menu

犬の目が濁っているときに疑われる病気

215 views

いつも飼い主を見つめてくれる愛犬の瞳。

その瞳が白く濁っていたら心配になりますね。

愛犬の目が白くなっているときはどんな病気が疑われるのでしょうか。

 

犬の目が白くなるのはなぜ?

犬の目が白く濁って見えるときには二つの原因が考えられます。

外側の角膜が白く濁る場合と、内側の水晶体が白く濁る場合があります。

いずれも、なにがしかの異常が目に発症したときに見られる症状です。

 

角膜硬化症

眼が白くにごる原因の一つとして考えられるのが「角膜硬化症」

これは目の水晶体の老化によって発症します

眼のレンズの部分が全体的に青白くなりますが、視力にはほとんど影響しませんので、目が見えなくなってしまうことはありません。

特徴は以下のとおりです。

・両目が同時に発症する

・6歳以上のシニアにみられる

・急激に変化すのではなく徐々に変化する

・犬は苦痛を感じない

・多少の視力の差にはなれることができる

 

角膜硬化症は犬だけでなく人間も発症します。

老化による症状なので治療法はありませんし、経過を見るほかありませんが、白内障を併発する可能性があるのでシニア以上になったら、愛犬の目の様子を観察しておくことは大事ですね。

白内障

水晶体が白濁する症状です。

シニア犬以上が発症することが多いですが、若年性の白内障もあり、若くても発症することがあります。

水晶体の濁りが徐々に強くなり、最終的に視力を失ってしまうことがあります。

若年性の場合は急激に目が変化しますが、老化に伴って発症した場合は徐々に変化することが多いです。

 

・両目で発症

・痛みはない

・濁りがだんだん濃くなる

・失明する場合もある

 

海外では犬の白内障の手術が行われるケースも珍しくはないのですが、日本ではほぼ手術での治療は行われません。

日本の獣医すべての病気を見る場合が多く、眼という特殊部位を手術できる獣医が少ないからです。

白内障の原因ははっきりとは分かっていませんが、抗酸化作用があるサプリメントや食事を摂らせることで老化防止に努めることは眼にとっても大切です。

角膜炎

角膜に傷がついたり炎症を起こしたりすることによって目が白く濁ります。

 

・片目だけ発症する

・目ヤニや涙が出る

・痛みやかゆみがある

・痛みなどのために目をこすってしまう

 

ほとんどの場合は抗生剤の目薬の投与で回復します。

痛みを伴うことが多いので犬が自分で目をこすってしまい、重症化することもあります。

初期であれば目薬のみで治療ができますので、気が付いたら早期に獣医を受診しましょう。

 

ぶどう膜炎

ウィルス感染などほかの病気によって発症し、目が白くなる症状です。

 

・目ヤニや涙がでる

・両目で発症

・充血する

・瞬きが増える

 

原因がほかの病気に起因するので、まずはその病気の治療を行います。

 

そのほかに疑われる病気

緑内障

角膜ジストロフィー

dog-2514968_1280

まとめ

眼が白くなる症状は病気ではなく老化の場合もありますが、自己判断は禁物です。

初期に治療すれば簡単に治ることもありますから、まずは獣医を受診しましょう。

また、自分の判断で人間用の目薬は犬には絶対に使わないでください。

シニア以上は目の病気を発症しやすくなるので、毎日観察するといいですね。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
響

動物保護ボランティアをしています。

Homosexual behavior of dogs犬がマウンティングするのはなぜ?やめさせた方がいい?

John Davis犬のいたずらは退屈しているから

関連記事

  1. original

    トイプードルがかかりやすい病気

    今回は、トイプードルのかかりやすい病気と予防法についてご紹介します。犬種別でかかりやすい病気…

  2. f53d69_83b5eb54bb624fd5a0f38650bc16a4e7

    愛犬家は行くしかない?!青空ドッグカフェ

    兵庫県淡路島の淡路市に位置する複合施設【のじまスコーラ】にて5月21日、22日限定で「青空ド…

  3. John Davis

    犬のいたずらは退屈しているから

    犬を室内飼育するご家庭も増えてきました。犬にとっては飼い主さんと一緒にいられるし、温度や湿度…

  4. https://www.instagram.com/p/BaWlUG9h-ZF/?taken-by=piggiesandapitty

    元保護犬のピットブルの親友はモルモット

    元保護犬ピットブルのモキと仲良しなのは2匹のモルモット。ピットブルというと狂暴な犬と思われが…

  5. original

    トイ・プードルの魅力

    歴史プードルはドイツからフランスに渡ったと考えるのが妥当とされており、ロシアが原産との説すらあり…

  6. 194_ec6536f2d30d27db0cb09927a419bc23

    犬×ネコ ♡ 相性

    ワンちゃん・猫ちゃん両方 買いたいけど・・両方飼うのって難しいの??ペットが大好きな方に、ご…

  7. shutterstock_281292899

    【日本の犬】その7「四国犬」

    元は「土佐犬」、でも「闘犬」ではありません!「四国犬」は、その名のとおり、高知県を中心とする「四…

  8. dog-709328_1280

    ワンちゃんの炎天下でのお散歩は危険!夏の散歩の注意点とは?

    道路のアスファルト、真夏の日中はなんと60℃に!皆さん、真夏の日中の炎天下で、道路を舗装するアス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. DSCN0846
  2. dog-1378087_1280
  3. cuckoo-995222_1920
  4. cat-1046544_1280
  5. panda-1236875_1920

Twitter でフォロー

PAGE TOP