menu

知っておこう ペットが持っている人にも有害な菌②

51 views

ペットにも人間にも感染するものとして食中毒などを引き起こす菌と、寄生虫があります。

ペットが外で暮らしていると寄生虫の感染率は高くなります。

 

エルシニア菌

frog-3067925_1280

エルシニア菌に感染することによってかかる病気をエルシニア感染症といいます。

エルシニア菌の生息域は、豚、犬や猫、モルモットなどのペット、カエルなどの腸内および河川などにも生息しています。

殺菌されていない水や十分過熱していない肉を摂取したり、感染した人、犬や猫、ペットの便に接触し菌が体内に入ると感染する可能性があります。

この菌は冷蔵庫内などの低温でも増殖します。

 

人間が感染し発症すると、発熱、下痢、腹痛などを起こします。

動物が感染するとまれに下痢などの症状が見られますが多くの場合は無症状であることが多いようです。

 

寄生虫(回虫)

回虫はもっとも古くから知られている寄生虫の1種で、人をはじめとして多くの哺乳類の腸に寄生する線虫です。

世界中で動物に限らず人への感染が見られますが、現在の日本では人間が感染していることはまれです。

しかし日本でも動物への感染はごく一般的で、外で生活してペットは感染のリスクが高いです。

感染の害は大きく、栄養を奪われるため発育が阻害される、回虫が分泌する毒素で体調が悪化する、下痢や嘔吐、腹痛を起こし他の組織に侵入し破壊することさえもあります。

回虫による身体への悪影響は人間でも動物でも同じです。

大人の犬や猫は目に見える症状がないことが多いですが、栄養が奪われ続けるという状況は続くので放置していいことではありません。

子犬や子猫は命にかかわることもあります。

予防策

cat-1046544_1280

・犬の散歩中に拾い食いをしたり、ほかの犬の糞に近づかないようにする

・生肉ではなく加熱した肉を与える

・猫は野良猫などと接触しないように完全室内飼育にする

・ペットのトイレは常に清潔にしておく

・飲み水はいつも新鮮なものを与える

・古いフードは与えない

・人間の口の付近はペットになめさせない

・ペットの寝床も清潔を保つ

・ペット自身も清潔にする

・ペットに嘔吐や下痢などの症状が見らたら早急に獣医を受診する

・人間の食事の前は必ず手洗いする

 

菌やウィルスは目で見ることができず、ペットから感染する病気があることは怖い気持ちになる方も多いかもしれません。

しかし、ペットから感染することもあることを知っておくことで、予防ができますし、予防さえすればそんなに怖いことではありません。

 

筆者は動物保護活動をしており、多くの犬や猫と接触しますし、自宅でも保護しています。

これまで一度もこれらの病気に感染したことはありません。

予防策は多いように見えますが、予防策として挙げたことは「ペットを適正に飼う」ことにほかなりませんから、きちんと飼育している方であればすでに実践済みでしょう。

その他に、手洗いを頻繁にすることなどを付け加えればいいだけですから、そんなに大変なことではありませんね。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
響

動物保護ボランティアをしています。

dog-3071334_1280知っておこう ペットが持っている人にも有害な菌①

kitten-1285341_1280使って良かった猫トイレ&砂

関連記事

  1. tomato-2355860_1920

    トマトは犬にとっても栄養満点!

    トマトは抗酸化作用があるリコピンを豊富に含み、人間にとても栄養価の高い野菜として注目されています。…

  2. photo030802

    渋谷の顔『ハチ公』

    渋谷での待ち合わせでよく使われる、ハチ公前集合!知っていましたか?このハチ公、実は2代目!…

  3. チワワ子犬

    犬との暮らしでかかる費用はどのくらい?

    犬との暮らしを考えている方、犬を飼い始めて間もない方にとって、経済的な負担がどの程度なのかを理解して…

  4. bulldog-2952049_1280

    生のパン生地は犬にとって危険!

    生のパン生地、発酵中のパン生地は絶対に犬に食べさせてはいけないものです。欧米では発酵中のパン…

  5. 写真

    ワンちゃんも花粉症!?

    犬も花粉症!!花粉症の季節になると飼っている犬もなんだかくしゃみをしたり目をかゆがったり・・・・…

  6. f3784cbdf74874ccd14f770c7254d6ee_m

    猫の健康のためのごはんの基本

    猫の健康のためにはどんなご飯をあげればいいのでしょうか。ご飯の選び方、あげ方、おやつなどにつ…

  7. scottish-fold-cats-1071855_1280

    ブリーダーが気にする「致死遺伝子」って、何?

    子猫を死に追いやる遺伝子「遺伝子」という言葉は、私達が1度は耳にしたことのある単語です。多く…

  8. KIMG1934 - コピー

    急に猫の腰が立たなくなった!?考えられる原因と対処法は?

    2019年2月1日、筆者の親戚宅で暮らしていた猫のゲンタが、5歳という若さで亡くなりました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. KIMG3249 - コピー
  2. a0002_009475
  3. a0002_009475
  4. Effect_20190515_121420
  5. tomcatDSC05027_TP_V

ペット専門インフルエンサーサービス

フォロワー300人からOK!ペットの「好き」が仕事になる

Twitter でフォロー

PAGE TOP