menu

ペットの救急医療について

32 views

夜間や休日、急にペットが病気になったら?

夜中に、大切なペットの様子がおかしい!
怪我をしてしまった!異物を飲み込んでしまった!

でも、こんな時間にかかりつけの獣医さんはやっていない!

こんな時、あなたなら、どうしますか?

人間の場合は、救急対応の診療所へ駆け込むところですよね。

aid-1807541_640

実は、近年ではペットの救急医療センターや夜間病院も増えて来ているのをご存知でしょうか?

その中には、ペットの健康を守るために、個人の獣医師だけでなく、有志の獣医師達の共同出資によって経営されている所もあるのです。

救急に連れていく時は、どうしたらいいの?

実際にペットを救急で診察してもらいたい時には、普段かかりつけの獣医さんを受診する時とは、少し違った準備が必要です。

ペットの救急医療を受診する場合は、まずは電話で連絡をしましょう。

かかりつけの獣医さんとは違い、救急で受診する診療所には、そのペットに関する情報が何もないことがほとんどです。
そのため、大切なペットが安全で正確な診察や治療を受けるためには、飼い主からの情報を事前に伝えておくことがとても大切となります。

また、緊急性の高いペットを優先的に診察するという観点から、患者であるペットの情報を事前に受け取っておくことは、獣医師側にとっても大きな意味のあることなのです。

ペットと一緒に自宅を出る前か、連れていく途中でも良いので、必ず救急の診療所へは電話で連絡をしてから来院するようにしましょう。

cat-1370024_1280

そして救急診療所に到着したら、受付に到着を知らせましょう。
獣医師が「トリアージ(緊急度判定)」を行います。

その結果によっては、緊急度のより高いペットを優先的に診察することがあります。
診察を受ける順番が前後する場合もあります。

kitten-569873_1280

無事に診察が終わった後、診察の結果と、検査、入院など、必要な治療の説明が獣医師からあります。
検査結果や報告書を渡される場合もあるので、かかりつけの動物病院を受診する際に必ず持っていくようにしましょう。

救急診療所を受診する際に持参する物と、注意点

ペットの救急診療を受診する際には、クレジットカードか、多めの現金を持参することをお勧めします。

money-1428594_1280

救急診療の場合は、一般の動物病院を受診する場合と比べ、診療費が割高になることがほとんどです。
ペットの急病の原因が不明な場合は、検査だけで数万円以上かかることも、決して少なくありません。

そして、診察当日の支払いが原則となります。

かなり痛い出費となることは間違いありませんが、筆者の場合も「大切なペットの命と安全には代えられない」と言ったところでした。

その他に持参した方が良い物は、

●便・尿・吐瀉物など、診察の参考になりそうな物
●ペット健康保険に入っている場合は、保険証書
●服用中の薬(あれば)
●最新の血液や尿の検査の結果(あれば)
●誤飲の場合、飲み込んだ物と同じ物

などがあります。

これ以外にも、電話連絡の際にスタッフから持参する物を指示された場合は、それを持って行くようにしましょう。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
Nona

Nona

私立大学文学部日本文学科を卒業後、バレエ講師、ダンサー、モデルなどとして活動。 2012年よりライターとして活動を開始。 現在はバレエ講師を務める傍ら、日本の文化・ペット情報・バレエ・演劇・インターネットなどのコラム連載、バレエやスポーツの練習方法の解説の執筆など、幅広く活動中。

20140610yウサギが主役!世界の名作「ピーターラビットのおはなしシリーズ」

cat-1370024_1280低血糖症と、その対処法

関連記事

  1. dog-1224267_1920

    フレンチブルドッグのかかりやすい病気

    今回はフレンチブルドッグの掛かりやすい病気についてご紹介します。知識を増やしてもしものと…

  2. huskies-1370230_1280

    バブル犬・シベリアンハスキーは本当に「バカ犬」なのか?

    シベリアンハスキーは「バカ」なの?シベリアンハスキーは、漫画の大ヒットの影響などもあり、いわゆる…

  3. catfood-492x360

    どうしたらいいの!?複数の持病を持つペットの療法食について

    複数の持病の食事療法とはペットの健康ブームの高まりを受けて、近年はペットの平均寿命も大幅に延びて…

  4. dog-709328_1280

    予防接種の重要性【犬編】

    犬の予防接種の重要性猫の予防接種の重要性についてはお伝えしましたが、犬の場合は猫以上に予防接種が…

  5. %e9%ad%9a%e6%a2%81%e7%80%ac%e6%a3%ae%e6%9e%97%e9%89%84%e9%81%93%e3%82%92%e5%bc%95%e3%81%8f%e7%8a%ac

    「昔からワンコは働き者!犬が動力の『犬車鉄道』」

    犬が引く鉄道!?私達は、通勤や通学で日常的に鉄道を利用します。「鉄道」というものの定義は…

  6. cat-2806957_1280

    猫もおならをする・注意する点は?

    実は猫もおならをします。猫のおならは音が出ることが少ないために気が付きにくいし、ほとんどしな…

  7. petc%e9%95%b7%e6%af%9b%e7%a7%8b%e7%94%b0%e7%8a%ac

    【日本の犬】その3「長毛秋田犬」

    秋田犬は「ハチ公」があまりにも有名なため、「短毛で、大きな柴犬のような外見の犬」という印象を持たれが…

  8. sunset-163479_640

    愛犬との夜の散歩のために気を付けるべきこと

    日が短くなってくると、夕方の夜の散歩は日が落ちてしまってから、ということにもなってきてしまいます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. Effect_20190515_121420
  2. tomcatDSC05027_TP_V
  3. dog-3814618_1920
  4. dog-1861839_1920
  5. DSCN0499

Twitter でフォロー

PAGE TOP