menu

猫の抜け毛の原因と対策 気を付けるべき抜け毛とは 

21 views

猫はたくさん毛が抜ける動物です。

しかし、正常な生理現象で毛が抜けるときと、注意が必要な抜け毛があります。

抜け毛の原因と対策、病気の可能性があるのはどんなときなのかをご紹介します。

 

換毛期がある

猫は季節の変わり目に毛が生え変わり、それを「換毛期」といいます。

換毛期は春と秋。

猫の毛はダブルコートと呼ばれる2種類の被毛があり、外側にある毛をオーバーコート、内側にある毛をアンダーコートといいます。

 

オーバーコートは雨や汚れなどをはじき、アンダーコートは暑さ寒さから体を守ってくれます。

季節の変わり目はアンダーコートが暑さと寒さに対応して生え変わるので、この時期は大量に毛が抜けますが、これは通常の生理現象です。

 

換毛期の対応

猫は自分で毛づくろいをするため、特にシャンプーの必要はありませんし、長毛種でなければ週に1回程度のブラッシングで十分です。

しかし換毛期は大量に毛が抜けるので2日~3日に一度程度ブラッシングをして抜けやすくなっている毛を取り除いてあげると被毛が飛び散ることと、毛玉を吐く行為を少なくすることができます。

 

ブラッシングは嫌がる子もいるので、柔らかいシリコン製などのブラシを使い、普段から少しずつ慣れさせておくといいですね。

ストレスによる脱毛

猫は強いストレスを感じると毛が抜けたり、フケが出たりします。

病院嫌いの子は、病院に行くと子の症状がよくみられます。

一過性のもので、おうちに帰ってくれば落ち着くのであれば心配はいりません。

 

しかし常に抜け毛やフケが出ている状態なのであれば、体調が悪く自分でグルーミングできないことも考えられるので、病院で診察されることをお勧めします。

 

異常が疑われる脱毛

換毛期は全身の毛が抜けますが、猫の体の一部の毛が抜けて肌が露出しているような状況は注意が必要です。

 

・顔の周りが脱毛している

真菌に感染して発症する「皮膚糸状菌症」は、顔の周りが円形に脱毛することが多いです。

放置すると悪化し完治に時間がかかるので早期に対処しましょう。

 

・耳のふちが脱毛している

耳や顔のふちが脱毛している場合は、疥癬(ヒゼンダニ)症が疑われます。

かゆみが激しいのでかきむしり、症状が悪化していく場合が多いので早急な処置が必要です。

 

・体が左右対称に脱毛している

左右対称に脱毛している場合はホルモン性皮膚炎が疑われます。ホルモンの分泌の異常により発症する病気で、甲状腺機能低下症、副腎皮質ホルモンの異常などがあげられます。

 

・食物アレルギーによる脱毛

猫にもアレルギーがあり、脱毛や皮膚の炎症、嘔吐・下痢などの症状がみられます。

食物アレルギーに対応したフードもあるので獣医に相談しましょう。

cat-2778603_1280

病気が疑われる場合の対処

どこか一部だけが脱毛していたり、ほかの症状も発症していたりするときは病気が疑われます。

猫の病気は進行が速いので、換毛期以外での脱毛・部分脱毛がみられる場合はすぐに獣医を受診してください。

投薬や療養食などの処置が必要です。

ダニや菌が原因の場合、ほかの猫やペットに感染する可能性も高いので注意が必要です。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
響

動物保護ボランティアをしています。

NEKO9V9A9131_TP_V急な飼い主の入院!急な出張!こんなときペットをどうする!?

white-dog-2897935_1280老犬の関節ケア

関連記事

  1. shotlanskogo-2934720_1920

    スコティッシュフォールドの耳掃除について

    垂れ耳がまるでドラえもんのようで可愛いと人気の高いスコティッシュフォールド。しかし耳が垂れて…

  2. goldhamster-943374_1280

    ハムスターのダイエット

    小さなからだにコロッとした姿がかわいい!ってついついひまわりの種とかをあげてしまうんですけど……

  3. dog-3071334_1280

    知っておこう ペットが持っている人にも有害な菌①

    犬や猫のかかる病気と人がかかる病気は異なることが多いのですが、同じように感染してしまう病気もあります…

  4. siamese-468814_1280

    猫の血便・原因・予防

    猫のウンチの状態は猫の健康のバロメーターです。猫のウンチに血便が付いていたり、ウンチのそばに…

  5. cat-686803_1280

    猫の病気 肝リピドーシスとは

    肝リピドーシスとは脂肪肝の一種です。脂肪肝はその名のとおり、肝臓に脂肪が蓄積することで発症し…

  6. thermometer-1539191_960_720

    猫の体温について

    猫の平熱私達人間は、風をひいたりして体調が悪い時に、熱が出ることがあります。同じように、猫も…

  7. dscn0398-%e5%b0%8f%e5%9e%8b%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

    猫を飼育するのに必要な物って?

    我が家へ猫がやってくることになりました。初めての猫との生活にわくわくする半面、可愛い愛猫のた…

  8. stray-cat-939367_1280

    猫の避妊・去勢手術のメリット・デメリットについて

    猫に避妊・去勢手術を受けさせることの是非については、昔から賛否両論、様々な意見がありました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. KIMG3249 - コピー
  2. a0002_009475
  3. a0002_009475
  4. Effect_20190515_121420
  5. tomcatDSC05027_TP_V

Twitter でフォロー

PAGE TOP