menu

生のパン生地は犬にとって危険!

433 views

生のパン生地、発酵中のパン生地は絶対に犬に食べさせてはいけないものです。

欧米では発酵中のパン生地は犬に危険な食べ物として認知されていますが、日本では家庭でパンをこねるという人があまりいなかったせいか、その認知度は低いようです。

しかし、ホームベーカリーの普及などによって焼き立てパンを家で楽しむ方も増えてきました。

パン生地が日常的におうちにある方もいるでしょう。

発酵中のパン生地はなぜ犬にとって危険なのでしょうか。

 

焼いたパンは危険ではない

発酵中のパン生地と違って焼いたパンは犬にとって危険な食べ物ではありません。

パンが好きな犬は多いでしょう。

パンは炭水化物ですしカロリーも低いわけではなく、パンによっては砂糖が入っていることを考えると常に犬に食べさせることは問題ですが、たまに少しであれば問題はありません。

しかし、発酵中のパンは命を脅かす危険があるものなのです。

 

パンに含まれる酵母が危険

生のパン生地が危険な理由、それはパン生地に酵母が含まれているからです。

酵母はパンを作るためには必要なものですね。

酵母は炭水化物を二酸化炭素とアルコールに変える菌のこと。

酵母の働きによってパンは膨らみふっくらと仕上がるのです。

酵母はパン生地を発酵させ膨張させます。

パンを焼くことによって生地の膨張はストップするのですが、焼かなければ膨張し続けるのです。

dough-943245_1280

消化器官が膨張する

生のパン生地を犬が食べてしまうと犬の消化器官の中でパンは発酵し続け、膨張していくことになります。

犬の胃の中は暖かく湿った環境で酵母の発酵はますます進んでしまいます。

それは消化器官の中で二酸化炭素が生成されてしまうということです。

 

小麦粉の部分は消化されたとしても、酵母によって作られた二酸化炭素(気体)の大部分は犬の体内から排出されず、消化器官の膨張を招くのです。

消化器官の膨張によって血管や横隔膜を圧迫するほか最悪の場合、胃捻転や消化器官の破裂を招きます。

 

胃捻転は犬にとって非常に危険な症状で致死率も高く、緊急の処置が必要になります。

もし、犬がパン生地を食べてしまったらできるだけ早く獣医に診てもらってください。

 

アルコール中毒

酵母は多くのアルコールにも使用されますね。

酵母は二酸化炭素を発生すると同時にアルコールも作り出します。

酵母の発酵によってビールはアルコールを含んでいるのです。

 

アルコールは動物にとって厳禁です。

ごく少量のアルコールでも中毒を発症し、死に至る危険があります。

アルコール中毒は心拍数の減少、心臓発作などを引き起こす可能性があります。

 

このように、発酵中のパン生地は二重の意味で犬にとって危険な食べ物なのです。

dog-2785074_1280

まとめ

焼きあがったパンと異なり、発酵中のパン生地は犬にとって非常に危険な食べ物です。

酵母の危険性を十分認識し、おうちでパンなどを作る場合は、絶対に犬に届かない場所に管理しましょう。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
響

動物保護ボランティアをしています。

siamese-468814_1280猫の血便・原因・予防

untitled猫はコタツで丸くなる!?にゃんこのリアルな冬の過ごし方

関連記事

  1. DSCN0846

    知ってる?災害時のペットの同行避難について

    災害時は人命優先だからペットは後回し?「ダメ!絶対!」日本は、未曾有の災害大国です。20…

  2. 無題

    イヌのしつけ・飼い主の態度

    初めてワンちゃんを飼った時のしつけ初めて犬を迎える方、既に犬を飼っている方にとって大切な愛犬♪…

  3. 6b4aa0fdb2fde7d54bf39f59321b00a4_s

    トイレの粗相でお悩みなら・・・

    犬がなかなかトイレを覚えてくれない。室内のあちこちでオシッコ(マーキング)してしまう。トイレの場所は…

  4. dog-3071334_1280

    知っておこう ペットが持っている人にも有害な菌①

    犬や猫のかかる病気と人がかかる病気は異なることが多いのですが、同じように感染してしまう病気もあります…

  5. 犬と猫の同時飼育

    犬と猫に同居を成功させるために

    始めに犬のほうが素晴らしい!!猫のほうが素晴らしい!!など・・・。犬派か猫派などはっきり分かれる…

  6. nikukyu

    香ばしい・・・愛犬の肉球の匂いが気になる!

    犬の肉球の匂いを嗅いだことはありますか?筆者は1日に2~3回はスハスハしちゃう程の肉球中毒者。あ…

  7. cat-1370024_1280

    低血糖症と、その対処法

    低血糖症についてペットも人間と同じように、糖尿病を患った場合は獣医師の指示のもと、インスリンを注…

  8. dog-face-long-tongue-pet-animal-outdoor-green-lawn-humor-1280x960

    犬の舌🐶

    ペロッと舌を出している愛犬、とっても可愛い♡ただ、、いつになっても舌を出しっぱなしです。大丈…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. KIMG3249 - コピー
  2. a0002_009475
  3. a0002_009475
  4. Effect_20190515_121420
  5. tomcatDSC05027_TP_V

ペット専門インフルエンサーサービス

フォロワー300人からOK!ペットの「好き」が仕事になる

Twitter でフォロー

PAGE TOP