menu

【レシピ付】美味しいだけじゃない!見た目も可愛い愛犬(猫)鍋でほっこり♡

52 views

本格的な冬到来で、鍋が恋しい季節になりました・・・家族や友人と鍋を囲む機会も増えるのではないでしょうか?手軽で美味しく、身体も温まる鍋は冬の定番料理ですよね。
筆者は、毎年鍋の季節になると”愛犬(猫)鍋”を作ります。美味しいのは勿論、見た目も可愛く鍋を囲む人が必ず喜んでくれる”愛犬(猫)鍋”。その魅力とレシピをご紹介します。

大根おろしアートの魅力

d55bde9966f353740bda36e87621fb1a_s数年前にネットを中心に流行した大根おろしアートをご存知ですか?
その中でも、白菜と豚バラ肉のミルフィーユ鍋を土台に、大根おろしで作ったアート作品を乗せた鍋が大流行しました。
流行の発端となった白くまをはじめ、カピバラやうさぎ、リラックマ等のキャラクターを作る人が続出!もちろんミーハーな筆者も白くま鍋を作ってFacebookにアップしましたw
すぐ試したくなっちゃう性分なのです・・・
たくさんの「いいね!」を貰って、当時結婚前だった主人にも褒められ、すっかり大根おろしアートの虜になってしまいました。
※写真は筆者作成のものではなくイメージです。
Photo by Photo AC(http://www.photo-ac.com/)

愛犬で大根おろしアート!

guri1白くま鍋の成功で次に試してみたいと思ったのが、愛犬グリの大根おろしアート!
「くまが出来るなら犬も出来るはず」と創作意欲がむくむくと湧き上がってきました。
グリの毛色が茶色なので、醤油で色づけして、大根おろしで形を作りあげていきます。普段不器用な私でも、形を整えていくだけなので何とか“それなり”になります。
どうですか?この写真、不器用さは出ていますがそれもまたご愛嬌 。大目に見てやってください。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3出来上がった愛犬(猫)鍋とペットを並べて撮影すると、可愛い写真が撮れるのも嬉しいポイントです♪
撮影に付き合わされたグリはハテナ?顔ですが・・・

愛犬(猫)鍋レシピをご紹介

219d556d41893d961fa6edaab8b0f577_s材料(4人分)
白菜:半分、豚バラスライス:300g、大根:2/3本、海苔:少し

★自分の好きは顆粒だし:大1、★大根おろしの汁
※白菜と豚バラは鍋の大きさによって分量を変更させてください。
Photo by Photo AC(http://www.photo-ac.com/)

①大根おろしを作り、絞って水気を切っておく。汁は後で使うので取っておいてください。海苔は目と鼻の形にカットしておく。大根をおろすのは凄く疲れるので、可能であれば誰かにおねがいしましょうw

②白菜1枚に対して豚バラ3枚(お好みで増やしてもOK)を乗せ、3~4回重ねていき5cm 幅にカットする。カットしたら鍋の外側から立ててぐるりと並べていく。スカスカだと土台が安定しないので、ギッチリ並べてください★の材料を合わせて、鍋へ注ぐ。

③②で作った土台の上に、硬めに絞った大根おろしを乗せ、自分の愛犬に見立て造形していく。茶・黒の毛にしたい場合は、しょう油やすり黒ゴマを大根おろしにプラスしてみてください。色が濃く出すぎてしまうこともあるので、少しずつ足してください。

④海苔で作った目と鼻をくっつけたら完成。中火で煮立ててお召し上がりください♪
※撮影する場合は、煮立てる前にしてください。ドロドロになってしまいます・・・

最後に

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32意外と簡単にできる愛犬(猫)鍋。年末年始のパーティーに、みんなで作りながら鍋を囲むのも楽しそうですよね。
自分で作った食べられるアート作品は、ちょっと不恰好でもそれがまた可愛らしく、鍋の加熱が進むごとにドロドロになっていく愛犬の姿は切なくもあります。(「バイバイ」と声を掛けてあげてください。)
身体だけではなく、心もほっこり温かくさせてくれる愛犬(猫)鍋。是非試してみてくださいね!


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
かわせあずさ

かわせあずさ

沖縄県出身、東京都在住。口癖は「大丈夫」。 関西出身なのにあまり面白くない(けど、心は広い)主人と、茶色の雑種犬の2人と1匹賑やかに暮らしています。 趣味は銭湯巡り、新しい事への挑戦、ホラー映画鑑賞。 小さな頃から動物が大好きで、よく子猫を拾ってきて母に怒られていました。 その動物好きは今も変わらず、暇さえあればYoutubeやinstagramで動物を見てニヤニヤしておりますw

dog1ドキドキ♥ドッグランデビューでの心得

cat-1046544_1280高齢猫の身体の変化と、かかりやすい病気

関連記事

  1. e-cigarette-1881957_1280

    電子タバコ・無煙タバコのペットへの危険性

    これまでのたばこは、もちろんペットにとっては健康を害する恐れがあるものです。近年電子タバコが…

  2. original

    トイ・プードルの魅力

    歴史プードルはドイツからフランスに渡ったと考えるのが妥当とされており、ロシアが原産との説すらあり…

  3. Ocicat

    オシキャットの魅力

    綺麗なスポット模様が最大の特徴のオシキャットが最近とても人気を集めています。そんな魅力的なオシキャッ…

  4. a0790_000930

    丈夫な金魚でも要注意!金魚の多頭飼育は大きさ・種類のバランスを考…

    金魚の思い出筆者は小学生の頃、自宅で金魚を飼育していました。我が家には筆者が生まれる前に…

  5. dog-1023013_1280

    犬にアロマオイルを使用しても大丈夫?

    日本でもアロマオイルは広く使われるようになりました。人間には有効なものですが、ペットたちにと…

  6. くまたろう01

    ヤツの名前は「くまたろう」

    我が家には1歳と4ヶ月のハムがいます。名前は「くまたろう」通称「クマ」と呼ばれているキンクマハム…

  7. huskies-1370230_1280

    バブル犬・シベリアンハスキーは本当に「バカ犬」なのか?

    シベリアンハスキーは「バカ」なの?シベリアンハスキーは、漫画の大ヒットの影響などもあり、いわゆる…

  8. cat-2908656_1280

    猫が水を飲む量が多いときに疑われる病気

    猫が水をたくさん飲み、たくさんおしっこをすることを「多飲多尿」と言います。猫の多飲多尿は病気…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. KIMG3249 - コピー
  2. a0002_009475
  3. a0002_009475
  4. Effect_20190515_121420
  5. tomcatDSC05027_TP_V

Twitter でフォロー

PAGE TOP