menu

ペットの救急医療について

29 views

夜間や休日、急にペットが病気になったら?

夜中に、大切なペットの様子がおかしい!
怪我をしてしまった!異物を飲み込んでしまった!

でも、こんな時間にかかりつけの獣医さんはやっていない!

こんな時、あなたなら、どうしますか?

人間の場合は、救急対応の診療所へ駆け込むところですよね。

aid-1807541_640

実は、近年ではペットの救急医療センターや夜間病院も増えて来ているのをご存知でしょうか?

その中には、ペットの健康を守るために、個人の獣医師だけでなく、有志の獣医師達の共同出資によって経営されている所もあるのです。

救急に連れていく時は、どうしたらいいの?

実際にペットを救急で診察してもらいたい時には、普段かかりつけの獣医さんを受診する時とは、少し違った準備が必要です。

ペットの救急医療を受診する場合は、まずは電話で連絡をしましょう。

かかりつけの獣医さんとは違い、救急で受診する診療所には、そのペットに関する情報が何もないことがほとんどです。
そのため、大切なペットが安全で正確な診察や治療を受けるためには、飼い主からの情報を事前に伝えておくことがとても大切となります。

また、緊急性の高いペットを優先的に診察するという観点から、患者であるペットの情報を事前に受け取っておくことは、獣医師側にとっても大きな意味のあることなのです。

ペットと一緒に自宅を出る前か、連れていく途中でも良いので、必ず救急の診療所へは電話で連絡をしてから来院するようにしましょう。

cat-1370024_1280

そして救急診療所に到着したら、受付に到着を知らせましょう。
獣医師が「トリアージ(緊急度判定)」を行います。

その結果によっては、緊急度のより高いペットを優先的に診察することがあります。
診察を受ける順番が前後する場合もあります。

kitten-569873_1280

無事に診察が終わった後、診察の結果と、検査、入院など、必要な治療の説明が獣医師からあります。
検査結果や報告書を渡される場合もあるので、かかりつけの動物病院を受診する際に必ず持っていくようにしましょう。

救急診療所を受診する際に持参する物と、注意点

ペットの救急診療を受診する際には、クレジットカードか、多めの現金を持参することをお勧めします。

money-1428594_1280

救急診療の場合は、一般の動物病院を受診する場合と比べ、診療費が割高になることがほとんどです。
ペットの急病の原因が不明な場合は、検査だけで数万円以上かかることも、決して少なくありません。

そして、診察当日の支払いが原則となります。

かなり痛い出費となることは間違いありませんが、筆者の場合も「大切なペットの命と安全には代えられない」と言ったところでした。

その他に持参した方が良い物は、

●便・尿・吐瀉物など、診察の参考になりそうな物
●ペット健康保険に入っている場合は、保険証書
●服用中の薬(あれば)
●最新の血液や尿の検査の結果(あれば)
●誤飲の場合、飲み込んだ物と同じ物

などがあります。

これ以外にも、電話連絡の際にスタッフから持参する物を指示された場合は、それを持って行くようにしましょう。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
Nona

Nona

私立大学文学部日本文学科を卒業後、バレエ講師、ダンサー、美術モデルなどとして活動。 2012年よりライターとして活動を開始。 現在は自身の立ち上げた出張型バレエスクール「M Ballet Art」の代表・主任講師を務める傍ら、日本の文化・ペット情報・バレエ・演劇・インターネットなどのコラム連載、バレエやスポーツの練習方法の解説の執筆など、幅広く活動中。

20140610yウサギが主役!世界の名作「ピーターラビットのおはなしシリーズ」

cat-1370024_1280低血糖症と、その対処法

関連記事

  1. cat-1461908_1280

    猫の甲状腺機能亢進症について、知っていますか?

    甲状腺ホルモンとは?甲状腺ホルモンとは、猫の喉のあたりにある「甲状腺」という器官から分泌されるホ…

  2. dog-1674395_1280

    猫は他の動物と仲良くなれるの?同居は可能?

    猫と他のペットの「友情?」TVやSNSなどで、猫と他のペットが仲良くしている様子が紹介されている…

  3. Jennifer C.

    猫の爪とぎは絶対に必要! 最適な爪とぎを用意しよう

    猫は爪とぎをする動物です。飼い主さんとしては困ったなと思うこともあるかもしれませんが、爪をと…

  4. dog-709328_1280

    ワンちゃん用の歩数計が登場!「わん歩計」

    犬にも「メタボ」が増加中?近年、ペットの間でも肥満が問題となっています。TVのペット番組など…

  5. cat-1718998_1280

    猫ニキビの原因と対処法

    よく見かける猫ニキビはあごの下にできている黒いポツポツ。汚れように見えますが、実は皮膚炎なの…

  6. dog-3071334_1280

    知っておこう ペットが持っている人にも有害な菌①

    犬や猫のかかる病気と人がかかる病気は異なることが多いのですが、同じように感染してしまう病気もあります…

  7. image

    猫好きによる猫の好きなパーツトップ5♪

    猫好きが集まるとよくそういった話になることが多いのですが、上位にランクインするパーツを紹介したいと思…

  8. 8b731a95dc1084234d923b2dd5ff4520

    今年は戌年♪Eテレ0655の今年の干支ソング「ポチが通ります〜」…

    今年の主役は犬の「ポチ」これまでもNHK・Eテレの人気番組「0655」「2355」の中では、動物…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. DSCN0846
  2. dog-1378087_1280
  3. cuckoo-995222_1920
  4. cat-1046544_1280
  5. panda-1236875_1920

Twitter でフォロー

PAGE TOP