menu

猫を自由に家から出してあげないのはかわいそう?気になる意見の真相は?

46 views

筆者の幼少時の体験

筆者は子供のころから、自宅で様々な生き物を飼育していました。

その中にはカタツムリやテントウムシ、カブトムシなどの昆虫から、金魚やメダカ、ドジョウなどの魚、更には現在も大好きな猫もいました。

そんな筆者に、近所に住んでいた上級生の女の子が、こんなことを言いました。

「生き物を家の中に閉じ込めておくなんて、かわいそうだと思わないの!?自由にしてあげるべき!あなたが家の中だけに監禁されたら、どうよ!!」

その子はそう言って、私が大切にしていた生き物を外へ捨ててしまったことも何度かありました。
(今なら「いじめ」として問題になっていても不思議はありませんね)

tomcatDSC05027_TP_V

さて、このロジックでいくと、猫も自宅の中だけに「閉じ込めて」飼育するのは「かわいそう」で「自由にしてあげるのが正しいのだ」ということになります。

猫の立場に立ってみた場合、本当のところはどうなのでしょうか?

 

猫を「自由に」外へ出すことの問題点

「猫は自由気ままだから、外に散歩やパトロールに出掛けていって、お腹が空いたら帰ってくるのが当たり前」
「猫を家の中だけの閉じ込めるなんて、残酷でかわいそう」

昔なら、猫の飼い方としてはそれが普通とされていました。

しかし、あくまでそれは「昔は」という話。

現代の日本は、環境が大きく変わりました。
猫にとって外(特に都会)は、のんびりと散歩や日向ぼっこをして気ままにくつろげる穏やかな場所ではなく、危険な場所となってきているのです。

まず、屋外は昔と比べ、車の走行量が増えています。
それに比例して、猫の交通事故も増加しています。

筆者が幼少時に一緒に暮らしていた猫の中の1匹も、夜間の道路を横断中に車に轢かれて亡くなっています。

animal-17430_1280

また縄張り意識の強い猫は、屋外で他の猫と喧嘩になることもよくあります。
元々野良猫として生きてきた猫と、家でのんびり生活していた猫には、力に差があることは当然です。
その上、猫同士の喧嘩による傷が化膿したり、敗血症を起こしたり、猫エイズや猫白血病などの恐ろしい感染症をもらってしまうことも少なくありません。

「猫の平均寿命は15歳程度」とよく言われてはいますが、これはあくまでも毎日のご飯や体調管理などが適切にされた場合。
きちんとご飯をもらえる場合でも、野良猫の寿命は平均で5年程度と言われています。

家の中と外を「自由に」行き来している猫の場合はもう少し長くなるかもしれませんが、それでも完全室内飼いの猫と比べると、不慮の事故や病気で亡くなってしまうリスクは上がってしまいます。

猫の習性

猫自身は、完全に室内だけで飼育されることについてどのように感じているのでしょうか?

実は筆者の上級生の主張とは裏腹に、猫は「家の中から出られないこと」を「閉じ込められて不幸」とは感じていないのです。

a0960_005536

猫はもともと、自分の縄張りの範囲内で生活する習性を持った動物です。
そのため室内に自分の生活に必要な物が揃い、飼い主である人間が要求をなんでも聞いてくれれば、室内だけの生活にまったく文句はないのです。

我が家の猫ベンジャミンも、16歳の現在まで1度も外へ出たことはありません。
しかし、人間を上手に使って(笑)満足な生活ができているためか、外へ出たがったことは1度もありません。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
カワモト野奈

カワモト野奈

私立大学文学部日本文学科を卒業後、バレエ講師、ダンサー、モデルなどとして活動。 2012年よりライターとして活動を開始。 現在はバレエ講師を務める傍ら、日本の文化・ペット情報・バレエ・演劇・インターネットなどのコラム連載、バレエやスポーツの練習方法の解説の執筆など、幅広く活動中。

dog-3814618_1920犬や猫に洋服は必要なの!?ペットに服を着せるメリットとデメリットとは?

Effect_20190515_121420飼い主と半別居!?猫のベンジャミンの新生活

関連記事

  1. doctor-1015624_1280

    猫の応急処置法について

    人間が急な怪我や心停止などを起こした際の応急処置は、非常に重要視されています。救急車が来るまでの…

  2. dscn0398-%e5%b0%8f%e5%9e%8b%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

    猫を飼育するのに必要な物って?

    我が家へ猫がやってくることになりました。初めての猫との生活にわくわくする半面、可愛い愛猫のた…

  3. animals-2222007_1920 - コピー

    うちの猫のかかと、ハゲてる!?ちょっと心配な原因と対処法は?

    いつものように愛猫とたわむれていて、ふと猫のかかとの部分の毛が薄くなったり、ハゲていたりするのに気付…

  4. cat-1285634_1920

    愛猫の片目からだけ目やにや涙が!考えられる原因とは?

    「うちの猫、いつも通り元気なんだけど、よく見たらいつもより目やにが多いみたい」飼い主さんとしては…

  5. cat-806211_1280

    ターキッシュ・アンゴラと、にせの英国種~複雑な歴史のある美猫

    ターキッシュ・アンゴラは、その名の通りトルコが原産の猫種です。最も古い歴史を持つ猫の1つで、トル…

  6. image

    猫好きによる猫の好きなパーツトップ5♪

    猫好きが集まるとよくそういった話になることが多いのですが、上位にランクインするパーツを紹介したいと思…

  7. dog-1861839_1920

    犬や猫と赤ちゃんの同居の心配、解決します!【その2:抜け毛・寄生…

    赤ちゃんが生まれることになった飼い主さんが、今後もペットと暮らす上で心配するのは、主に次のようなこと…

  8. paws-340071_1280

    猫が「ふみふみ」する6つの理由

    猫がリズミカルに前足動かして足踏みする行動「ふみふみ」。飼い主のお腹の上やひざの上でしたり、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. kitten-1285341_1920
  2. SnekoDSC03607_TP_V
  3. DSCN0846
  4. 75039021_2473692642912124_2100108625421795328_n
  5. TS3D0055

ペット専門インフルエンサーサービス

フォロワー300人からOK!ペットの「好き」が仕事になる

Twitter でフォロー

PAGE TOP