menu

猫の抜け毛の原因と対策 気を付けるべき抜け毛とは

45 views

猫はたくさん毛が抜ける動物です。

しかし、正常な生理現象で毛が抜けるときと、注意が必要な抜け毛があります。

抜け毛の原因と対策、病気の可能性があるのはどんな時なのかをご紹介します。

 

換毛期がある

猫は季節の変わり目に毛が生え変わり、それを「換毛期」といいます。

換毛期は春と秋。

猫の毛はダブルコートと呼ばれる2種類の被毛があり、外側にある毛をオーバーコート、内側にある毛をアンダーコートといいます。

オーバーコートは雨や汚れなどをはじき、アンダーコートは暑さ寒さから体を守ってくれます。

季節の変わり目はアンダーコートが暑さと寒さに対応して生え変わるので、この時期は大量に毛が抜けますが、これは通常の生理現象です。

 

換毛期の対応

猫は自分で毛づくろいをするため、特にシャンプーの必要はありませんし、長毛種でなければ週に1回程度のブラッシングで十分です。

しかし換毛期は大量に毛が抜けるので2日~3日に一度程度ブラッシングをして、抜けやすくなっている毛を取り除いてあげると被毛が飛び散ることと、毛玉を吐く行為を少なくすることができます。

ブラッシングは嫌がる子もいるので、柔らかいシリコン製などのブラシを使い、普段から少しずつ慣れさせておくいいですね。

White Fur Red Care Clean Cat

White Fur Red Care Clean Cat

ストレスによる脱毛

猫は強いストレスを感じると毛が抜けたり、フケが出たりします。

病院嫌いの子は、病院に行くとその症状がよくみられます。

一過性のもので、おうちに帰ってくれば落ち着くのであれば心配はいりません。

 

しかし常に抜け毛やフケが出ている状態なのであれば、体調が悪く自分でグルーミングできないことも考えられるので、病院で診察されることをお勧めします。

 

異常が疑われる脱毛

換毛期は全身の毛が抜けますが、猫の体の一部の毛が抜けて肌が露出しているような状況は注意が必要です。

 

・顔の周りが脱毛している

真菌に感染して発症する「皮膚糸状菌症」は、顔の周りが円形に脱毛することが多いです。

 

・耳のふちが脱毛している

耳や顔のふちが脱毛している場合は、疥癬(ヒゼンダニ)症が疑われます。

かゆみが激しいのでかきむしり、症状が悪化していく場合が多いので早急な処置が必要です。

 

・体が左右対称に脱毛している

左右対称に脱毛している場合はホルモン性皮膚炎が疑われます。

ホルモンの分泌の異常により発症する病気で、甲状腺機能低下症、副腎皮質ホルモンの異常などがあげられます。

 

・食物アレルギーによる脱毛

猫にもアレルギーがあり、脱毛や皮膚の炎症、嘔吐・下痢などの症状がみられます。

食物アレルギーに対応したフードもあるので獣医に相談しましょう。

病気が疑われる場合の対処

どこか一部だけが脱毛していたり、ほかの症状も発症しているときは病気が疑われます。

猫の病気は進行が速いので、換毛期以外での脱毛・部分脱毛がみられる場合はすぐに獣医を受診してください。

投薬や療養食などの処置が必要です。

ダニや菌が原因の場合、ほかの猫やペットに感染する恐れもあります。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
響

動物保護ボランティアをしています。

osn0045-049 (1)親バカは時代を問わない!?平安貴族にも溺愛された猫たち

golden-retriever-2962926_1280犬にピーナッツを与えても大丈夫?

関連記事

  1. cat-2772203_1920

    触るとプニプニ気持ちいい♪猫の肉球の秘密

    グミにもなった、癒しのプニプニ「猫の肉球に癒される…♪」そんな愛猫家の方は、かなり多いのでし…

  2. kitten-1807071_1280-1

    長毛のマンクス「キムリック」って、どんな猫?

    キムリックとは?歴史と特徴キムリックは、尾のない猫として有名なマンクスの長毛版の猫です。この…

  3. 4e6b26e79cb0c6c7e9ba6a48b43e3b48_m

    マダニ媒介の感染症SFTSにご注意!!

    マダニが媒介するとされるウイルス感染症「重症熱性血小板減少症 (SFTS)」。これまでに西日本を…

  4. IMG_9845

    黒猫は幸せを運んでくる!?

    ■黒猫の悲しい過去日本で『黒猫が前を横切ると、不吉なことが起こる』という迷信が広まってしまった理…

  5. cat-2806957_1280

    猫もおならをする・注意する点は?

    実は猫もおならをします。猫のおならは音が出ることが少ないために気が付きにくいし、ほとんどしな…

  6. cat-2471505_1280

    高齢猫によくみられる健康問題 その1

    現在は10歳以上生きる猫が珍しくなく、20歳を超える猫も時々見られます。愛猫の寿命が伸びるこ…

  7. osn0045-049 (1)

    親バカは時代を問わない!?平安貴族にも溺愛された猫たち

    近年の「猫ブーム」の影響もあり、猫を取り巻く飼育環境はどんどん向上しています。愛猫家の皆さんも「…

  8. cat-184620_1280

    愛犬や愛猫の食事療法と、療法食を食べてもらう上手な方法

    特別療法食とは?私達人間と同じように、犬や猫も、病気の治療や体質改善のために、食事療法が必要にな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. dog-3814618_1920
  2. dog-1861839_1920
  3. DSCN0499
  4. a0790_000930
  5. KIMG1934 - コピー

Twitter でフォロー

PAGE TOP