menu

猫にアロマ製品は危険!

257 views

アロマオイルは猫に危険だと知っている飼い主さんは多いでしょう。

アロマオイルそのものでなくても、精油が化粧品やシャンプー、柔軟剤など広く使われている場合があります。

猫を飼っている場合には成分に十分気を付ける必要があります。

 

アロマオイルとは

 

アロマオイルとは精油とも呼ばれ、アロマテラピーなどに使われます。

植物の花や葉などから抽出したオイルなのですが、精油1㎏を採取するのに5トンもの花が必要とされています。

つまりそれだけ濃縮された成分であり、自然界に存在するものが原料であっても使い方いかんによっては毒になってしまう場合もあります。

 

殺菌や鎮静効果などがあり、ヨーロッパでは古くから広く使われてきました。

しかし人間であっても使用法を間違えると害を及ぼすことがあり、イギリスでは精油を使った治療を施す場合は資格が必要です。

 

 

アロマオイルは猫に中毒を引き起こす

アロマオイルは成分がとても凝縮されていますから人間に使用するときでも数滴で十分です。

体の小さな猫にとっては1滴であってもかなりの量に相当することになります。

 

アロマオイルがペットに有害であることが分かったのは、アメリカでティートリーが含まれたシャンプーを使用した犬や猫が中毒症状を発症した事件きっかけでした。

すべてのアロマオイルがペットにとって危険であるかどうかははっきりとしていませんが、前述のティートリーやレモンなどの柑橘系、セージなどのケトン類、シナモンやオレガノなどのフェノール類などは、はっきりと猫に危険であることが分かっています。

ほかの種類についても安全だと言い切れるデータは、現在はありません。

 

猫にアロマが危険な理由

 

building-2602661_1920

猫にとってアロマが危険な理由は、猫の肝臓にはグルクロン酸という毒素を排出する物質がないからです。

人間や犬や雑食性があるので植物に対する解毒作用を持っていますが、本来は肉しか食べない肉食獣である猫にはこの仕組みがないと考えられています。

 

猫は解毒機能がないことを覚えておくことが大切です。

アロマ以外にも猫にとって危険とされる植物は多いです。

 

中毒症状

口や肌から吸収した場合は中毒症状が見られます。

・よだれを流す

・元気がなくなる

・おう吐

・筋肉振動

・発疹

・意識の混濁

 

死に至る場合もありますから、猫がアロマオイルに接触した可能性がある場合は獣医を早急に受診してください。

 

身の回りにアロマ製品はあふれている

 

最近は猫にアロマオイルは危険であるということが広く知られるようにはなってきました。

そのため、ペット用品には精油を配合してあるものは少なくなってきましたが、皆無ではありません。

また、人間用のものはアロマオイルが配合されているものはたくさんあります。

特に芳香剤や消臭スプレーなど猫が直接吸ってしまう、触れてしまうものは使用しないほうがいいでしょう。

 

まとめ

アロマオイルのすべてが危険であると断定されたわけではありませんが、猫の体の構造を考えるとアロマと名前が付くものは猫と暮らすうえでは使用しない様にするのが無難でしょう。

人間にとっては無害もしくは有効なものでも、犬や猫にとっては危険なものがあるということを心に留めておくといいですね。

 

 

 

 

 


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
響

動物保護ボランティアをしています。

playing-1668528_1920猫の脳を刺激する知的ゲーム5選

cat food猫のためにはドライフードとウェットフード どちらがいい?

関連記事

  1. image

    一人暮らしに向いている猫TOP5!

    最近一人暮らしで猫を飼う方が増えてきています。しかし、実際に一人暮らしにはどのような猫が向いているか…

  2. cat-1370024_1280

    低血糖症と、その対処法

    低血糖症についてペットも人間と同じように、糖尿病を患った場合は獣医師の指示のもと、インスリンを注…

  3. bengal-2476933_1920

    猫カリシウィルス感染症(FCI)とは

    目やにや鼻水などの症状が出やすく、猫風邪といわれる一種です。カリシウィルスに感染することによ…

  4. ALTUS AIR FORCE BASE, Okla. – Dr. Joe Freeman, Western Prairie veterinarian, and Capt. Erin Pittman, Fort Sill veterinarian, hold down a cat while giving it a shot at the base Animal Clinic, April 24. The clinic provides performs routine check-ups for military family pets and 97th Security Forces Squadron military working dogs to check for common health problems and shot currency. (U.S. Air Force Photo by Airman 1st Class Levin Boland / Released)

    猫用インターフェロン(インターキャット)とは?効果・副作用

    猫を飼っていて、調子が悪くなった場合に病院へ行くとインターフェロンを注射されたという経験をお持ちの飼…

  5. ネイルシール

    カワ(・∀・)イイ!!動物ネイル

    人気上昇中!動物がお爪の中に・・・大人気ローラちゃん♡ローラちゃ…

  6. cat-2143332_1280

    猫にも血液型がある?性格に関係はある?

    猫にも人間と同じように血液型があります。日本人は血液型による性格の関連付けが好きですが、これ…

  7. shelter-cat-2754333_1280

    猫にケージは必要?使用する際の注意点

    猫用のケージはたくさん販売されていますが、猫にケージは必要なのでしょうか?ケージを使用する際…

  8. cat-1199259_1280

    猫の飲み水の適量は?

    猫のおしっこの状態を観察することは、猫の健康チェックのためにとても大切ですね。猫のおしっこが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. DSCN0846
  2. dog-1378087_1280
  3. cuckoo-995222_1920
  4. cat-1046544_1280
  5. panda-1236875_1920

Twitter でフォロー

PAGE TOP