menu

ワンちゃんの炎天下でのお散歩は危険!夏の散歩の注意点とは?

47 views

道路のアスファルト、真夏の日中はなんと60℃に!

皆さん、真夏の日中の炎天下で、道路を舗装するアスファルトの温度がどのくらいになるか、ご存知ですか?
答えは、なんと60℃!

NPO法人「ペット里親会」からは、このようなポスターがリリースされています。

11-34

22-27
(画像出典:NPO法人「ペット里親会」)

そう、夏場は人間たちにとっては海に山に花火にと楽しいイベントが盛り沢山の季節ですが、ワンちゃんに欠かせない日々のお散歩には、注意が必要な季節なのです。

真夏の愛犬のお散歩では、どんなことに注意したらよいのでしょうか?

 

特に注意が必要なのは、肉球の火傷

夏の炎天下でのお散歩で最近増えているのが、ワンちゃんの足の裏の肉球の火傷です。
温度が60℃を超える真夏の路上でも、靴を履いている人間にはそれほど大きな影響はありません。

では、試しにそんな炎天下の路上を裸足で歩いてみてください。
その熱さがどれほどのものかお分かり頂けるでしょう。

そしてワンちゃんは、基本的にはいつも裸足なのです。

最近では、ペットショップなどで犬用の靴が販売されています。
小型犬用から大型犬用までサイズを取り揃えてあるのは、ありがたいことです。

しかし基本的にワンちゃんのお散歩は、まだ涼しい早朝か、気温が下がって地面も冷える夕方に連れて行ってあげるようにしましょう。

 

熱中症にも注意が必要です!

ワンちゃんの炎天下のお散歩では熱中症も心配です。

真夏の路上の温度が60℃に達するということは、人間より身体が小さく、しかも地面から近いところを歩いている犬は、その高温によって人間の何倍も影響を受けるということです。

その結果、熱中症のリスクも人間の何倍にもなるのです。

筆者は以前、路上でチラシ配りのアルバイトをしていたことがあります。
真夏の炎天下でも休憩は自由には取れず、場所は多くの人が集まるアスファルトの路上のもっとも暑い場所のため、軽い熱中症にはしょっちゅうなっていました。
実際に熱中症で倒れて搬送される同僚もよく見かけました。

そんなことが愛犬の身に起こったら…
そういった危険を少なくするためにも、ワンちゃんのお散歩には涼しい時間を選んで連れて行くことが大切なのです。

また、散歩中の水分補給も忘れないようにしましょう。

dog-709328_1280

もちろん、飼い主にとっても真夏の炎天下でのお散歩は、熱中症のリスクが高く危険です。
最悪の場合、飼い主もワンちゃんも揃って熱中症で倒れて搬送・・・なんてこともあり得ます。

最近は筆者の自宅付近でも、そんな暑い時間に犬を散歩させる飼い主は、あまり見かけなくなりました。
ワンちゃんも飼い主も健康管理には充分に気をつけて、楽しく夏を乗り切りたいものですね。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
Nona

Nona

私立大学文学部日本文学科を卒業後、バレエ講師、ダンサー、モデルなどとして活動。 2012年よりライターとして活動を開始。 現在はバレエ講師を務める傍ら、日本の文化・ペット情報・バレエ・演劇・インターネットなどのコラム連載、バレエやスポーツの練習方法の解説の執筆など、幅広く活動中。

Effect_20180712_135300どちらもバーミーズのミックス!バーミラーとトンキニーズの違いとは?

lion-565820_1920一体いくらするの!?大きなネコ・ライオンのお値段

関連記事

  1. catfood-492x360

    どうしたらいいの!?複数の持病を持つペットの療法食について

    複数の持病の食事療法とはペットの健康ブームの高まりを受けて、近年はペットの平均寿命も大幅に延びて…

  2. woman-674977_1280

    危険です!ペットに食べさせてはいけない意外な食品

    ペットの健康志向も高まってきている昨今、ペットに食べさせてはいけない食品についても、かなり認識が広が…

  3. cigarette-110849_1280

    ペットにタバコを吸わせてはいけない理由〜副流煙のペットに対する影…

    タバコが元になった猫種もいますが…「ハバナブラウン」という猫がいます。出典:http…

  4. dog-1023013_1280

    犬にアロマオイルを使用しても大丈夫?

    日本でもアロマオイルは広く使われるようになりました。人間には有効なものですが、ペットたちにと…

  5. guri1

    どうしたの?!愛犬のブヒブヒ鳴きは”逆くしゃみ”が原因かも・・・…

    愛犬が突然「ブヒブヒ」「ガーガー」と苦しそうな声を出して、発作のような症状を起こしたことはありません…

  6. 13658632_1016251625155984_703720338_n

    どんな事考えてるのかな?犬の感情は耳の動きで分かる

    しっぽの動きは、犬の感情を読み取るうえで、最も分かりやすい動作の一つとして知られています。「しっぽを…

  7. friend-2185812_1920

    動物の医療費を節約する6つの方法

    動物病院の医療費はかなり高額になります。人間とほぼ同じ設備が必要ですし、日本では人間は国民健…

  8. original

    トイプードルがかかりやすい病気

    今回は、トイプードルのかかりやすい病気と予防法についてご紹介します。犬種別でかかりやすい病気…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. KIMG3249 - コピー
  2. a0002_009475
  3. a0002_009475
  4. Effect_20190515_121420
  5. tomcatDSC05027_TP_V

Twitter でフォロー

PAGE TOP