愛猫介護日記(その7)~愛猫が亡くなった日

点滴も薬も受け付けないように

筆者の愛猫・ベンジャミンは、その後だんだんと食欲が落ち、固形物が食べられなくなっていきました。
また横になって過ごす時間が増えたため、寝たままでペースト状のおやつや流動食を食べさせ、水をスポイトで飲ませるようになりました。

ある晩、やせ細ったベンジャミンにいつものように点滴を始めると、ベンジャミンが咳き込むようなくしゃみをするような、苦しそうな様子を見せました。
いつもはスムーズにできていた点滴も、この日はうまく入っていきません。

pet_tenteki_cat

「もしかしたら、食事ができないのに点滴だけ打たれることが身体の負担になって苦しいのかもしれない…」
そう思った筆者は、翌朝かかりつけの獣医師に相談して指示を仰ぎ、点滴の量を減らすことにしました。

この頃になると、発作止めや下剤などの飲み薬を飲ませることも難しくなっていたため、飼い主としてできることは体温低下を防ぐために毛布などをかけ、定期的にスポイトで水を飲ませ、そしてオムツを交換してあげることしかありませんでした。

ベンジャミンが歩いた!?

いよいよ、愛猫とのお別れの日が近いのかも知れない…。
そんな悲しい気持ちでいっぱいになっていたある日、ベンジャミンは小さな奇跡を起こしてくれました。

寝たきりになっていたベンジャミンが、なんと起き上がり、オムツを着けたままよろよろしながらも後ろ足を立てて廊下を歩いたのです。

KIMG1099 - コピー

廊下の端から端まで歩いて移動したベンジャミンは、立ち止まって座ると画像のように筆者の方へ振り返り
「どう?ボクまだ歩けるんだよ!」
とでも言いたげな「ドヤ顔」を決め込みました。

元気だった頃にベンジャミンが散々見せつけてくれた、あのドヤ顔でした。

「まだそれだけ元気があるんだね。まだ大丈夫だね!」
そう思った筆者でしたが、愛猫が歩く姿を見たのは、これが最後となりました。

一説には、猫は死期が近付くと、飼い主の前で元気だった頃のように振る舞い、回復したかのように見せることがあるといいます。
それを見た多くの飼い主は、筆者と同じように愛猫の回復を喜びますが、それからほどなくして亡くなってしまうことも多いのだとか。

ベンジャミンも、筆者が彼の容態をいつも心配していたことを感じ取り、筆者を喜ばせ安心させようと最後の力を振り絞ってくれたのかも知れません。

愛猫の死

2021年5月に入ると、ベンジャミンは次第に食事だけでなく、水も飲まなくなっていきました。
なんとか栄養を摂らせるために、それまで水を飲ませるために使っていたスポイトで、流動食を水に溶かしたものを飲ませようとしましたが、ほんの少ししか飲むことができません。

体温が下がらないように毛布をかけ、頭や身体をさすると、
「ニャ~…」
と細く弱々しい声で鳴きました。

それでも夜は、それまでと同じように大好きな筆者の母の布団にペットシーツを敷き、母の隣で眠っていました。

KIMG1173

5月7日の深夜2時頃、仕事のために部屋で起きていた筆者に、母が声をかけました。

「ベンジャミンの身体が冷たい…」

急いで母の部屋に駆けつけ、横になっているベンジャミンの胸のあたりに耳を当てると、いつもなら聴診器などなくてもはっきり聞こえていた心臓の音が全く聞こえなくなっていました。
愛猫の身体に触ってみると、既に死後硬直が始まっていることも分かりました。

何度も大病を患ってきた筆者の愛猫・ベンジャミンでしたが、最期は全く苦しむことなく、母の布団で眠ったまま亡くなりました。
18歳4ヵ月の、大往生でした。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
さわの唯

さわの唯

私立大学文学部日本文学科を卒業後、2012年よりライターとして活動を開始。 現在は日本の文化・ペット情報・バレエ・演劇・インターネットなどのコラム連載、バレエやスポーツの練習方法の解説の執筆など、幅広く活動中。

KIMG1120 - コピー愛猫介護日記(その6)~不安な介護の日々

marguerite-729510_1920愛猫介護日記(その8)~ペットの葬儀について

関連記事

  1. cat-2772203_1920

    触るとプニプニ気持ちいい♪猫の肉球の秘密

    グミにもなった、癒しのプニプニ「猫の肉球に癒される…♪」そんな愛猫家の方は、かなり多いのでし…

  2. untitled

    猫はコタツで丸くなる!?にゃんこのリアルな冬の過ごし方

    猫は寒い冬でも快適な場所を探す天才です。「猫はコタツで丸くなる♪」という童謡もあるように、コタツ…

  3. cat-1192026_1920

    猫の白血病ってどんな病気?

    白血病は人間にもありますが、猫の白血病とはどんな病気なのでしょうか。原因…

  4. toppu

    ニャンコがカップから脱走!?コーヒーと猫を愛する人に贈るほっこり…

    ニャンコがまったり!?たまらんARTこのキュートなイラストを描いたのは、ロシア人イラスト…

  5. c77abc7a7afa62bdd811a33cb0b10751_m

    猫カフェ営業時間の規制緩和

    猫カフェ営業時間が延びる?猫と触れ合える「猫カフェ」で猫を夜遅くまで働かせてよいかどうか論争とな…

  6. animals-2222007_1920 - コピー

    うちの猫のかかと、ハゲてる!?ちょっと心配な原因と対処法は?

    いつものように愛猫とたわむれていて、ふと猫のかかとの部分の毛が薄くなったり、ハゲていたりするのに気付…

  7. Church and Sig in a ball

    猫を多頭飼育するときに注意すべきポイント

    初めに猫が好きで、飼うことができる状況になってきたとき一匹だけではかわいそうと思い何匹か解体と思…

  8. 145-kayui-neko

    猫の抜け毛の意外な利用方法とは!?

    そろそろ猫は換毛期!大量の抜け毛、どうする!?肌寒さの残る季節が終わり、猫も人間も「衣替え」の季…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR] ペット保険をシミュレーション!

ペット保険シミュレーション

スポンサードリンク

最近の記事

  1. KIMG2122 - コピー
  2. KIMG2003 - コピー
  3. adDSC_4709
  4. kittens-geb4529514_1920
  5. 2021年9月25日 - コピー
  6. Effect_20180712_135350
  7. marguerite-729510_1920
  8. pet_tenteki_cat
  9. KIMG1120 - コピー
  10. KIMG1033 - コピー
PAGE TOP