menu

猫にイカを食べさせると腰を抜かす?

92 views

俗説の真偽のほどは?

「猫にイカを食べさせると、腰が抜ける」という話を、聞いたことはありませんか?

猫を飼っている飼い主の多くは、この話を何らかのきっかけで知って
「とりあえず、猫にイカは良くないから、あげないでおこう」
と考えていることでしょう。
筆者もその中の1人です。

cat-1370024_1280

実はこの話は、半分本当で、半分迷信です。

実際には、加熱したイカであれば適量を与えても、特に問題はありません。
それどころか、イカの入っている猫缶も存在するくらいです。

では、なぜこのような俗説が広まったのでしょうか?

生のイカは危険です

この俗説が生まれた理由は、腰が抜けたとされる猫が「生のイカ」を食べていたからでした。

生のイカは釣り上げられたばかりの新鮮なうちは良いのですが、時間が経過して鮮度が落ちれば落ちるほど、「チアノーゼ」という酵素が増えていきます。

italy-1350819_1280

このチアノーゼは、ビタミンB1を破壊する働きを持っています。

猫は身体の構造上、人間の約7倍の量のビタミンB1を摂取する必要があるのです。

cat-18430_1280

ただでさえ猫にとって必要量の多いビタミンB1が、イカに含まれるチアノーゼによって破壊されてしまうと、たちまち欠乏症の症状が現れてしまいます。

ビタミンB1不足が続くと、まず元気や食欲がなくなり、体重が減少します。
そして脱毛症、口内炎など体のあちこちに栄養失調による症状が表れ、遂には足腰が立たなくなるほど弱ってしまいます。

またイカに限らず、「生」のものは傷みやすく、消化にも良くありません。

そんな生の「イカ」を食べ過ぎてしまい、お腹を壊したかビタミンB1欠乏症にかかったかで痛むお腹を抱えてふらふらと歩いていた猫が、どこかで人間に見られたのでしょう。

もし猫にイカを与えるなら

しかしイカには、猫に必要な成分が沢山含まれています。
タンパク質やカルシウム、タウリン、DHAなど、人間にとっても健康に必要不可欠な成分が含まれているのです。

だからどうにかして、猫にイカを与えられないだろうか?と考える飼い主もいることでしょう。

猫にイカを与える場合は、加熱するのが一番です。

酵素であるチアノーゼは熱に弱いため、加熱することでその働きをなくす事ができるのです。
よく焼いた鉄板焼きなどは、お勧めの方法です。

squid-1285385_1280

また生のイカでも、新鮮なうちに与えれば問題はありません。
スーパーで見かける全身真っ白なイカは、もう鮮度が落ち、チアノーゼをたっぷり含むようになっています。
釣り上げられたばかりの半透明のイカなら、まだ新鮮なので大丈夫です。

釣りはしないし、かといって新鮮なイカを手に入れる方法もないという場合は、イカを加熱して与えるのが一番安心な対処法です。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
Nona

Nona

私立大学文学部日本文学科を卒業後、バレエ講師、ダンサー、美術モデルなどとして活動。 2012年よりライターとして活動を開始。 現在は自身の立ち上げた出張型バレエスクール「M Ballet Art」の代表・主任講師を務める傍ら、日本の文化・ペット情報・バレエ・演劇・インターネットなどのコラム連載、バレエやスポーツの練習方法の解説の執筆など、幅広く活動中。

guri愛犬の鼻が茶色に!その謎の現象とは・・・

doctor-1015624_1280猫の応急処置法について

関連記事

  1. cat-750259_1280

    猫はなぜ爪をとぐ?爪とぎの秘密に迫る

    爪とぎは猫の本能飼い猫も野良猫も、本能的に必ず行う行動が「爪とぎ」です。飼い猫の場合、家具な…

  2. cat-2197025_1920

    猫飼いあるある 猫のにおいが好き! くさかったら病気かも

    猫好きが、猫の好きな点でよくあげるのが「猫がいいにおい」なこと。人によって感じ方は違いますが…

  3. cat-2908656_1280

    猫が水を飲む量が多いときに疑われる病気

    猫が水をたくさん飲み、たくさんおしっこをすることを「多飲多尿」と言います。猫の多飲多尿は病気…

  4. cat-1370024_1280

    低血糖症と、その対処法

    低血糖症についてペットも人間と同じように、糖尿病を患った場合は獣医師の指示のもと、インスリンを注…

  5. cat-944581_1280

    色々な砂を比べてみよう!猫砂まとめ

    猫の生活に欠かせない「トイレ砂」猫との暮らしの中で欠かせないのが、猫のトイレに敷き詰める砂、通称…

  6. ねこ1

    ネコのしつけ・飼い主のとるべき態度

    家族と同じ存在の猫♪一緒に生活を共にする中で大切なのが、しつけ。言うことを聞かないからと叱ってばかり…

  7. animal-214715_1280

    猫の血液型について

    猫の血液型は3種類人間と同じように、猫にも血液型があるのをご存知でしょうか?愛猫が怪我を…

  8. domestic-cat-726989_1280

    心配な、猫の下痢について

    猫の下痢の原因通常時の猫の便は、水分が少なく、コロコロとしています。便に含まれる水分が過剰と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. dog-709328_1280
  2. Effect_20180712_135300
  3. kitten-227009_1280
  4. Effect_20180712_135350
  5. cat-806210_1280

Twitter でフォロー

PAGE TOP