍しい病気ではありません。

糖尿病は血糖値をコントロールするインスリンというホルモンの分泌量が多すぎたり、少なすぎたりすることによって起こります。

糖尿病になると、血液中に糖が多すぎる状態になり、本来は尿として排出されないはずの糖がおしっことして排出されます。

多すぎる糖をおしっこで排出しようとするために多尿になるのです。

多尿になった結果、脱水症状が起き、たくさん水を飲むようになります。

糖尿病の原因は様々なのですが、肥満が一因であるとされていますので、食生活にも気を付けましょう。

治療は食事療法とインスリン注射になります。

lazy-774475_1280

子宮蓄膿症

猫は子宮蓄膿症になることが少ないとされていますが、筆者は保護活動をしており、これまで2匹の猫が子宮蓄膿症でした。

幸い早期発見できたので、現在も元気でいます。

よくある病気ではないかもしれませんが、気を付けるべき病気であるでしょう。

子宮蓄膿症は子宮に膿がたまる病気ですが、膿の毒素により腎臓の機能が低下し多飲多尿の症状を発症します。

治療は子宮の摘出手術となります。

子宮蓄膿症は避妊手術をすることによって完全に予防できます。

避妊手術は2万円ほどでできますが、蓄膿症の手術は3倍から4倍の費用が掛かります。

妊娠を望まない場合は、健康のためにも避妊手術をすることを検討してもいいでしょう。

 

まとめ

多飲多尿の症状が出る病気は様々あります。

どれも早期発見・早期治療が猫の生命を左右します。

日ごろから猫の水の飲む量やおしっこの量を観察しておくといいですね。

特にシニア以上の猫にとってはとても大切です。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
響

動物保護ボランティアをしています。

cat-2275558_1280猫のお腹がたるんでいるのはなぜ?

cat-1199259_1280猫の飲み水の適量は?

関連記事

  1. Vet_Tech_Program

    獣医との上手な付き合い方①

    ペットを飼っていると獣医師と接触する機会は数多くあります。ペットは生き物ですからいつ病院へ行…

  2. IMG_9805

    猫の毛について知ろう♪

    ■猫の毛は1センチ四方につき平均600本も生えている!?猫はペットの中でも、毛が抜けやすい動物で…

  3. cat-2783601_1280

    猫の抜け毛の原因と対策 気を付けるべき抜け毛とは 

    猫はたくさん毛が抜ける動物です。しかし、正常な生理現象で毛が抜けるときと、注意が必要な抜け毛…

  4. cat-184620_1280

    愛犬や愛猫の食事療法と、療法食を食べてもらう上手な方法

    特別療法食とは?私達人間と同じように、犬や猫も、病気の治療や体質改善のために、食事療法が必要にな…

  5. friend-2185812_1920

    動物の医療費を節約する6つの方法

    動物病院の医療費はかなり高額になります。人間とほぼ同じ設備が必要ですし、日本では人間は国民健…

  6. image

    ロシアンブルーの魅力♪

    銀色に輝くブルーの被毛が最大の特徴のロシアンブルーが最近とても人気を集めています。そんな魅力的なロシ…

  7. cat-2756590_1280

    猫の完全室内飼育はストレス?猫に散歩は必要?

    一昔前は猫を放し飼いにするのは普通でした。しかし現在では完全室内飼育が推奨されています。…

  8. cat-3059075_1920

    飼い主が新型コロナウイルスに感染してしまった場合…ペットを守るた…

    飼い主が新型コロナに感染したら、うちの子はどうなるの!?新型コロナウイルスの感染拡大は、5月半ば…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR] ペット保険をシミュレーション!

ペット保険シミュレーション

スポンサードリンク

最近の記事

  1. d0237d158144b2691ce7524861e81c64
  2. cat126IMGL6389_TP_V
  3. cat-3059075_1920
  4. egypt-2824582_1920
  5. odd-eyed-1023774_1920
PAGE TOP