menu

知っておこう ペットが持っている人にも有害な菌②

59 views

ペットにも人間にも感染するものとして食中毒などを引き起こす菌と、寄生虫があります。

ペットが外で暮らしていると寄生虫の感染率は高くなります。

 

エルシニア菌

frog-3067925_1280

エルシニア菌に感染することによってかかる病気をエルシニア感染症といいます。

エルシニア菌の生息域は、豚、犬や猫、モルモットなどのペット、カエルなどの腸内および河川などにも生息しています。

殺菌されていない水や十分過熱していない肉を摂取したり、感染した人、犬や猫、ペットの便に接触し菌が体内に入ると感染する可能性があります。

この菌は冷蔵庫内などの低温でも増殖します。

 

人間が感染し発症すると、発熱、下痢、腹痛などを起こします。

動物が感染するとまれに下痢などの症状が見られますが多くの場合は無症状であることが多いようです。

 

寄生虫(回虫)

回虫はもっとも古くから知られている寄生虫の1種で、人をはじめとして多くの哺乳類の腸に寄生する線虫です。

世界中で動物に限らず人への感染が見られますが、現在の日本では人間が感染していることはまれです。

しかし日本でも動物への感染はごく一般的で、外で生活してペットは感染のリスクが高いです。

感染の害は大きく、栄養を奪われるため発育が阻害される、回虫が分泌する毒素で体調が悪化する、下痢や嘔吐、腹痛を起こし他の組織に侵入し破壊することさえもあります。

回虫による身体への悪影響は人間でも動物でも同じです。

大人の犬や猫は目に見える症状がないことが多いですが、栄養が奪われ続けるという状況は続くので放置していいことではありません。

子犬や子猫は命にかかわることもあります。

予防策

cat-1046544_1280

・犬の散歩中に拾い食いをしたり、ほかの犬の糞に近づかないようにする

・生肉ではなく加熱した肉を与える

・猫は野良猫などと接触しないように完全室内飼育にする

・ペットのトイレは常に清潔にしておく

・飲み水はいつも新鮮なものを与える

・古いフードは与えない

・人間の口の付近はペットになめさせない

・ペットの寝床も清潔を保つ

・ペット自身も清潔にする

・ペットに嘔吐や下痢などの症状が見らたら早急に獣医を受診する

・人間の食事の前は必ず手洗いする

 

菌やウィルスは目で見ることができず、ペットから感染する病気があることは怖い気持ちになる方も多いかもしれません。

しかし、ペットから感染することもあることを知っておくことで、予防ができますし、予防さえすればそんなに怖いことではありません。

 

筆者は動物保護活動をしており、多くの犬や猫と接触しますし、自宅でも保護しています。

これまで一度もこれらの病気に感染したことはありません。

予防策は多いように見えますが、予防策として挙げたことは「ペットを適正に飼う」ことにほかなりませんから、きちんと飼育している方であればすでに実践済みでしょう。

その他に、手洗いを頻繁にすることなどを付け加えればいいだけですから、そんなに大変なことではありませんね。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
響

動物保護ボランティアをしています。

dog-3071334_1280知っておこう ペットが持っている人にも有害な菌①

kitten-1285341_1280使って良かった猫トイレ&砂

関連記事

  1. puppies-2826310_1280

    犬はなぜウンチを食べる?原因と対策

    犬がする行為の中で人間が驚くとともにいやだと感じることの一つは、「ウンチを食べる(食糞)」という行為…

  2. image_of_kai_dogwiki

    【日本の犬】その6「甲斐犬」

    日本犬と言えば、誰もが真っ先に思い浮かべるのは「柴犬」や「秋田犬」ではないでしょうか。最近では、…

  3. NEKO9V9A9131_TP_V

    急な飼い主の入院!急な出張!こんなときペットをどうする!?

    大切な家族であるペットの世話は、飼い主としての義務です。しかし飼い主も人間ですから、病気にな…

  4. dog-709328_1280

    予防接種の重要性【犬編】

    犬の予防接種の重要性猫の予防接種の重要性についてはお伝えしましたが、犬の場合は猫以上に予防接種が…

  5. 71ab903ef1815c801c106b637d508a8d_m

    犬は虫歯にはなりにくい!?それでも、犬の歯磨きが絶対に必要な理由…

    犬も大切にお世話をされていれば、15歳以上生きることは珍しくありません。長生きは健康でこそ幸…

  6. tomcatDSC05027_TP_V

    猫のペースト状おやつの上手な使い方

    人気のペースト状おやつ!CMで話題の商品も最近、猫のおやつの中で注目を集めているのが、ペースト状…

  7. cat-1199259_1920

    猫に水を飲ませるための4つの方法

    猫はあまり水を飲まない動物ですが、健康のためには水分の摂取は必要です。猫の水分摂取を多くする…

  8. cat-1285634_1920

    愛猫の片目からだけ目やにや涙が!考えられる原因とは?

    「うちの猫、いつも通り元気なんだけど、よく見たらいつもより目やにが多いみたい」飼い主さんとしては…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. PAK86_idobatainko14124313_TP_V
  2. nezumi458A7566_TP_V
  3. mask-2177087_1920 (1) - コピー
  4. NEKO9V9A9131_TP_V
  5. SnekoDSC03607_TP_V

ペット専門インフルエンサーサービス

フォロワー300人からOK!ペットの「好き」が仕事になる

Twitter でフォロー

PAGE TOP