menu

猫がウール素材を食べてしまうとお困りの方へ

17 views

なぜウール素材の毛布や靴下を食べるの!?猫の謎の行動

皆さんは、愛猫がタオルやセーター・靴下などのウール製品に吸い付いたり、食べてしまったりして困ったことはありませんか?

筆者の親戚の家で以前飼われていた猫は、まさにこの奇妙な癖があり、飼い主をよく悩ませていました。

kitten-227009_1280

不思議なことに、そういった猫が食べるのはウール100%の素材のみで、化学繊維はちゃんと見分けて食べようとしません。

そもそもなぜ猫は、ウール素材を食べてしまうのでしょうか?
そして、やめさせるにはどうしたら良いのでしょうか?

ウールを食べるのは、母親恋しさから

猫がタオルやセーターなどのウール製品にチュパチュパと吸い付いたり、食べてしまったりする謎の行動は「ウールサッキング」と呼ばれています。

この行動の原因は、早くに母猫から離されすぎたり、離乳が早すぎたりすることと言われています。

IMG_8340

筆者の親戚の家にいた猫も、まだへその緒の付いた新生児の頃、ゴミと一緒に捨てられていたところを保護されました。
ですから、母猫から早く離され過ぎていたことは確かでした。

飼い主や他の猫などに「ふみふみ」をするのも、同じ理由からです。
中には子猫時代の我が家の猫のように、自分の肉球をチュパチュパとしゃぶる猫もいます。

またシャムやバーミーズなどの特定の品種の猫に多く見られるという意見もあることから、遺伝もある程度影響を与えているものと思われます。

cat-882049_1920

やめさせるには?

とは言っても、布製品を食べるなんて健康への影響も気になるし、やめさせたいと思っている飼い主さんも多いですよね?

しかし獣医さんに相談しても、ウールサッキングの効果的な治療法というのは残念ながらないようです。

筆者の親戚の家の猫も、ウールを食べる癖は結局一生直ることはありませんでした。
そこで 親戚の家の人達は、ウール製品を猫の手の届く範囲に放置しないなど、日常生活の中で徹底的に注意していたようです。

一方、自分の肉球をチュパチュパとしゃぶる癖のあった我が家の猫ベンジャミンは、成猫になるくらいからは全くこの「指しゃぶり」をしなくなりました。

我が家の猫の場合は、猫にとって家族の中で「母親の役割」となっている人(我が家では筆者の母親)の猫への接し方がポイントとなりました。

筆者の母親はよく、子猫だったベンジャミンを人間の赤ちゃんのように抱っこして、「良い子だね~」とあやしていました。

そのためか、我が家の猫は15歳を過ぎた現在でも抱っこが大好きな甘えん坊のままですが、指しゃぶりやウールサッキングなどの行動は全くありません。

母猫の愛情を知らずに育った猫が求めているのは母親なので、これはとても大切なこと。

DSC_0894

愛猫がウールの衣類をしゃぶっているのを見つけたら、絶対に「ダメ!」と叩いて叱ってはいけません。
そんなときは衣類から猫を離した後に、猫を撫でたり優しく話しかけたりしてあげましょう。

そして、子猫のときに親猫から狩りを教えてもらっている猫はウールサッキングのような異食行動を発症する確率が低いとされていることから、猫の狩猟本能を満たせるようなおもちゃで遊んであげることも大切です。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
Nona

Nona

私立大学文学部日本文学科を卒業後、バレエ講師、ダンサー、美術モデルなどとして活動。 2012年よりライターとして活動を開始。 現在は自身の立ち上げた出張型バレエスクール「M Ballet Art」の代表・主任講師を務める傍ら、日本の文化・ペット情報・バレエ・演劇・インターネットなどのコラム連載、バレエやスポーツの練習方法の解説の執筆など、幅広く活動中。

Effect_20180712_135350猫のための「美尻クッションの新しい使い方講座」!?

Effect_20180712_135300どちらもバーミーズのミックス!バーミラーとトンキニーズの違いとは?

関連記事

  1. ALTUS AIR FORCE BASE, Okla. – Dr. Joe Freeman, Western Prairie veterinarian, and Capt. Erin Pittman, Fort Sill veterinarian, hold down a cat while giving it a shot at the base Animal Clinic, April 24. The clinic provides performs routine check-ups for military family pets and 97th Security Forces Squadron military working dogs to check for common health problems and shot currency. (U.S. Air Force Photo by Airman 1st Class Levin Boland / Released)

    猫用インターフェロン(インターキャット)とは?効果・副作用

    猫を飼っていて、調子が悪くなった場合に病院へ行くとインターフェロンを注射されたという経験をお持ちの飼…

  2. cat-color

    意外と知らない猫の模様の種類!

    家猫でも野良猫でも本当に色んな猫ちゃん達がいますが気づけばあの子とあの子の柄は似てるけどもな…

  3. IMG_9811

    移り変わる猫の目の色の不思議

    ■生まれたての猫の目はみな同じ!?猫は、生まれて2カ月ほどの間は『キトンブルー』という子猫特有の…

  4. IMG_9984

    猫同士の喧嘩の境界線とは!?

    ■勃発する喧嘩の境界線猫は、本来単独行動を好む動物ですが、気分次第で相手となる対象が居る場合、じ…

  5. IMG_8340

    犬や猫、鳥まで!ペット供養を行っているお寺・両国の回向院

    最近のペット供養事情近年、ペットの寿命は飛躍的に延びてきています。それでも、ペットは人間の何…

  6. 健康診断チケット

    ペットの健康診断をもっと身近に!

    ワクチン接種などで動物病院へ行く機会は、ある程度あるかと思います。高齢の動物を見ている獣医さんの場合…

  7. dscn0846

    ワンちゃんもびっくり!リードを付けて外をお散歩する猫について

    お散歩する猫筆者の近所に、犬と同じようにリードを付けられ、飼い主と散歩をする猫がいます。本人…

  8. ST320007

    バーミラーについて

    「バーミラー」という猫をご存知でしょうか。おそらく、日本ではあまり耳にしたことのない方が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. dog-709328_1280
  2. Effect_20180712_135300
  3. kitten-227009_1280
  4. Effect_20180712_135350
  5. cat-806210_1280

Twitter でフォロー

PAGE TOP