menu

オッドアイの姉妹猫がインスタグラムで人気!

952 views

インスタグラムで人気のオッドアイの姉妹猫。

フォロワー数は、なんと11万8千人です!

オッドアイの猫とはどんな猫なのでしょうか。

 

https://www.instagram.com/p/BLqnWfAjey3/?taken-by=sis.twins

https://www.instagram.com/p/BLqnWfAjey3/?taken-by=sis.twins

インスタグラムで人気のオッドアイの姉妹猫

真っ白な毛に金色と青い目のオッドアイを持つ猫の姉妹の名は、アイリスとアビス。

アイリスとアビスはロシアのサンクトペテルブルクに住んでいます。

https://www.instagram.com/p/BLvymT8jwrM/?taken-by=sis.twins

https://www.instagram.com/p/BLvymT8jwrM/?taken-by=sis.twins

 

透明な宝石のような左右異なる目と仲良し姉妹な様子がたくさんの人の心を魅了しています。

 

オッドアイの猫は幸運の猫

猫にはたまにオッドアイが見られますが数は少なく、そのため「幸運を運んでくる猫」と言われています。

めったに見ることができない猫だからこそ「幸運」を運んでくると言われているのですね。

 

日本でも「金目銀目」を呼ばれ縁起がいいとされています。

 

姉妹は希少な存在

アイリスとアビスは、白猫の母親と白黒猫の父親から生まれました。

アンゴラなどオッドアイが生まれやすい品種はありますが、自然発生するのはめずらしいことです。

そもそも真っ白の猫が産まれる確率が低く、オッドアイとなるとさらに低い確率になります。

 

白猫でなくてもオッドアイが見られることはありますが、白猫でオッドアイで、さらに姉妹そろって同じ瞳となるとめったに見られません。

 

https://www.instagram.com/p/BKTJoMxj8wO/?taken-by=sis.twins

https://www.instagram.com/p/BKTJoMxj8wO/?taken-by=sis.twins

 

「オッドアイの白猫姉妹が生まれるなんて100万分の1の確率で、出会えたのは宝くじに当たったようなもの」と飼い主の男性は話しているそうです。

 

なぜオッドアイになるの?

 

https://www.instagram.com/p/BJk3b-EjOQj/?taken-by=sis.twins

https://www.instagram.com/p/BJk3b-EjOQj/?taken-by=sis.twins

 

オッドアイになる原因は、虹彩異色症という遺伝子異常と言われていますが、実のところは良く分かっていません。

白猫や色素の薄い猫に見られることが多いですが、黒猫でもオッドアイを持っている猫もいます。

白猫に多く出現し、全体の約25%の確率で表れると言われています。

 

白猫の毛色は色素細胞の量が低いために真っ白になりますが、瞳の色も同様に色素細胞が少ないために瞳が青くなります。

白猫でも必ずしも瞳が青いわけではないので、一概には言えない面はありますが、このような理由で白猫に多くオッドアイが見られるとされているのです。

 

オッドアイの猫は短命?

オッドアイの猫にはときどき、聴覚障害が見られることがあります。

難聴または全く耳が聞こえないといった症状です。

オッドアイの猫が短命と言われるのは、聴覚異常があった場合、外での生活はとても困難になり命を落とす危険性が高いためと思われます。

ですから、飼育方法次第でちゃんと長生きできるのです。

例え耳が聞こえなくても、完全室内飼育であればほぼ問題はないでしょう。

 

オッドアイの猫は体が弱い?

筆者も元保護猫のオッドアイの白猫を飼っています。

元飼い主の飼育方法は猫にとって決していい環境ではなく、あげく飼育放棄されてやせ細った状態で保護しましたが、現在も特に病気もせずに元気で暮らしています。

まれに聴覚障害が見られること以外にオッドアイ特有の病気などは見当たりませんので、特にオッドアイだから体が弱いということもないのではないでしょうか。

https://www.instagram.com/p/BLYVkc2jMbB/?taken-by=sis.twins

https://www.instagram.com/p/BLYVkc2jMbB/?taken-by=sis.twins

アイリスとアビスの姉妹も、これからも長くその美しい姿を世界中に見せてほしいですね。

 

 

 

 


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
響

動物保護ボランティアをしています。

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_mしつけのための犬と接し方 5つの基本テクニック

f3784cbdf74874ccd14f770c7254d6ee_m猫の健康のためのごはんの基本

関連記事

  1. image

    ベンガルの魅力♪

    最近とても人気の出てきたワイルドなコートを持つベンガル。今回はワイルド柄に虜になる人も多い、野性味あ…

  2. 150831-9-1024x679

    人気小動物たちの紹介①

    小動物は飼育スペースをあまり取らないので、マンションや一人暮らしの方でも飼いやすく人気を集め…

  3. DSCN0983

    かわいい上にお役立ち!ロングセラーだった猫雑誌「猫の手帖」

    ロングセラーだった、猫の専門誌昨今の猫ブームに伴い、猫の専門雑誌が沢山発行されるようになっていま…

  4. image

    シンガプーラの魅力

    猫の種類で最小サイズのシンガプーラが最近とても人気を集めています。そんな魅力的なシンガプーラの飼い方…

  5. cat-1843241_1280

    「猫又」って何?何歳からなるの?

    「猫又」とは?皆さん、猫が長生きをすると「猫又」という妖怪になるという伝説をご存知ですか?か…

  6. domestic-cat-726989_1280

    ネコ科で最強の動物は、誰?

    力が強いのはライオンやトラ。でも・・・皆さんの身近にいる「猫」の仲間は、獲物を狩ることに特化した…

  7. cat-1199259_1280

    猫の飲み水の適量は?

    猫のおしっこの状態を観察することは、猫の健康チェックのためにとても大切ですね。猫のおしっこが…

  8. dscn0822

    猫の血統書の見方について

    ペットショップで猫を購入したり、ブリーダーから猫を譲り受けたりすると、必ずもらえるのが血統書です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. dog-3814618_1920
  2. dog-1861839_1920
  3. DSCN0499
  4. a0790_000930
  5. KIMG1934 - コピー

Twitter でフォロー

PAGE TOP