menu

フレンチブルドッグのかかりやすい病気

5 views

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_m

今回はフレンチブルドッグの掛かりやすい病気についてご紹介します。
知識を増やしてもしものときのために役立ててみてはいかがでしょうか。

外耳炎

外耳炎はどの犬種でもかかりやすい病気の一つです。
年齢を問わず外耳炎には気を付けてください。

どんな症状か

症状としては耳をかゆがる、匂いがする、赤くなっているなどがあげられますが、外耳炎を患っていると頭を振ったり、耳だけでなく首などまでかきむしったりする行動が見られます。

治療内容

点耳薬を耳につける、抗生物質を服用します。
かゆみが強い場合はステロイド剤を使用する場合もあります。

平均治療費・日数

軽度の場合は5日程度、重度の場合は手術が必要になる場合も。
費用は1万2千円~20万円

予防対策

週に1度程度耳をチェックしましょう。
クリーナーなどを使って外耳分をきれいにしてあげるといいですね。
ただし内耳部分は繊細なので触らないでください。
その際に、赤くなっていないかなどをチェックしましょう。

皮膚炎

皮膚炎もどんな犬種もかかりやすい病気です。特に柴犬は全年代で発症数が多くなっています。
日本は高温多湿な気候なので気を付けたいですね。

どんな症状か

かゆがったり、赤くなるなど炎症を起こします。
かゆさのあまり噛んだり、なめすぎてハゲになってしまう場合も。

治療内容

皮膚炎の原因(ダニや真菌、アレルギー)を突き止めることが第一。
原因により、炎症止めの薬や薬用シャンプー、療養食などが処方されます。

平均治療費・日数

軽度の場合は1日~、重度の場合は2週間以上かかることも。
費用は5千円程度~15万円

予防対策

週に2~3回程度ブラッシングをして、余計な抜け毛を取り去り皮膚の状態をチェックしてあげてください。

d4e14e254af2c6ab48091b9152187cb8_s

膿皮症

膿皮症とは細菌が異常繁殖した状態のでフレンチブルドッグは皮膚線も大きく肌もデリケートなので
膿皮症になりやすく放っておく広がる恐れがあります。早めに見つけてあげましょう。

どんな症状か

毛が抜けているたり、かゆがっている皮膚が赤くなっていたり食欲が低下したりします。赤い発疹にも十分注意してあげましょう。

治療内容

症状にもよりますがほとんどの場合消炎剤や抗生物質などを処方されますが
重症の場合はステロイド剤も処方されることがあります。

平均治療費・日数

治療費は約8千円~18万円ほどでしょう。
軽度の場合でも最低3週間かかると言われています。
再発もしやすい病気ですので気を付けましょう

予防対策

毎日しっかり観察してあげましょう
ストレスがあたまらない環境を作ってあげましょう
シャンプーなどをして清潔に保ちましょう
濡れたままにせず、しっかり乾かしてあげましょう。
フレンチブルドッグはとてもデリケートです。
日々のケアで病気を予防してあげましょう。
そして、万が一のときのための対策を考えてみてはいかがでしょうか。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
わんにゃん王国

わんにゃん王国

ペットに関する情報満載のキュレーションメディア Twitter,Facebookでも記事公開中!

cat-2719821_1920猫の長生きのために注意すべきこと

cat-2719821_1920猫のヘルペス(ウイルス性鼻気管炎)とは

関連記事

  1. 13658632_1016251625155984_703720338_n

    どんな事考えてるのかな?犬の感情は耳の動きで分かる

    しっぽの動きは、犬の感情を読み取るうえで、最も分かりやすい動作の一つとして知られています。「しっぽを…

  2. sunset-163479_640

    愛犬との夜の散歩のために気を付けるべきこと

    日が短くなってくると、夕方の夜の散歩は日が落ちてしまってから、ということにもなってきてしまいます。…

  3. cat-1370024_1280

    低血糖症と、その対処法

    低血糖症についてペットも人間と同じように、糖尿病を患った場合は獣医師の指示のもと、インスリンを注…

  4. dark-3070558_1280

    知っておこう ペットが持っている人にも有害な菌②

    ペットにも人間にも感染するものとして食中毒などを引き起こす菌と、寄生虫があります。ペットが外…

  5. IMG_3755

    ミックス犬(チワックス)の魅力

    ・ミックス犬の歴史ミックス犬とは、種類の違う純血種の犬を掛け合わせて生まれた犬のことを言います。…

  6. greenland_dog

    「グリーンランド・ドッグ」って知っていますか?

    グリーンランド土着の「世界最古の犬」皆さんは、グリーンランド・ドッグという犬を知っていますか?…

  7. chihuahua-2945855_1280

    犬にとってマカダミアナッツは危険な食べもの!

    人間にとっては栄養豊富なナッツ類ですが、犬にとっては危険な食べ物です。マカダミアナッツは中毒…

  8. 313bbab46c30838a981f30f5b94dfd64_m

    アスファルトで肉球を火傷するって知っていますか?

    地面の多くがアスファルトで覆われている場所で暮らす日本の犬達。犬に散歩は欠かせませんが、夏の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. cat-1199259_1280
  2. cat-2908656_1280
  3. cat-2275558_1280
  4. cat-686803_1280
  5. IMG_8340

Twitter でフォロー

PAGE TOP