menu

全国・ペットと一緒に参拝できる寺社3選(関西編)

16 views

愛犬家・愛猫家の皆さんの中には
「ペットと一緒に初詣などの寺社参拝をしたい」
と考えている方が増えています。

これまでに、関東と北海道・東北に鎮座する「ペットと一緒に参拝できる神社」をご紹介してきましたが、歴史的建造物や観光名所の多い京都府や奈良県などの含まれる関西でも、ペットと一緒に神社やお寺に参拝したい飼い主さんは多いことでしょう。

そこで今回は、関西でペットと一緒に参拝のできる寺社を3つご紹介いたしましょう。

東大寺

仏教へ信仰の篤かった聖武天皇によって建立された「奈良の大仏」で有名な東大寺は、修学旅行ならここ!と言っても過言ではないほど人気の観光スポットの1つです。

仏教の中の「華厳宗」という宗派の大本山で、大仏こと「盧舎那大仏」の他にも南大門・二月堂・「法華堂」とも呼ばれる三月堂をはじめとする数多くの国宝や重要文化財に指定された歴史的建造物の宝庫としても有名ですね。

todai-ji-temple-2672649_1920

ペットは、拝観料無料で見られるエリアに関しては「リード着用」という条件付きで可能です。
有料のエリアも、キャリーバッグなどに入っていればOKというから嬉しいですね!

dog-709328_1280

ただこれも有名な話ですが、東大寺のある奈良公園には、鹿が自由に歩き回っています。
ペットと鹿のトラブルも報告されているようですので、その点はちょっと注意が必要です。

〇所在地:奈良県奈良市雑司町406-1
〇公式サイト:http://www.todaiji.or.jp/index.html

 

鹿苑寺(金閣寺)

これまた修学旅行の名所として有名な「金閣」のある、鹿苑寺

1397(応永4)年に室町幕府3代将軍・足利義満の邸宅として建てられ、彼の権力を象徴するかのように全体に金箔の貼りめぐらされた3階建ての豪華な建物を含むこのお寺も、実はペット同伴での参拝が可能だということをご存知でしたか?

kyoto-1248446_1920

ペットと一緒に金閣寺を参拝する場合は、必ずキャリーバッグに入れましょう
抱っこでもいいという情報もありますが、下に降ろさないことが条件です。
愛犬がキャリーバッグから顔を出して金閣寺を見つめている画像を載せているブログもありますので、ペットは完全にバッグの中でないとダメ!というほど厳しくはないようですね。

ちなみに、金閣寺と並び称されることの多い銀閣寺(東山慈照寺)も、キャリーバッグに入れればペットとの参拝が可能です。

〇所在地:京都府京都市北区金閣寺町1
〇公式サイト:http://www.shokoku-ji.jp/k_about.html

平安神宮

遷都された当時の平安京の大内裏の一部を復元した平安神宮も、ペット同伴での参拝が可能な寺社の1つです。

こちらもペットはキャリーバッグに入れるか抱っこをするかして、下には降ろさないことが条件です。

but0027-013

ペットの健康長寿のご利益のある「愛護守」は、首輪に付けられて暗いところで光るため、お守り効果とお散歩時の安全のダブルの効果が嬉しいと人気のようです。

こちらは駐車場がないため、車での参拝の場合は近くの有料駐車場を利用するか、公共交通機関を利用しましょう。

〇所在地:京都府京都市左京区岡崎西天王町97
〇公式サイト:http://www.heianjingu.or.jp/index.html

a0001_018054

この他にも、関西には観光名所としても人気の寺社が多数あります。
ぜひペットと一緒に参拝を!と思う飼い主さんは多いことでしょう。
ただし、しつけはしっかり行うなどペットとの参拝のルールは必ず守り、境内で排泄させるなどの行為は絶対にしないようにしましょうね。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
Nona

Nona

私立大学文学部日本文学科を卒業後、バレエ講師、ダンサー、美術モデルなどとして活動。 2012年よりライターとして活動を開始。 現在は自身の立ち上げた出張型バレエスクール「M Ballet Art」の代表・主任講師を務める傍ら、日本の文化・ペット情報・バレエ・演劇・インターネットなどのコラム連載、バレエやスポーツの練習方法の解説の執筆など、幅広く活動中。

affair-1238428_1920猫にとっての大きな環境変化「飼い主の結婚」~我が家の場合~

KIMG2665女性やカップルに大人気!浅草の「招き猫神社」を参拝!

関連記事

  1. IMG_9978

    個性的な珍しい目の色の猫の魅力♪

    ■瞳の青は空の青まず珍しい色の中でも、比較的数が多いブルーの色について紹介したいと思います。角膜…

  2. stray-cat-939367_1280

    猫の避妊・去勢手術のメリット・デメリットについて

    猫に避妊・去勢手術を受けさせることの是非については、昔から賛否両論、様々な意見がありました。…

  3. aid-1807541_640

    猫の尿路結石症について

    尿路結石症ってどんな病気?「尿路結石症」とは、膀胱や尿道などの尿の通り道に、砂や石のような形状の…

  4. koharubiyori25

    嫁姑問題より深刻!?猫の「2匹目」を迎える時の注意点

    猫の複数飼いは、組み合わせが大切猫の仲間は、ライオンなどの一部の種類を除くと、多くが単独生活を送…

  5. golden-retriever-2962926_1280

    犬にピーナッツを与えても大丈夫?

    最近、犬のおやつ用ピーナッツを見かけるようになってきました。しかしピーナッツは与えないほうが…

  6. IMG_3755

    ミックス犬(チワックス)の魅力

    ・ミックス犬の歴史ミックス犬とは、種類の違う純血種の犬を掛け合わせて生まれた犬のことを言います。…

  7. dog-72333_1280

    犬にぶどうは絶対に食べさせてはダメ!

    犬は甘いものが好きなせいか、果物も好んで食べる子も少なくありません。犬が食べても安全な果物も…

  8. animal-1834409_1280

    猫の目の仕組みと病気について

    猫の目の特徴と仕組み猫の目は、私達人間と比べて、顔に占める面積が非常に大きいのが特徴です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. dog-3814618_1920
  2. dog-1861839_1920
  3. DSCN0499
  4. a0790_000930
  5. KIMG1934 - コピー

Twitter でフォロー

PAGE TOP