menu

尿路結石の摘出手術後の猫のケアと注意点

941 views

病気ばかりだった我が家の猫

我が家の猫は、2017年12月27日に、めでたく15歳の誕生日を迎えました。
人間の年齢に換算すると75歳くらいと、すっかり高齢者の仲間入りを果たした彼ですが、6歳〜10歳頃は腎機能障害、糖尿病、尿路結石と病気ばかりでした。

「病気で青春を謳歌できなかった分、健康を取り戻した今こそ充実した猫生を!」
と愛猫が思っているのかどうかは分かりませんが、現在は元気に走り回り、人間をこき使い、いたずら三昧の毎日を送っています。

DSCN0062 - コピー

さて、そんな我が家の猫は10歳前後の頃、尿路結石のために入院・手術を経験しています。
大切な猫の去勢手術以外で初めての手術は、飼い主にとっても非常に不安なものでした。

 

尿路結石の種類によっては、手術適応に

膀胱炎を繰り返していた我が家の猫は、精密検査の結果、膀胱に溜まっている結石を手術で摘出することになりました。

猫の尿路結石の原因となる成分には、「ストルバイト」「シュウ酸カルシウム」の2種類があります。
「ストルバイト」による結石は1歳〜6歳程度の比較的若い猫にできやすく、食事療法で溶解して改善することもあるのですが、高齢猫に多い「シュウ酸カルシウム」による結石ができてしまった場合はそれができないため、手術で取り出すことになるのです。

シュウ酸カルシウムの結晶はトゲトゲしていて、まるで金平糖のような形状をしています。
そのため、猫は頻繁にトイレに行き、そのたびに痛がり、放置するのはあまりにもかわいそうな状態でした。

 

手術前日〜当日朝は、心を鬼にして「絶食」させます!

尿路結石の摘出手術は3日程度入院させて、全身麻酔下で行われます。
手術前日は夜9時以降食事禁止、手術当日は朝から食事抜き・水分のみ摂取可でした。

と言っても、猫にはその意味が分かりませんから、飼い主は少々心を鬼にすることが必要です。

cat-184620_1280

「お腹空いたー!」「どうしてご飯をくれないの!?」
と訴える猫を
「ごめんね。今晩はお水だけで我慢してね。」
となだめるのも、大切な猫のためです。

 

術後の注意点

猫のお腹は毛に覆われているため、手術の前には獣医師がお腹の毛を剃ります。

手術の傷は約10cm程度ですが、身体の小さな猫にとってはかなり大きな傷です。
退院後は獣医師の指示に従い、定期的に手術の傷の経過を見てもらいましょう。

我が家の猫の場合、術後は3日前後で退院できました。
退院後は、猫が傷を自分で舐めないよう、エリザベスカラーを着用して生活させましょう。
エリザベスカラーを着け慣れていない猫の場合、視界が悪くて家の中でカラーをあちこちにぶつけて大変そうですが、そこは我慢してもらいましょう。

KIMG3441

そして尿路結石の手術後は、血尿と頻尿がしばらくの間続きます。
筆者は最初にこれを見て、担当獣医師に電話をしてしまったくらい驚きましたが、退院から4〜5日もすれば血尿も頻尿も止まり通常の尿に戻りますので、ご安心を。

あとは獣医師の指示に従い、定期的な診察と尿検査を続けましょう。
そして結石を摘出した後も、自宅での食事療法と体重管理(肥満も尿路結石の原因となります)を徹底させましょう。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
Nona

Nona

私立大学文学部日本文学科を卒業後、バレエ講師、ダンサー、美術モデルなどとして活動。 2012年よりライターとして活動を開始。 現在は自身の立ち上げた出張型バレエスクール「M Ballet Art」の代表・主任講師を務める傍ら、日本の文化・ペット情報・バレエ・演劇・インターネットなどのコラム連載、バレエやスポーツの練習方法の解説の執筆など、幅広く活動中。

8b731a95dc1084234d923b2dd5ff4520今年は戌年♪Eテレ0655の今年の干支ソング「ポチが通ります〜」

cat-1511026_1280「坊主が屏風に上手に・・・」!?猫の絵が男の子の危機を救ったお話

関連記事

  1. cat-1675422_1280

    お酒を飲まないペットも要注意!ペットの肝臓病について

    ペットも肝臓病になります!その原因とは?肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、病気等に罹患していてもすぐ…

  2. CAT9V9A9145_TP_V

    毎日食っちゃ寝だけじゃないんです!猫も年齢とともに賢くなる!

    のん気な猫も、日々学ぶ猫と言えば、毎日のん気に「食っちゃ寝生活」を満喫しているように見えます。…

  3. cat-1046544_1280

    猫のトイレに染み付いたニオイ、気になりませんか?原因と解決方法は…

    「ペットのニオイ」については、多くのペット関係媒体で対策が紹介されています。しかし猫は、そもそも…

  4. sharpening-claws-325414_1280

    あなたの猫のお好みはどれ?猫が喜ぶ「爪とぎ器」

    猫に「爪とぎ」は必需品!「猫はなぜ爪をとぐ?」でもお伝えしましたが、猫にとって爪をとぐことは、本…

  5. New base veterinarian

    獣医との上手な付き合い方②

    獣医も人間なので得意不得意もあれば、ときには間違うこともあります。獣医との上手な付き合い方を…

  6. koharubiyori25

    嫁姑問題より深刻!?猫の「2匹目」を迎える時の注意点

    猫の複数飼いは、組み合わせが大切猫の仲間は、ライオンなどの一部の種類を除くと、多くが単独生活を送…

  7. dog-1378087_1280

    こんな方法もあった!猫や犬のフードの療法食への切り替え方

    どうする!?処方食への切り替え人間の場合もそうですが、体調管理の基本は薬を使った治療以上に、食事…

  8. affair-1238428_1920

    猫にとっての大きな環境変化「飼い主の結婚」~我が家の場合~

    猫は意外と人を見ている!筆者の結婚と我が家の猫見た目は「大柄で堂々として、貫禄がある」と言われる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. KIMG2665
  2. kyoto-1248446_1920
  3. affair-1238428_1920
  4. a1320_000129
  5. cat-2772203_1920

Twitter でフォロー

PAGE TOP