しつけのための犬と接し方 5つの基本テクニック | 【わんにゃん王国】ペットに関するお役立ち情報満載のキュレーションメディア menu

しつけのための犬と接し方 5つの基本テクニック

27 views

犬がなかなかいうことを聞いてくれない、飼い主との意思の疎通がうまくいかないと悩む飼い主さんは多いのではないでしょうか。

犬に飼い主の気持ちをうまく伝えることができるように5つの基本テクニックをご紹介します。

 

犬は人間の言葉が理解できない

人間は多くの場合言語を使ってコミュニケーションを取りますが、人間が使っている言語は犬には通じません。

しかし、信頼関係を築きしつけのトレーニングをするうえでコミュニケーションはとても大事です。

犬が分かりやすい態度をとることで、飼い主側の気持ちを犬が理解しやすくなります。

 

犬がなかなかいうことを聞いてくれないときは、実は飼い主の意図が犬に伝わっていない場合が多いです。

犬が人間の意図を理解しやすい「犬との接し方 5つの基本テクニック」をご紹介します。

dog-2276071_1920

①ほめる

犬も人間の子供と同じようにほめることが大事です。

叱って教えるのではなく、ほめて伸ばしてあげるようにしましょう。

「ほめる」ということは、犬が楽しいと感じるようにすること。

 

ほめていることを伝えるためには、次のようなことをしてみてください。

・「いい子だね」などと声をかけながらなでて、飼い主が喜んでいるのを伝える。

・おやつをあげる。

・散歩や遊びなど犬が喜ぶことをする。

 

犬によって何が一番喜ぶのか、楽しいのかはちがいます。

おやつが一番の犬もいれば、とにかく遊んでもらうのが好きな犬もいます。

愛犬が、何が一番好きなのかしっかりつかんでおくとほめ上手な飼い主になれますね。

 

dog-1583493_1920

 

②行動をとめる

してはいけないことをしそうになったら、してしまう前に声をかけるなどして行動を止めましょう。

「アッ!」などと大きめの声を出すと犬はびっくりして、動作が止まります。

そのすきに、いたずらなどをしそうになっていたもの、例えばスリッパなどを取り上げてしまってください。

 

③失敗させないようにする

失敗して叱られるという体験はあまり何度も繰り返すと、叱られることが普通になってしまい、しつけのうえで良くありません。

叱られるという体験はしないに越したことはないですから、いたずらしそうなものや失敗しそうな環境はなるべく排除しましょう。

 

④しかる

dog-2090313_1920

ときには犬を叱ることも必要ですが、「叱る」のと「怒る」のを混同してはいけません。

頭に血が上りイライラした気分をぶつけることは叱ることとは違います。

してはいけないことを伝えるために叱るときは、短く低い声で冷静に「いけない」などと声をかけてください。

感情的になったり暴力を振るったりしては絶対にいけません。

 

上手に叱るコツをあげてみます。

・何がいけないのか犬が理解できるタイミングか

・感情的になっていないか

・信頼関係ができているか

・一貫性をもって叱っているか(今日はいいけど、明日はダメなどのあいまいな態度をとっていないか)

 

もし、感情的になってしまっているときは、いったん犬をケージなどに入れて、一呼吸おき冷静になりましょう。

そして、その後はタイミング的には叱るときではないので、叱らずに次の機会を待ってください。

 

⑤無視する

犬が要求を押し通そうとしたり、甘噛みや興奮がおさまらないときに効果的なのが「無視をする」という方法です。

静かにしなさい!と感情的に怒鳴ると犬もそれにつられて落ち着くどころではありません。

犬は飼い主に注目してもらいたい動物ですから、無視されることによってよくないことだと理解できます。

 

犬を無視するときのやり方

・犬の見ない

・犬のそばを離れる

・犬を触らない

・声をかけない

 

ただし長時間無視してはいけません。

犬が落ち着いくことができたら無視は終了。

静かにできたことを穏やかにほめましょう。

 

成功体験を大事にする

 

dachshund-672780_1920

しつけの基本は、成功体験(ほめられる)ことをたくさん経験し、なるべく失敗しないようにすることです。

それを心がけることで愛犬との信頼関係も深まりますよ。

 


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
響

動物保護ボランティアをしています。

https://500px.com/photo/126837465/the-dog-takes-a-bath-by-masich-mariya夏はワンコもキレイにしたい!いやがらずにシャンプーができる方法

https://www.instagram.com/p/BMO15lQj0u4/?taken-by=sis.twinsオッドアイの姉妹猫がインスタグラムで人気!

関連記事

  1. cat-1843241_1280-1

    犬や猫の歯周病について

    犬や猫の歯周病の危険とは市販の人間用の歯磨き粉を見ると、「歯周病対策!」「歯周病菌とたたかう」な…

  2. image_of_kai_dogwiki

    【日本の犬】その6「甲斐犬」

    日本犬と言えば、誰もが真っ先に思い浮かべるのは「柴犬」や「秋田犬」ではないでしょうか。最近では、…

  3. akita-445234_1280

    【日本の犬】その2「秋田犬」

    「日本の犬」シリーズの第2弾は、「秋田犬」をお届けします。皆さんは、渋谷のハチ公をご存知でし…

  4. e-cigarette-1881957_1280

    電子タバコ・無煙タバコのペットへの危険性

    これまでのたばこは、もちろんペットにとっては健康を害する恐れがあるものです。近年電子タバコが…

  5. white-dog-2897935_1280

    老犬の関節ケア

    犬の食事や生活の質の向上で、長生きできるようになりました。しかし高齢犬になると様々な健康問題…

  6. NEKO9V9A9131_TP_V

    急な飼い主の入院!急な出張!こんなときペットをどうする!?

    大切な家族であるペットの世話は、飼い主としての義務です。しかし飼い主も人間ですから、病気にな…

  7. cat-256187_1920

    気をつけて!病み上がりペットは怪我をしやすいんです!

    体力も筋力も普段より低下!病み上がりのペットの怪我に注意人間は病中・病後、体力や筋力が弱ってしま…

  8. 5a3ee0a2a567d4ad0bf78ced7d3f2a74_m

    悲しいから泣いているの? 犬が泣く理由と注意すべき「涙やけ」

    犬が涙を流しているのは悲しいからなのでしょうか。人間は「悲しい」、「悔しい」など理由で泣きま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. dog-709328_1280
  2. Effect_20180712_135300
  3. kitten-227009_1280
  4. Effect_20180712_135350
  5. cat-806210_1280

Twitter でフォロー

PAGE TOP