menu

猫にイカを与えると危険?実は食べても大丈夫

21 views

「猫にイカを与えると腰を抜かす」という話を聞いたことがある人もいるかもしれません。

本当に猫はイカを食べると腰を抜かしてしまうのでしょうか?

実は猫がイカを食べても大丈夫なのです。

猫にとってのイカの栄養と与え方をご紹介します。

 

猫がイカをを食べると腰を抜かすは本当か?

 

british-shorthair-3081024_1280

「猫がイカを食べると腰を抜かす」という言い伝えを聞いたことがある方は多いでしょう。

そのため、イカは猫に与えてはいけないとされてきました。

これは本当なのでしょうか?

 

実は腰を抜かしているのではなく「脚気(かっけ)」の症状を発症した猫を見て、「腰を抜かした」と表現したものだと思われます。

 

原因はチアミノーゼ

脚気は神経障害によって発症する足のまひのことです。

ふらふらになってうまく歩けない様子から、「腰を抜かした」と表現されたのだと思いますが、猫がイカを食べるとこの症状がみられるのは確かです。

 

イカやタコなどにはチアミノーゼというビタミンB1を分解する働きを持った酵素が存在します。

ビタミンB1は神経を正常に機能させたり、糖をエネルギーに変える際に必要な栄養素です。

そのため、チアミノーゼによってビタミンB1が分解されて不足すると、足が上手く動かなくなって脚気の症状を発症することがあるのです。

 

脚気の原因物質は加熱すれば消滅

脚気の原因になるチアミノーゼは水揚げされて時間がたったイカに発生するので、新鮮なイカであれば猫に与えても脚気は発症しません。

 

新鮮なイカとは、水揚げされたばかりの透明な状態のイカのことです。

これは漁師でもない限りほとんど手に入れることは不可能でしょう。

一般の人が手に入れれることができるのは魚屋やスーパーに並んでいるイカで、茶色くなっているものがほとんどでしょう。

時間が経過して茶色になったイカも人間が食べるためには十分に新鮮ですが、水揚げされてから時間が経過しているのでチアミノーゼが発生している危険はあります。

そのため、猫に生のイカを与えるのはやはり危険であると言えるでしょう。

 

チアミノーゼは生体にのみ存在する酵素のなので、加熱すると消滅してしまいます。

過熱したイカであれば、猫に害を及ぼす酵素は取り除かれていることになりますね。

ink-2738296_1280

実はイカには猫に良い栄養がある

キャットフードの材料をよく見ると、イカが含まれていることがあります。

これはイカには猫にとって重要な栄養分「タウリン」を含んでいるからです。

 

タウリンは肝機能や心臓の機能を高めたり、血管に対する抗酸化作用があるなど猫にとっても優れた働きをする栄養素です。

cat-3081861_1280

猫に与える場合の注意点

猫にとって大切な栄養素であるタウリンを含むイカは、猫に与えることができますが、注意する点があります。

 

・必ず過熱する

・少量を時々与える程度にする

・あたり目などは加熱処理されていないので絶対に与えない

・消化不良を起こす場合もある

・必ずしも与えなくてもいい食べ物である

 

タウリンは猫に必要な栄養素であるために、市販のキャットフードには含まれています。

総合栄養と書かれた、品質の良いフードを与えているのであれば、それで必要な栄養素は十分に補給できているので、無理にイカを与える必要はないのです。

 

手作りご飯をあげるときやキャットフードへのトッピング、おやつなどに少量使用するのがおすすめです。

無理にあげる必要はない食材であることは十分理解して使いましょう。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
響

動物保護ボランティアをしています。

cat-1511026_1280「坊主が屏風に上手に・・・」!?猫の絵が男の子の危機を救ったお話

shelter-cat-2754333_1280猫にケージは必要?使用する際の注意点

関連記事

  1. IMG_9843

    猫のしっぽで気持ちが分かる!?

    しっぽで気持ちが分かる!?~機嫌が良い時~①しっぽを立てている飼い猫が、飼い主に対してしっぽ…

  2. image

    シンガプーラの魅力

    猫の種類で最小サイズのシンガプーラが最近とても人気を集めています。そんな魅力的なシンガプーラの飼い方…

  3. cat-1803904_1280

    猫も花粉症になるの!?

    春は猫も花粉症にぽかぽか暖かい春になると、私達人間を悩ませるのが「花粉症」です。鼻はグスグス…

  4. dscn0822

    猫の血統書の見方について

    ペットショップで猫を購入したり、ブリーダーから猫を譲り受けたりすると、必ずもらえるのが血統書です。…

  5. russian blue baby

    今すぐ飼いたくなるロシアンブルーの5つの特徴

    元々はロシアの貴族に愛され、大事に育てられてきたロシアンブルー。第二次世界大戦中に激減するものの、ブ…

  6. dog-1559746_1280

    ズーノーシスって、何?

    ズーノーシスとはズーノーシスとは、ペットをはじめとする動物から人間に感染することのある「人獣共通…

  7. untitled

    猫はコタツで丸くなる!?にゃんこのリアルな冬の過ごし方

    猫は寒い冬でも快適な場所を探す天才です。「猫はコタツで丸くなる♪」という童謡もあるように、コタツ…

  8. cat-2480778_1920

    猫を迷子にさせないための7つの注意点

    かわいがっている愛猫を失うことは肉体的にも精神的にもダメージが大きいです。うちの猫は大丈夫と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. kitten-227009_1280
  2. Effect_20180712_135350
  3. cat-806210_1280
  4. ハチ公写真-thumb-autox900-1430
  5. shotlanskogo-2934720_1920

Twitter でフォロー

PAGE TOP