menu

愛犬とお泊り!事前準備と注意点

78 views

しつけはできているか?

室内でもマーキングしてしまう。ほかの犬や人に吠えてしまう。静かに待っていられないなどの場合、犬と泊まれる宿に行くのは難しいでしょう。室内でマーキングしてしまう場合は、マーキング防止のマナーベルトをすれば部屋を汚さずに済むかもしれません。

ただ、知らない人や犬が常に近くにいる環境に行くことになるので家族以外の存在を過度に気にするワンちゃんの場合は宿泊施設へ行くことを控えるべきです。様々な人や犬に慣れており、過剰に反応しなくなるまでトレーニングする必要があります。

食事の時などに静かに待てない場合、部屋で食べることが出来るホテルならお互いにストレスなく泊まれるかもしれません。レストランでしか食事ができないところもあるので、そういった場合は家族の誰かはみんなが帰ってくるまで愛犬と一緒に待たなければならないでしょう。

ワクチン接種はしているか

ペットと泊まれる宿の多くが、ワクチン接種の証明書の提示を求めています。ワクチンを打つことはもちろんですが、証明書の管理もしっかりと行いましょう。

しつけとワクチン、これら必要最小限のことが出来ていて初めて施設を気持ちよく利用することが出来ます。

宿を探そう

初めて宿を探す場合悩んでしまうかと思います。初めてなら、家から比較的近い場所の宿を選びましょう。慣れない場所に行くとどうしても疲れるものです。それにプラスして長時間の移動をするなら、疲れで体調を崩してしまう可能性が高いです。休憩を取りつつ、かつすぐ帰ってこれる場所にしましょう。

じゃらんなどネットで探すのもいいですね。条件を絞り込めるので、比較的探しやすいかと思います。本なども出ているのでそちらで探すのもいいかもしれません。

サイトや本などによってはクーポンが掲載されていることがあります。予め印刷して使ったりするのでチェックしてみてください。

さて、立地以外で宿を選ぶとき何に気を付ければいいのでしょうか?

一番大切なのは自分の愛犬が止まることが出来るか?です。中型犬までという宿もあるので、大型犬を飼っている方は要注意です。

そして、愛犬と一緒に入っていい場所はどこからどこまでかも確認しておきましょう。多目的ルームのような場所は人しか入れないなど、宿によって一部制限がある場合があります。どのように過ごしたいかプランを考え、理想の休日を過ごせる場所を選びましょう。

持ち物

宿によって備えられているアメニティーは異なります。荷物を軽くしたい気持ちもわかりますが、使い慣れたものの方が愛犬が安心するのでアメニティーの有無にかかわらず持っていくのが良いでしょう。

まずワクチン接種証明書の提示があるところは絶対に忘れないでください。

マイクロチップを入れ、迷子札を付けると知らない場所でもすぐに戻ってこれる確率が上がります。不測の事態に備えこの2つは必要かと思います。迷子札だけでいいじゃないかと思われるかもしれませんが、首輪が抜けたために迷子になるということも多いのでマイクロチップもこの機会に入れることをおすすめします。

かかりつけ医と、現地の動物病院の電話番号は控えて何かあったときすぐ連絡できるようにします。

その他に重要なものはトイレグッズです。移動の休憩中にも使うものなので、ビニール袋は多めに持っていきます。シートも何枚か持っていきましょう。ウエットティッシュも重宝します。消臭剤は必要に応じて小さい霧吹きなどに入れ持っていくといいかもしれません。

宿によってはケージを持ってくるように求めているところもあります。慣れない場所で落ち着かず、眠れなくなるかもしれないのでケージかベット・マットなどは持っていきましょう。基本的には宿のベットには犬を上げてはいけません。しかし、乗ってもOKという宿もあります。その場合も汚さない配慮をしましょう。載せる場合は自前のシーツを敷くなどします。なのでシーツも持っていくとよいでしょう。

宿によってはワンちゃん用のメニューを提供しているところもあります。宿の食事を食べさせる場合でも、いつも使っている食器とドッグフードは持っていきましょう。初めて食べるものでおなかを壊さないとも限らないので、あまり無理はさせないようにしましょう。

