menu

猫にイカを与えると危険?実は食べても大丈夫

55 views

「猫にイカを与えると腰を抜かす」という話を聞いたことがある人もいるかもしれません。

本当に猫はイカを食べると腰を抜かしてしまうのでしょうか?

実は猫がイカを食べても大丈夫なのです。

猫にとってのイカの栄養と与え方をご紹介します。

 

猫がイカをを食べると腰を抜かすは本当か?

 

british-shorthair-3081024_1280

「猫がイカを食べると腰を抜かす」という言い伝えを聞いたことがある方は多いでしょう。

そのため、イカは猫に与えてはいけないとされてきました。

これは本当なのでしょうか?

 

実は腰を抜かしているのではなく「脚気(かっけ)」の症状を発症した猫を見て、「腰を抜かした」と表現したものだと思われます。

 

原因はチアミノーゼ

脚気は神経障害によって発症する足のまひのことです。

ふらふらになってうまく歩けない様子から、「腰を抜かした」と表現されたのだと思いますが、猫がイカを食べるとこの症状がみられるのは確かです。

 

イカやタコなどにはチアミノーゼというビタミンB1を分解する働きを持った酵素が存在します。

ビタミンB1は神経を正常に機能させたり、糖をエネルギーに変える際に必要な栄養素です。

そのため、チアミノーゼによってビタミンB1が分解されて不足すると、足が上手く動かなくなって脚気の症状を発症することがあるのです。

 

脚気の原因物質は加熱すれば消滅

脚気の原因になるチアミノーゼは水揚げされて時間がたったイカに発生するので、新鮮なイカであれば猫に与えても脚気は発症しません。

 

新鮮なイカとは、水揚げされたばかりの透明な状態のイカのことです。

これは漁師でもない限りほとんど手に入れることは不可能でしょう。

一般の人が手に入れれることができるのは魚屋やスーパーに並んでいるイカで、茶色くなっているものがほとんどでしょう。

時間が経過して茶色になったイカも人間が食べるためには十分に新鮮ですが、水揚げされてから時間が経過しているのでチアミノーゼが発生している危険はあります。

そのため、猫に生のイカを与えるのはやはり危険であると言えるでしょう。

 

チアミノーゼは生体にのみ存在する酵素のなので、加熱すると消滅してしまいます。

過熱したイカであれば、猫に害を及ぼす酵素は取り除かれていることになりますね。

ink-2738296_1280

実はイカには猫に良い栄養がある

キャットフードの材料をよく見ると、イカが含まれていることがあります。

これはイカには猫にとって重要な栄養分「タウリン」を含んでいるからです。

 

タウリンは肝機能や心臓の機能を高めたり、血管に対する抗酸化作用があるなど猫にとっても優れた働きをする栄養素です。

cat-3081861_1280

猫に与える場合の注意点

猫にとって大切な栄養素であるタウリンを含むイカは、猫に与えることができますが、注意する点があります。

 

・必ず過熱する

・少量を時々与える程度にする

・あたり目などは加熱処理されていないので絶対に与えない

・消化不良を起こす場合もある

・必ずしも与えなくてもいい食べ物である

 

タウリンは猫に必要な栄養素であるために、市販のキャットフードには含まれています。

総合栄養と書かれた、品質の良いフードを与えているのであれば、それで必要な栄養素は十分に補給できているので、無理にイカを与える必要はないのです。

 

手作りご飯をあげるときやキャットフードへのトッピング、おやつなどに少量使用するのがおすすめです。

無理にあげる必要はない食材であることは十分理解して使いましょう。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
響

動物保護ボランティアをしています。

cat-1511026_1280「坊主が屏風に上手に・・・」!?猫の絵が男の子の危機を救ったお話

shelter-cat-2754333_1280猫にケージは必要?使用する際の注意点

関連記事

  1. animal-2543572_960_720

    老齢猫によくみられる健康問題 その2

    老齢猫によく見られる健康疾患をご紹介します。どのような症状でも、早期発見・早期治療が猫の幸せ…

  2. cat-1192026_1920

    猫の白血病ってどんな病気?

    白血病は人間にもありますが、猫の白血病とはどんな病気なのでしょうか。原因…

  3. cat-2783459_1280

    猫の毛艶が悪くなった!? 原因と対処法

    猫は自分で毛づくろいをしていつもきれいにしています。そのため、ほとんどシャンプーなどしなくて…

  4. cat-1423844_1920

    猫があなたに愛を伝える10の方法

    猫は人間の言葉を話せません。しかし、たくさんの愛情を伝える方法を持ってい…

  5. russian blue baby

    今すぐ飼いたくなるロシアンブルーの5つの特徴

    元々はロシアの貴族に愛され、大事に育てられてきたロシアンブルー。第二次世界大戦中に激減するものの、ブ…

  6. Cat hygiene

    猫の抜け毛の原因と対策 気を付けるべき抜け毛とは

    猫はたくさん毛が抜ける動物です。しかし、正常な生理現象で毛が抜けるときと、注意が必要な抜け毛…

  7. affair-1238428_1920

    猫にとっての大きな環境変化「飼い主の結婚」~我が家の場合~

    猫は意外と人を見ている!筆者の結婚と我が家の猫見た目は「大柄で堂々として、貫禄がある」と言われる…

  8. image

    一人暮らしでも猫は飼える?

    一人暮らしだけど、猫が欲しいとお考えの方、最近急増しているようです。そもそも猫は一人暮らしでも飼える…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. KIMG3249 - コピー
  2. a0002_009475
  3. a0002_009475
  4. Effect_20190515_121420
  5. tomcatDSC05027_TP_V

Twitter でフォロー

PAGE TOP