menu

猫の健康を守るために年に1度はワクチンを!

54 views

猫ブームで猫をペットにされる人が多くなりましたね。

犬に任意のワクチン注射があることを知っている方は多いですが、猫にもあることをご存知の方はまだまだ少ないのではないでしょうか。

猫の命と健康を守るために年に一度、ワクチンを接種しましょう。

cat-1192026_1920

ワクチンとは

ワクチンとは病気を引き起こす菌やウイルスの毒性を無くしたり、もしくは弱めたりしたものがはいっている注射液です。

菌やウイルスが体内に入ると抗体が作られ、病気に対抗します。

あらかじめワクチンを打って、抗体を作っておくことで本当の病原菌が体に入ってきたときに発病する前に病原菌を破壊できるのです。

人間も様々なワクチンをあらかじめ接種することで、病気を防ぎますよね。

猫も同じことができるのです。

 

完全室内飼育でもワクチンは必須

室内飼育をしていればワクチンは必要ないのでは?と考える方もいるようですが、室内飼育であってもワクチン接種は必要です。

なぜなら、猫は外に出なくても、人間が病原菌を持ち帰ってしまうからです。

感染力と生命力が強い菌やウイルスは人間の靴や服、皮膚などにくっついて家の中の入り込んでしまうこともあります。

そのため、猫の体調が良いときを見計らって年に一度ワクチンを接種してあげましょう。

 

ただし、健康状態が思わしくないときは病原菌を体に入れる行為は命取りになることもありますから注意してください。

心配なときは獣医に相談しましょう。

kitten-569956_1920

ワクチンでしか防げない病気がある

ワクチンの中に入っている病原菌は発病すると治療法がないものもあり、ワクチン接種することでしか防げない病気もあるのです。

ほとんどは猫にしか感染しませんが、猫にとっては命取りです。

 

ワクチンで防ぐことができる病気

猫汎白血球減少症

別名「パルボウィルス感染症」。

パルボウィルスに感染した猫が発症すると、ほぼ致死率100%の恐ろしい病気です。

非常に感染力が強くウイルスは1年近く生き続けることができると言われており、1匹の猫が感染するとその地域の猫が全滅するとまで言われています。

発熱、激しい下痢、嘔吐などの症状があり根本的な治療法はありません。

猫は非常に苦しんで亡くなります。

 

猫カリシウィルス感染症

俗に言われる猫風邪の一種です。

猫風邪の症状、目やに、涙、くしゃみ、鼻水などの症状が見られます。

重症化すると命にかかわり、特に子猫にとってはかなり危険な病気です。

 

猫ウイルス性鼻気管炎

猫風邪の一種で猫ヘルペスウイルスに感染して起こる病気です。

くしゃみ、鼻水、発熱、目やになどの猫風邪症状が見られます。

悪化すると呼吸困難や肺炎になったりし、命に関わることもあります。

 

猫クラミジア感染症

猫風邪の1つでクラミジア病原体に感染することで発症します。

結膜炎の症状が強く出るのが特徴で、くしゃみ、鼻水、咳、目やになどの症状が現れます。

クラミジアは人間にも感染することがありますが、比較的治療が簡単です。

ただし、抗生物質を2週間以上飲み続けて病原体をきっちり退治することが必要です。

 

猫白血病ウイルス感染症

猫にしか感染しませんがリンパ腫、貧血、下痢、発熱、口内炎などの重い症状が見られます。

治療法はなく発症すればほぼ100%の致死率です。

主に唾液やケンカのかみ傷から感染するとされていますから、まずは室内飼育をすることです。

まれに母子感染によって感染することもあります。

ワクチンはありますが100%の効き目ではないと言われています。

猫免疫不全ウイルス感染症

通称「猫エイズ」と呼ばれる病気です。

主に喧嘩などのかみ傷から血液感染するとされています。

エイズに感染しても発症せずに天寿を全うする猫もいますが、発症すれば免疫が低下し、口内炎、下痢、嘔吐、悪性腫瘍などを患い死に至ります。

この病気も治療法はありません。

そのため、まずは室内飼育を徹底することが大切。

ワクチンはありますが、エイズにはA~Dまでの型があり全く効かない場合もあります。

 

室内飼育なら最低限3種のワクチンを

 

cat-2224459_1920

完全室内飼育であれば感染した猫との接触は避けることができます。

感染力が強く室内飼育でも感染する可能性のある猫汎白血球減少症、猫カリシウィルス感染症、猫ウイルス性鼻気管炎の3種類が入ったワクチンを最低接種するといいですね。

室内飼育とワクチン接種でかなりの病気を防ぐことができます。

 

 


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
響

動物保護ボランティアをしています。

cat-1368219_1920猫を室内飼育した方がいい理由:猫と楽しく暮らすために

4b3ad7d5ebf9625b0fc3550afe906e0f_m「猫は世話がラク」は本当?

関連記事

  1. TS3R0008

    あなたの隣のかわいいあの猫(こ)~にゃんこスナップ~

    「ウチの子が一番!」飼い主さんなら、誰もがそう思っていますよね。でも、出掛けた先の街で出…

  2. friend-2185812_1920

    動物の医療費を節約する6つの方法

    動物病院の医療費はかなり高額になります。人間とほぼ同じ設備が必要ですし、日本では人間は国民健…

  3. shelter-cat-2754333_1280

    猫にケージは必要?使用する際の注意点

    猫用のケージはたくさん販売されていますが、猫にケージは必要なのでしょうか?ケージを使用する際…

  4. DSX_World_Premior_RU-Don_Xuk's_Login_WOW_(14037189016)

    ドンスコイ~ロシアの神秘的な「ハダカ猫」

    ドンスコイの特徴「ドンスコイ」は、別名「ドンスフィンクス」または「ドン・ヘアレス」とも呼ばれます…

  5. cat-1843241_1280

    「猫又」って何?何歳からなるの?

    「猫又」とは?皆さん、猫が長生きをすると「猫又」という妖怪になるという伝説をご存知ですか?か…

  6. cat-1307332_1280

    猫の肥満が引き起こすリスク①

    デブ猫がかわいいとインターネットなどで話題になることもありますね。たしかにどっしりとしてぷく…

  7. Effect_20180712_135300

    どちらもバーミーズのミックス!バーミラーとトンキニーズの違いとは…

    2種類の「バーミーズのミックス猫」こちらのコラムにも何度か登場している、筆者の愛猫・ベンジャミン…

  8. cat-2719821_1920

    猫のヘルペス(ウイルス性鼻気管炎)とは

    俗に猫風邪といわれる症状を発症し、ヘルペスウイルスを原因とする病気です。症状や予防法などをご…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. DSCN0846
  2. dog-1378087_1280
  3. cuckoo-995222_1920
  4. cat-1046544_1280
  5. panda-1236875_1920

Twitter でフォロー

PAGE TOP