menu

猫もおならをする・注意する点は?

66 views

実は猫もおならをします。

猫のおならは音が出ることが少ないために気が付きにくいし、ほとんどしない子もいるので意識したことがない飼い主さんもいると思います。

猫にとってもおならは自然現象。

しかし、中には注意が必要なおならもあるのです。

 

猫もおならをする

猫のそばにいたら突然、とても臭いにおいがした!というときは、猫がおならをしたのかもしれません。

猫のおならはほとんどの場合、音がしません。

そのため突然においが鼻につく!というケースが多いでしょう。

 

おならはガスが出るときに皮膚と皮膚がぶつかることによって発生するのですが、猫のお尻は左右の皮膚がぶつかるということがないので音がしないようです。

しかし、まったく音がしないわけではなく何らかの原因で音が発生するときもあるようです。

cat-2966064_1280

猫のおならは臭い

猫の臭いにおいと言えば肛門嚢のにおいですが、筆者の感じるところでは、おならはそこまで臭くありませんし残りません。

肛門嚢は臭い液体が出るのですぐには消えませんし、かなり強烈。

それに比べておならは一瞬臭くても、すぐに空気中に拡散してしまうので、臭い時間はほんの数秒程度です。

 

猫は真正の肉食動物ですので、肉を食べます。

肉は消化器官で分解される際に、アンモニアやインドールなどの匂いのもととなる物質が発生するため、これが臭いおならの原因となるのです。

 

猫のおならがくさいといっても、人間のおならも同じくらい、時にはそれ以上に臭い場合もありますから(人間は猫に比べたら巨人のような大きさですから)、匂いでは責められませんね。

生きていればおならは出るものですし、筆者は猫のおならなら全然気になりません。(人間のおならはイヤです)

 

おならの原因

おならは気体ですね。

つまり、飲んだり食べたりするときに空気も一緒に飲み込み、それがおならとして出ることもあるのです。

さらに食べたものを消化する際に発生する気体がおならのもとになります。

 

猫のフードの中には、体重管理や下痢便秘などへの対応をした食物繊維が多く含まれるものがあり、このフードを食べると腸内での発酵が促されおならが増えることがあるようですが、この場合はあまり臭くないと言われています。

おならは猫の生理現象なので、たまにするくらいであれば大丈夫ですが、体調不良よりおならが出る場合もあるので、そのようなときは注意が必要です。

 

体調不良のおなら

臭いおならが普段に比べて多いようなら、腸内環境が悪化しているのかもしれません。

人間と同じように腸内の悪玉菌が増えると猫もおならが臭くなりますし、回数も増えます。

 

注意すべきおならと症状

・においがとても臭い

・何度もする

・おなかが張っている

・腹痛がある

・嘔吐・下痢の症状もある

・食欲がない

 

これらの症状がみられた場合、生理現象のみではなく体調不良が絡んでいることも考えられますので獣医を受診しましょう。

cat-2574385_1280

おならを少なくするには

猫にも腸が弱い子もいますし、捨てられたり外で暮らしていた子などはなかなか体調が整わないなどの面からおならが多い子もいます。

生理現象のおならを少なくするのは難しいですが、腸内環境や体調の面でおならが多い場合は、おならを減らすように対処することもできます。

 

・体調を整える

猫風邪なのどの病気にかかっている場合は、まずは病気の治癒に全力を注ぎましょう。

獣医を受診し、消化が良く栄養のあるフードを与えてください。

 

・サプリメントを使う

猫の腸内環境を整えるサプリメントもあるので使用してみてください。

ビフィズス菌やオリゴ糖は猫にも有効です。

 

筆者は酵素を猫の食事に入れています。

これを摂取するとウンチの匂いも多少軽減するように思います。

 

・食物繊維の多いフードにする

食物繊維が多いフードにすると腸内環境が整えられて、おならを減らす効果が期待できます。

raw-food-1276790_1280

まとめ

猫も生きていますから、おならをするのは当たり前ですね。

臭いと言っても一瞬のこと。

猫を愛する飼い主さんであればそのくらいのことはあまり気にならないでしょう。

しかし、おならの回数が増えた、異常に臭いなど、通常と違うおならの状態は体調不良を示している可能性もあります。

異常を感じたら早目に獣医を受診することをお勧めします。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
響

動物保護ボランティアをしています。

chihuahua-2945855_1280犬にとってマカダミアナッツは危険な食べもの!

https://www.instagram.com/p/BaWlUG9h-ZF/?taken-by=piggiesandapitty元保護犬のピットブルの親友はモルモット

関連記事

  1. AfricanWildCat

    イエネコの祖先・リビアヤマネコとは?

    「ヤマネコ」から「イエネコ」へ現在私達の近くに暮らしているペットの猫は、元々は野生のヤマネコの仲…

  2. dog-1210559_640

    手作りごはんのすすめ!

    ペットの食事も美味しくて栄養のあるものを…そう思っている飼い主さんも多いはず。でも栄養価…

  3. animal-1834409_1280

    猫の目の仕組みと病気について

    猫の目の特徴と仕組み猫の目は、私達人間と比べて、顔に占める面積が非常に大きいのが特徴です。…

  4. cat-1718998_1280

    猫ニキビの原因と対処法

    よく見かける猫ニキビはあごの下にできている黒いポツポツ。汚れように見えますが、実は皮膚炎なの…

  5. thermometer-1539191_960_720

    猫の体温について

    猫の平熱私達人間は、風をひいたりして体調が悪い時に、熱が出ることがあります。同じように、猫も…

  6. f2eb0c8611ce2b8719f0c580a4d967e5_s

    猫にマタタビを与える時に注意すべき点

    過度に与えると死を招く!?猫をぐんにゃ~とさせ幸せになるマタタビ。しかし、そこには危険が潜ん…

  7. dog-1559746_1280

    ズーノーシスって、何?

    ズーノーシスとはズーノーシスとは、ペットをはじめとする動物から人間に感染することのある「人獣共通…

  8. Cat hygiene

    猫の抜け毛の原因と対策 気を付けるべき抜け毛とは

    猫はたくさん毛が抜ける動物です。しかし、正常な生理現象で毛が抜けるときと、注意が必要な抜け毛…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. dog-3814618_1920
  2. dog-1861839_1920
  3. DSCN0499
  4. a0790_000930
  5. KIMG1934 - コピー

Twitter でフォロー

PAGE TOP