menu

招き猫発祥の地、豪徳寺へGO!

162 views

招き猫寺 現地ルポ!

幸せ来い来い、福よ来い~招き猫の秘密でもご紹介しましたが、東京都世田谷区には、「招き猫発祥の地」として有名な「豪徳寺」というお寺があります。

今回なんと、筆者が実際に行ってきました!

まず田園都市線の三軒茶屋から東急世田谷線に乗り換えて、下高井戸方面へ約10分行った先の「宮の坂」駅で下車します。
kimg3001
kimg3018

そこから駅を背にして、渋谷や新宿と同じ東京23区内とは思えないくらい閑静な道を5分くらいまっすぐ歩いた先に、そのお寺はあります。

道の左手に「豪徳寺 参道口」という大きな看板が見えてきます。
kimg3004

kimg3014

ここは井伊家の菩提寺のため、このお寺にはあの幕末の大事件として有名な「安政の大獄」で暗殺された大老・井伊直弼のお墓があります。
kimg3013

kimg3005

kimg3011

境内には、豪徳寺の由緒についての説明書きの看板がありました。
kimg3012

ところで「招き猫寺」として名高いこのお寺ですが、境内で猫は1匹も見当たりませんでした。
その代わりに、一面にズラリと並ぶ招き猫が!
kimg3006

kimg3007

まさに「猫だらけ!」といった光景です。
かわいい招き猫も、これだけ数が集まると壮観ですね!

よく見ると、招き猫に混じって、両目の描き込まれたダルマも置かれていました!
kimg3008

筆者も、10年間自宅に飾ってあった小さな古い招き猫を、「長い間、ありがとう」という感謝とともに、ここへ奉納してきました。

小判を抱えていない、豪徳寺の招き猫

さて、招き猫と言えば、片手で招くポーズをして、もう片方の手に小判を抱えた姿が一般的ですよね。
ところが、豪徳寺の招き猫は、小判を抱えていません。
kimg3019

一体、なぜなのでしょうか?

その理由は、豪徳寺が武家である井伊家の菩提寺であることと関係があります。
実は、武士にとっては左手は「不浄の手」とされていました。
(インドでも同じことが言われていますね!)
そこで、その左手に小判を抱えるのはNG!ということで、猫は何も持っていないのです。

また、「招き猫はチャンスを与えてくれるが、結果(=お金・成功)を得るためにそれを活かせるかどうかは、本人次第」という考え方にも由来しています。

kimg3010

まとめ

「招き猫発祥の地」ルポ、いかがでしたでしょうか?
筆者が参拝した時、豪徳寺の社務所では「スダチ」というみかんも販売されていました。

「招き猫寺」として様々な媒体に取り上げられているお寺だけに、参拝客は次から次へと、途切れる事なくやってきていました。

猫好きな皆さんも、招き猫グッズが好きな皆さんも、お近くへお越しの際は、是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?
かわいい招き猫が、皆さんの幸せも招いてくれるかも知れませんよ!


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
Nona

Nona

私立大学文学部日本文学科を卒業後、バレエ講師、ダンサー、美術モデルなどとして活動。 2012年よりライターとして活動を開始。 現在は自身の立ち上げた出張型バレエスクール「M Ballet Art」の代表・主任講師を務める傍ら、日本の文化・ペット情報・バレエ・演劇・インターネットなどのコラム連載、バレエやスポーツの練習方法の解説の執筆など、幅広く活動中。

screenshotshare_20161101_155439サイモンズ・キャット~猫との「あるある」な日常に癒されるアニメ

e0066474_20543356ラクダ🐫🐪……

関連記事

  1. cat-184620_1280

    愛犬や愛猫の食事療法と、療法食を食べてもらう上手な方法

    特別療法食とは?私達人間と同じように、犬や猫も、病気の治療や体質改善のために、食事療法が必要にな…

  2. image

    ヒマラヤンの魅力

    シャムのようなポイントカラーに、ペルシャの様な長い被毛が特徴のヒマラヤンが最近とても人気を集めていま…

  3. cats-796437_1920

    猫にアロマ製品は危険!

    アロマオイルは猫に危険だと知っている飼い主さんは多いでしょう。アロマオイルそのものでなくても…

  4. f3784cbdf74874ccd14f770c7254d6ee_m

    猫の健康のためのごはんの基本

    猫の健康のためにはどんなご飯をあげればいいのでしょうか。ご飯の選び方、あげ方、おやつなどにつ…

  5. russian blue baby

    今すぐ飼いたくなるロシアンブルーの5つの特徴

    元々はロシアの貴族に愛され、大事に育てられてきたロシアンブルー。第二次世界大戦中に激減するものの、ブ…

  6. dog-3071334_1280

    知っておこう ペットが持っている人にも有害な菌①

    犬や猫のかかる病気と人がかかる病気は異なることが多いのですが、同じように感染してしまう病気もあります…

  7. IMG_9829

    猫にとっての理想の生活環境

    ■年齢に応じた対応子猫は興奮状態になると、予想もつかない行動をとることがあります。勢いで垂直な壁…

  8. domestic-cat-726989_1280

    心配な、猫の下痢について

    猫の下痢の原因通常時の猫の便は、水分が少なく、コロコロとしています。便に含まれる水分が過剰と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. cat-1199259_1280
  2. cat-2908656_1280
  3. cat-2275558_1280
  4. cat-686803_1280
  5. IMG_8340

Twitter でフォロー

PAGE TOP