ドッグランなどに行った際、延長リードがあると便利です。ただ、使い慣れていないと絡まってかえって動きにくいので、普段のリード以外は必要に応じて持っていきましょう。

コロコロローラーやテープなどを持っていくと、愛犬の毛がソファーや車のシートについてしまったとききれいにできます。なるべく施設を綺麗に利用するように心がけます。

行く前の準備

まずは車に慣れてもらいましょう。近所の公園や広場に行くときに車で移動し、車に乗ることに対していいイメージを持ってもらいます。少し酔いやすい場合は、酔い止めを飲ませるのもいいでしょう。空腹すぎたりおなかがいっぱいでも酔ってしまいます。また疲れていると思われるときには、車に乗せるのを控えましょう。

宿に行く前は愛犬の体を綺麗にします。ブラッシングをし、汚れがひどい場合はシャンプーしましょう。前日に行うと疲れてしますので2,3日前に済ませておくのが良いでしょう。

予め休憩ポイントを決め、愛犬と共に休憩しましょう。車の中に一人残していくことが無いようにします。

宿を利用するとき

チェックイン前に愛犬のトイレを必ず済ませます。テンションが上がっていたり、移動中トイレが出来ないかったために室内にしてしまうことがあります。トイレを済ませたら足を拭き一緒にチェックインします。

泊まっている部屋以外ではリードを付けて過ごします。

もし室内でトイレをしてしまった場合は、速やかに綺麗にしホテルスタッフへ申告しましょう。

食事に行くときなどは、誰かが愛犬と部屋に残るなどして初めての場所で一人にしないようにします。

体調の変化にも十分気を配り、いつもと違うところはないか確認します。

準備など気を使わなければならないことも多いですが、新しい場所へ行くと刺激にもなり気分転換にもなります。よほど体が弱いのでない限り、一緒に遊びに行くのはとても楽しい経験になるかと思います。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.

MurataMiwa

犬と鳥と爬虫類が大好き。 まぁ、とりあえず犬さえいれば人生何とかなると思ってる犬中毒者です。 よろしくお願いいたします。

ネイルシールカワ(・∀・)イイ!!動物ネイル

image猫の暑さ対策!

関連記事

  1. dog-1559746_1280

    ズーノーシスって、何?

    ズーノーシスとはズーノーシスとは、ペットをはじめとする動物から人間に感染することのある「人獣共通…

  2. dog-1194087_1920

    犬がかかりやすい病気

    犬は家族の一員ですから健康にも気を使ってあげたいものですね。犬にはかかりやすい傾向がある病気…

  3. 24cabed5092c7bea4908575e18369ca2-e1393387551246

    いぬ×ねこ×お洒落

    ペットに洋服を着せる、メリット×デメリットメリット…

  4. dog-660691_1920

    愛犬に上手に留守番をしてもらう方法

    どうしても愛犬を家に置いて出かけなければならないときがありますよね。イタズラをしないでいい子…

  5. KIMG3443

    「忠犬ハチ公」の足元に「忠猫」!?この猫(こ)どこの猫?

    待ち合わせの定番スポットをよく見ると・・・ニャン?都内の待ち合わせスポットの定番・「渋谷のハチ公…

  6. 866101_w300

    自慢のペット✨スターへの道

    ペットのお仕事とはもしも自分のペットが、テレビのドラマやCMに登場するよ…

  7. playing-puppies-790638_1280

    フレンドリーな犬にするために・犬の社会化

    現代では番犬として犬を飼う人は少なくなりましたし、防衛本能や敵がい心は少ないほうが人間社会の中でうま…

  8. 9bf3d754d7ee12cc8224f55f20a9f410_s

    子犬の社会化はとっても重要!

    子犬の社会化感受期とは?犬が他の犬や猫、人間などの動物に対して友好的になれるかは、社会化感受期に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. KIMG3249 - コピー
  2. a0002_009475
  3. a0002_009475
  4. Effect_20190515_121420
  5. tomcatDSC05027_TP_V

Twitter でフォロー

PAGE TOP