menu

猫のしっぽで気持ちが分かる!?

102 views

しっぽで気持ちが分かる!?~機嫌が良い時~

①しっぽを立てている
飼い猫が、飼い主に対してしっぽを立てている場合、あなたのことを親しみをもった親としてみています。なぜなら、子猫はピンとしっぽを立て母猫に目印として見つけてもらったり、また親猫にお尻を舐めてもらって綺麗にしてもらう時にする仕草だからです。ご飯をおねだりしている時も、ピンとしっぽを立てていることが多く、信頼している証なのです。他には『何かいいことあるの?』というワクワクした気持ちになっていたり、遊びに夢中になっている時もあります。また、しっぽがやや前向きの場合は挨拶の意味合いもあります。

②Uの字を逆さまにしている
よく子猫に見られますが『遊んで~構って~』と、遊びに誘っていることが多く、大人になっても飼い主に『ねぇ相手して♪』と逆さU字に左右に揺らして近寄ってくることがあるので、その時はおもちゃなどで満足するまで相手してあげると喜びます。

③ゆっくり揺らしている
撫でられていたり、抱っこされてゆっくりしっぽを動かしているときは、リラックスしていて、嬉しい気持ちです。その時は一緒になってまったりのんびり過ごしてあげると、お互いHappyで過ごせること間違いなしです。

IMG_9846

しっぽで気持ちが分かる!?~機嫌が悪い時~

①しっぽの毛を逆立て、太くする 
相手を威嚇し、興奮状態で攻撃態勢をとっているときです。強気になって全身の毛を逆立て身体を大きく見せ、戦闘モードに入っています。また驚いたときも同様にこのような行動をとります。刺激しないようにしてあげましょう。

②しっぽを足の間に巻き込む 
恐怖心の表れ、弱気になって身がすくみ、腰が引けている状態です。優しく声をかけて緊張をほぐしてあげましょう。

③しっぽを力なくさげている 
叱られてしょんぼりしている時や、また体調が優れず弱っている時です。元気がない場合は、よく観察して対応してあげましょう。

④抱かれてしっぽをおなかにつけていたり、すばやくパタパタと動かしている
怖がって力が入っています。『早く下ろして~』のサインなので、無理に抱こうとせず、下ろしてあげましょう。

⑤しっぽを振っている
敵猫などに近付いているときによく見られますが、歩きながら、左右にぶんぶん振っているのは闘争心の表れで『やるのか?強いんだぞ!』と相手を威嚇しています。犬は嬉しい時にしっぽを振っていますが、それとは違うのです。また触っていて、リズミカルに左右にしっぽを振り始めるのは嫌がっている時で、黄色信号です。そして赤信号になるとイライラが募り、大きくバタバタ激しく振り始め、『シャー!』と怒られてしまいます。猫はしっぽを振るのは総じて不機嫌な状況なので、刺激せずに気持ちが落ち着くまで構わず、そっとしておくのが一番です。

しっぽで気持ちが分かる!?~その他の状態~

しっぽを大きくゆっくり揺らしている時は、リラックスモードです。何か観察していたり、どうしようかなと考えていて、感情としてはノーマルな状態です。寝ている時に、呼ぶとしっぽの先を小さく振る時は、起きるのが面倒でしっぽで返事をしています。『一応聞こえてるけど…今は面倒』という心境なので、そこまでにとどめておきましょう。

IMG_9830

*************************************************
このように猫のしっぽは色々なことを教えてくれます。猫と接する時は、是非しっぽでどういう気持ちなのか観察した上で、機嫌のよい時はたくさん相手をしてあげてください。また、気分が乗らないときは、しつこくちょっかいをかけずにそっとしてあげるのが、猫との良い関係を作るコツなのです。そういった、猫の気持ちを感じる事ができるようになると、上手な距離感が保たれ、素敵な関係になります。ピンとしっぽを立てて、『構って~』と甘えてきてくれた時の嬉しさと言ったら…もう、たまりません。是非これからしっぽを観察してみてくださいね。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
kaori

kaori

1985年生まれ、福岡在中 自然に囲まれた故郷で、自然と猫と戯れながら育つ。 猫をこよなく愛し、デザイナーズ物件探索が趣味。 インテリア、料理、ガーデニング、愛猫を写真に収めるのが日々の楽しみ。また散歩が日課で、近所の猫とはだいたい友達。暇があると猫の事を考えて毎日を過ごす。 猫家具などのインテリアや住まいのプロデュース、オシャレな猫とのハッピーライフを提案出来るようなスペシャリストになるのが夢。

うるけるのおやつインコのごはん シード?ペレット?

IMG_9811移り変わる猫の目の色の不思議

関連記事

  1. lazy-774475_1280

    猫の腎臓病の原因・治療・予防

    猫の死因として多い病気のひとつが腎不全です。特にシニア以上になると多くの猫がこの病気にかかっ…

  2. animal-3097714_1280

    猫にイカを与えると危険?実は食べても大丈夫

    「猫にイカを与えると腰を抜かす」という話を聞いたことがある人もいるかもしれません。本当に猫は…

  3. cat-1511026_1280

    「坊主が屏風に上手に・・・」!?猫の絵が男の子の危機を救ったお話…

    猫が助けてくれる!?「犬や猫を大切にすると、亡くなった後も世話になった飼い主を守ってくれるよ」…

  4. shelter-cat-2754333_1280

    猫にケージは必要?使用する際の注意点

    猫用のケージはたくさん販売されていますが、猫にケージは必要なのでしょうか?ケージを使用する際…

  5. dog-3814618_1920

    犬や猫に洋服は必要なの!?ペットに服を着せるメリットとデメリット…

    洋服を着て(着せられて?)いる犬や猫などのペットの姿をSNSなどで見かけることが、もはや珍しくなくな…

  6. cat-3041236_1280

    猫にケージは必要?使用する際の注意点②

    猫は自由気ままに切る動物なので、ケージ飼育はその猫の生き方を否定するようなものであることは確かです。…

  7. cat-2275558_1280

    猫のお腹がたるんでいるのはなぜ?

    ときどきお腹の部分がたるんでいる猫を見かけることがあります。飼い主さんとしては「太っていない…

  8. NEKO9V9A9131_TP_V

    急な飼い主の入院!急な出張!こんなときペットをどうする!?

    大切な家族であるペットの世話は、飼い主としての義務です。しかし飼い主も人間ですから、病気にな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. KIMG3249 - コピー
  2. a0002_009475
  3. a0002_009475
  4. Effect_20190515_121420
  5. tomcatDSC05027_TP_V

ペット専門インフルエンサーサービス

フォロワー300人からOK!ペットの「好き」が仕事になる

Twitter でフォロー

PAGE TOP