知っておこう ペットが持っている人にも有害な菌① | 【わんにゃん王国】ペットに関するお役立ち情報満載のキュレーションメディア menu

知っておこう ペットが持っている人にも有害な菌①

30 views

犬や猫のかかる病気と人がかかる病気は異なることが多いのですが、同じように感染してしまう病気もあります。

ペットが保有している菌の中で、ペットにはさほど影響がないのに人間にとっては有害なものもあります。

このことは、ペットと一緒に健康で暮らすうえでも知っておいたほうがいいですね。

ペットにも人間にも感染する菌などをご紹介します。

 

サルモネラ菌

salmonella-549608_1280

サルモネラ菌は感染すると食中毒や胃腸炎などを発症します。

少量の菌でも発症し、乾燥に強いという性質を持つ菌です。

人間の食中毒の症状は、発熱、腹痛、下痢、嘔吐、血便などで、重症化すると治癒までに時間がかかることもあります。

 

サルモネラ菌には2種類あり、人間のみが感染するチフス性サルモネラ菌と、犬や猫も感染する食中毒性サルモネラ菌があります。

食中毒性サルモネラ菌は犬や猫も感染し、子犬や老犬のような免疫力が落ちている個体には下痢、嘔吐などの症状がおきますが、健康な大人の犬や猫であれば無症状であることも多いようです。

 

サルモネラ菌は人、牛や豚の家畜、犬や猫、亀などのペット、ゴキブリやハエ、ネズミなどの動物や虫の腸内のほかに、河川や下水などにも生息しています。

菌を保有した人間や動物の便にも含まれているため、その便に接触し体内に入ってしまうと感染します。

また、サルモネラ菌が付着した食べ物を十分に加熱しないで食べてしまうことでも感染します。

牛、豚、鳥などの生肉は感染源になる可能性があります。

 

カンピロバクター

カンピロバクターは、古くから家畜の食中毒の原因菌となる菌の1種として知られてきました。

人間にも感染することが分かったのは1970年になってからです。

人間が感染すると発熱、下痢、腹痛、血便などの症状がみられます。

適切な治療を施せば2~5日ほどで回復しますが重症化する場合も。

 

カンピロバクター菌は牛や豚、鳥などの家畜ほかに犬や猫の腸内に生息しています。

カンピロバクター菌は感染した人、犬、猫、鳥の便に含まれているため、汚染された便に接触することや菌が付着した生肉などを十分に加熱せずに食べてしまうことで感染します。

カンピロバクターは60度以上の熱で約1分の過熱で死滅させることができます。

 

犬、猫、鳥が保菌していることが多く、腸炎や流産を引き起こすこともありますが無症状であることも多いです。

免疫力が低い子犬、子猫、老犬、老猫等が発症することがあるようです。

下痢、嘔吐、食欲不振、腹痛などの症状があります。

 

 

ペットにも人間にも感染するものとして食中毒などを引き起こす菌と、寄生虫があります。

ペットが外で暮らしていると寄生虫の感染率は高くなります。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
響

動物保護ボランティアをしています。

dog-1970007_1280犬に服を着せるメリット・デメリット②

dark-3070558_1280知っておこう ペットが持っている人にも有害な菌②

関連記事

  1. hira85_gussurineteiruosuneko

    スコティッシュフォールドの飼い方

    スコティッシュフォールドと暮らしたい!スコティッシュフォールドとは、垂れた耳とまるい顔が特徴的な…

  2. untitled

    猫はコタツで丸くなる!?にゃんこのリアルな冬の過ごし方

    猫は寒い冬でも快適な場所を探す天才です。「猫はコタツで丸くなる♪」という童謡もあるように、コタツ…

  3. dog-1023013_1280

    犬にアロマオイルを使用しても大丈夫?

    日本でもアロマオイルは広く使われるようになりました。人間には有効なものですが、ペットたちにと…

  4. 313bbab46c30838a981f30f5b94dfd64_m

    アスファルトで肉球を火傷するって知っていますか?

    地面の多くがアスファルトで覆われている場所で暮らす日本の犬達。犬に散歩は欠かせませんが、夏の…

  5. IMG_9901

    猫の気になる目ヤニ

    ■目ヤニの働きとは本来目ヤニは、正常な代謝が行われることで発生します。通常目は、まぶたや涙によっ…

  6. shotlanskogo-2934720_1920

    スコティッシュフォールドの耳掃除について

    垂れ耳がまるでドラえもんのようで可愛いと人気の高いスコティッシュフォールド。しかし耳が垂れて…

  7. image

    ロシアンブルーの魅力♪

    銀色に輝くブルーの被毛が最大の特徴のロシアンブルーが最近とても人気を集めています。そんな魅力的なロシ…

  8. cat-1368219_1920

    猫を室内飼育した方がいい理由:猫と楽しく暮らすために

    猫ブームにより猫をペットとして飼う人が増えていますが、あんがい猫がどういう動物なのかはよく分からない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. dog-709328_1280
  2. Effect_20180712_135300
  3. kitten-227009_1280
  4. Effect_20180712_135350
  5. cat-806210_1280

Twitter でフォロー

PAGE TOP