ペットの葬儀社・火葬場の選び方

大切なペットとの「最後のお別れ」

これまで「愛猫介護日記」として、18年という長い間筆者と一緒に暮らしてきた我が家の愛猫・ベンジャミンの介護から死亡、荼毘に付すまでをお伝えしてきました。

迎えた頃は小さな子猫だったベンジャミンが老い、病気になって亡くなるまでを見届けるのは、正直とてもつらい体験でした。

DSCN0523
(子猫時代のベンジャミン。当時の携帯電話のカメラで撮影)

しかしリアルな問題として最も頭を悩ませたのは、愛猫が亡くなった後の葬儀をどうしたらいいのか、火葬はどこでしてもらえばいいのかということ。
筆者の母親も過去に猫を飼った経験がありましたが、その時の猫は当時のかかりつけ獣医で荼毘に付されたとのことで、筆者も同じように…とはいきません。

そこで、大切な猫との最後のお別れをどうすればいいのか、筆者なりに調べました。

ペットの火葬場の種類と相場

インターネットで
「ペット 火葬 ○○(地域名)」
の3つを入れて検索すると、沢山のペット霊園やペット火葬場のサイトが出てきます。

jew-cemetery-1097409_1920

それらを見ると、ペットの火葬プランは大きく分けて

・合同火葬(他のペットと一緒に火葬され、遺骨は原則合同供養され、返骨されない)
・個別火葬(1体ずつ個別に火葬され、遺骨は返骨される)

の2つに分けられ、個別火葬には更に

・火葬場まで飼い主や参列者がペットを連れて行く
・火葬車で自宅まで訪問火葬に来てくれる

・スタッフが拾骨し返骨してくれる
・参列者立ち合いで拾骨し返骨してくれる

などがあります。

飼い主の都合に合うスタイルが選べるようになっているのは、ありがたいことです。

また人間と同じような位牌や、遺骨の一部を収めて持ち歩けるメモリアルカプセルなども扱っていたり、自宅まで訪問して湯灌・納棺など人間同様の「お別れ会」をやってくれるところもあるようです。

気になる費用は、合同火葬が比較的安くて3000円~8500円程度個別火葬は参列者の立会いや拾骨などがあるかないかで料金に変動があります。

・スタッフにより拾骨して骨壷を返してもらう・・・15000円前後
・参列者の立会いあり・・・17000円~20000円前後

ただしこれは「最安値」です。ペットの種類や体重によっては、料金がこれより高くなる場合もあります。

最終的に筆者が選んだのは

筆者も最初はネット検索をしてみましたが、出てくる結果が多すぎて、どこにしたらいいのか分かりませんでした。
そこで愛猫のかかりつけの獣医さんにも相談したところ、地域のペット火葬場をいくつか教えてくださいました。

s006_220

その中から最終的に筆者が選んだのは、地域に4つある公営の斎場のうち、唯一ペット火葬も行っている斎場でした。

また、ベンジャミンは人間が大好きでしたが、その一方で猫とは生涯ほぼ全くコミュニケーションを取る機会がありませんでした。
だから「合同火葬・供養」でいきなり他の猫や動物に囲まれるのは少しかわいそうかな、と思い、個別火葬としました。

ちなみに死亡時のベンジャミンは老衰で痩せ細っていましたが、棺桶代わりの箱の重さと合わせると2kgを超えていたため、火葬料金は「最安値」とはならず、20000円かかりました。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
さわの唯

さわの唯

私立大学文学部日本文学科を卒業後、2012年よりライターとして活動を開始。 現在は日本の文化・ペット情報・バレエ・演劇・インターネットなどのコラム連載、バレエやスポーツの練習方法の解説の執筆など、幅広く活動中。

marguerite-729510_1920愛猫介護日記(その8)~ペットの葬儀について

2021年9月25日 - コピーノルウェージャンフォレストキャットの子猫お迎え!この猫種へのそれまでのイメージと、迎えてみての現実

関連記事

  1. 75039021_2473692642912124_2100108625421795328_n

    外出自粛だからペットを飼う?…実は引きこもってなどいられない「ペ…

    外出自粛要請で猫を飼う家庭が急増!?新型コロナウイルスの大流行に伴う外出自粛要請で、自宅に引きこ…

  2. cat-806211_1280

    ターキッシュ・アンゴラと、にせの英国種~複雑な歴史のある美猫

    ターキッシュ・アンゴラは、その名の通りトルコが原産の猫種です。最も古い歴史を持つ猫の1つで、トル…

  3. lion

    野生の猫達~なぜ猫はみんな小さいの?

    犬には大型犬や小型犬がいるのに、猫はみんな小さい理由私達のペットとして飼われている猫は、リビアヤ…

  4. cat-1843241_1280

    「猫又」って何?何歳からなるの?

    「猫又」とは?皆さん、猫が長生きをすると「猫又」という妖怪になるという伝説をご存知ですか?か…

  5. %e3%82%aa%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%b9

    女子力抜群!?ムダ毛のないハダカ猫・スフィンクス

    スフィンクスってどんな猫?言わずと知れた「ハダカ猫」猫と言えばモフモフ・フワフワのボディを想像さ…

  6. d59f784d7882c461e5c62e3ffb473f81_s

    【レシピ付】美味しいだけじゃない!見た目も可愛い愛犬(猫)鍋でほ…

    本格的な冬到来で、鍋が恋しい季節になりました・・・家族や友人と鍋を囲む機会も増えるのではないでしょう…

  7. IMG_9811

    移り変わる猫の目の色の不思議

    ■生まれたての猫の目はみな同じ!?猫は、生まれて2カ月ほどの間は『キトンブルー』という子猫特有の…

  8. toppu

    ニャンコがカップから脱走!?コーヒーと猫を愛する人に贈るほっこり…

    ニャンコがまったり!?たまらんARTこのキュートなイラストを描いたのは、ロシア人イラスト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR] ペット保険をシミュレーション!

ペット保険シミュレーション

スポンサードリンク

最近の記事

  1. KIMG2122 - コピー
  2. KIMG2003 - コピー
  3. adDSC_4709
  4. kittens-geb4529514_1920
  5. 2021年9月25日 - コピー
  6. Effect_20180712_135350
  7. marguerite-729510_1920
  8. pet_tenteki_cat
  9. KIMG1120 - コピー
  10. KIMG1033 - コピー
PAGE TOP