menu

犬や猫をペットショップで買うのは必ず「ひどいこと」なの!?

11 views

ペットをお店で買うのは100%「ひどいこと」?

「犬や猫をペットショップで買うなんてひどい!」
「ペットを飼いたいなら、保護犬・保護猫を引き取るべき!」
「命あるペットをお金で買うような人は、どうせ飽きれば平気でペットを捨てたり保健所へ送ったりする!」

最近、SNSなどでこのような投稿を見かける機会が増えました。

筆者が長年一緒に暮らしている猫のベンジャミンはMix猫ですが、元々はペットショップで売られていた猫でした。
そのことを発信したら、筆者に対しても
「交配実験の実験台にされた猫を金で買った、最低な人間だな!」
「命を軽視している!」
と責めるコメントが複数つき、正直大変嫌な思いをしました。

73080557_2470683969879658_5766684625053155328_o

はたして犬や猫をペットショップで買うことや、ペットショップ出身の犬や猫を飼っていることは、そんなに「ひどいこと」なのでしょうか?
今回は、ペットショップから迎えた猫と17年間一緒に暮らす筆者が、率直な意見をお伝えいたしましょう。

「ペットを飼うなら保護犬か保護猫を!」・・・それができない場合もある

「動物愛護」を叫ぶ人たちが、芸能人などがSNSに「ペットショップで犬を買った」と投稿するのを見て
「影響力のある人は、保護犬を飼うべきだ!」
「命を金で買うなんて、ひどい!」
と大炎上させた事例は、枚挙にいとまがありません。

しかし「保護犬・保護猫をもらうべき!」と叫ぶのは簡単ですが、それができないケースもあることをご存知でしょうか?

保護犬・保護猫団体は、それぞれ「譲渡条件」を設けています。
その中でもっともよくある条件が

・60歳以上のみの世帯への譲渡はNG
・継続した収入源のない家庭への譲渡はNG
・独身者への譲渡NG、血縁者の後見人がいる場合は可

などです。

cat-1370024_1280

これらは、ペットの飼育放棄をした人からその理由の聞き取りを行った結果、上位に上がったものを元に決められています。
「飼育放棄されたペットが、次こそ必ず幸せになって欲しい」
という保護団体の願いからこのようになっているのですが、これには「芸能人・有名人なら特別にOK」という特例はありません。

芸能人・有名人でも、上記の「譲渡NG条件」に該当している人はたくさんいます。
彼らがペットを飼いたいと思っても、「保護犬・猫を迎える」という選択肢は選べない場合も少なくはないのです。

譲渡条件でNGでも、例外的に迎えられる場合もある!

ただし保護犬・保護猫の譲渡に関しては、上記の譲渡条件のNG項目に該当しているにもかかわらず譲渡されているケースが、まったくないわけではありません。

先日の「子猫の成長は早い!令和元年生まれの子猫の成長記録」でご紹介した筆者の親戚宅の猫のゲンタは、実は4代目の猫です。
親戚宅も60歳以上の人間ばかりの世帯ですが、「急に猫の腰が立たなくなった!?考えられる原因と対処法は?」で紹介した先代ゲンタも含め、これまで3匹の保護猫を飼ってきました。

KIMG3399 - コピー

譲渡元の団体によっては、それまでに同じ条件で何匹も保護猫を飼ってきた「実績」がある場合は認めてくれることもあるのかもしれません。
「どうしても保護犬・猫を!」というあなたは、まずはいくつかの団体に問い合わせてみましょう。

*

いずれにせよ、
「保護犬・保護猫を迎えたから立派な飼い主、ペットショップから迎えたから悪い飼い主」
と決めつけるのは、あまりにも短絡的すぎです。

大切なのは
「あなたが自分のペットを幸せにできるかどうか」
なのだということを、いつも心に留めておきましょう。


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
カワモト野奈

カワモト野奈

私立大学文学部日本文学科を卒業後、バレエ講師、ダンサー、モデルなどとして活動。 2012年よりライターとして活動を開始。 現在はバレエ講師を務める傍ら、日本の文化・ペット情報・バレエ・演劇・インターネットなどのコラム連載、バレエやスポーツの練習方法の解説の執筆など、幅広く活動中。

75039021_2473692642912124_2100108625421795328_n我が家の愛猫が17歳に!シニア猫と暮らすための3つの注意とは?

TS3D0055なぜか人の席を取りたがる猫!その心理とは?

関連記事

  1. DSCN0911

    お正月以外も遊びたい!かわいい「ねこかるた」

    猫と家族のための「かるた」日本のお正月の遊びと言えば、「凧あげ」「羽根つき」そして「かるた」です…

  2. shutterstock_281292899

    【日本の犬】その7「四国犬」

    元は「土佐犬」、でも「闘犬」ではありません!「四国犬」は、その名のとおり、高知県を中心とする「四…

  3. dog1

    ドキドキ♥ドッグランデビューでの心得

    散歩に慣れてきたら、ドッグランデビューはいかがでしょうか?筆者の愛犬は、ドッグランが大好き!愛犬…

  4. screenshotshare_20170413_021027

    かわいい黒猫が運勢占います!「Kuroneko Tarot」

    猫に癒されるタロット占いアプリタロットカードと言えば、謎めいた神秘的な絵柄のカードが印象的で、占…

  5. medium_58f115e4928332360d1af9e5685336ea6c014c41

    駅伝やマラソンで、選手と並走する犬の気持ちは?

    箱根駅伝の映像でお正月の箱根駅伝の中継の、CMに入る前のアイキャッチ映像には、過去の箱根駅伝の「…

  6. osn0045-049 (1)

    親バカは時代を問わない!?平安貴族にも溺愛された猫たち

    近年の「猫ブーム」の影響もあり、猫を取り巻く飼育環境はどんどん向上しています。愛猫家の皆さんも「…

  7. cat-1370024_1280

    ノミの季節がやってきた!ペットのノミ対策【猫編】

    夏のノミに悩まされるのは、犬も猫も同じです。猫のノミ対策は、特にどんなことに気をつけていけば良い…

  8. dog-709328_1280

    ワンちゃん用の歩数計が登場!「わん歩計」

    犬にも「メタボ」が増加中?近年、ペットの間でも肥満が問題となっています。TVのペット番組など…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. kitten-1285341_1920
  2. SnekoDSC03607_TP_V
  3. DSCN0846
  4. 75039021_2473692642912124_2100108625421795328_n
  5. TS3D0055

ペット専門インフルエンサーサービス

フォロワー300人からOK!ペットの「好き」が仕事になる

Twitter でフォロー

PAGE TOP