menu

犬や猫と赤ちゃんの同居の心配、解決します!【その1:トキソプラズマ】

55 views

「赤ちゃんができたら、ペットは一緒に飼ってはいけない」と言われた!?

初めての出産を控えた新米ママさんは、期待と不安でいっぱいです。

赤ちゃんを迎える準備に加え、犬や猫とずっと一緒に暮らしてきた女性の中には
「うちのペットをこれからどうしたらいいのかしら?赤ちゃんと一緒に暮らして大丈夫?」
と、不安になっている方もいることでしょう。

でも
「赤ちゃんができたら、ペットは一緒に飼ってはいけない」
と誰かに言われ、不安になって愛犬や愛猫を手放そうと考えているあなた、ちょっと待ってください!

ペットを簡単に手放すのは、それこそ無責任です。

「お母さんはお前が生まれることになって、ずっと飼っていたペットを手放したんだよ」
では、生まれてくる子供の教育上も良くないでしょう。
実際に
「自分が小さい頃、家族の勝手な都合で保健所へ送られてしまった愛犬のことが、ずっとトラウマになっている」
という大人の方もいらっしゃいます。

そこで今回から数回に分け、赤ちゃんとペットが安全に暮らせるための注意点について、生まれた時から3匹の猫に囲まれていた筆者がちょっと詳しく調べてみました。

DSCN0499
(幼児期の筆者と飼い猫)

赤ちゃんとペットが一緒に暮らす上で考えられる心配ごとは?

赤ちゃんが生まれることになった飼い主さんが今後もペットと暮らす上で心配するのは、次のようなことなのではないでしょうか。

○トキソプラズマの感染
○抜け毛が赤ちゃんの喘息やアレルギーの原因になる可能性
○ペットにつくノミなどの寄生虫の影響
○ペットが赤ちゃんを噛むなどして、傷つけたりするのではないか

あなたが長年一緒に暮らしてきて「家族同然」であるペットを、ご主人やお姑さんが手放すように厳しく言う理由も、おそらくこれらの心配があるからでしょう。

NEKO9V9A9131_TP_V

しかし逆に考えると、これらの心配ごとが解決できれば、あなたの大切な赤ちゃんとペットは、一緒に暮らすことが可能ということです。

赤ちゃんに影響が!?「トキソプラズマ」

「ペットを飼っていると、赤ちゃんが健康で生まれない」といわれる1番の理由と思われるのが、トキソプラズマ感染症です。

トキソプラズマは『人畜共通感染症=ズーノシス』の1つです。
成人の約20~60%は既にトキソプラズマに感染したことがあるといわれていますが、健康な人の場合はほとんど問題になることはありません。
しかし妊婦が初めてトキソプラズマに感染した場合は、胎盤を通じて胎児に感染し、流産や死産、新生児水頭症などの原因となる場合があります。

そしてトキソプラズマ原虫が、体内での繁殖活動ができる終宿主となっているのが猫科の動物のため、短絡的に
「猫がいけない」
と考える人がいるというわけです。

トキソプラズマは猫の糞から人に感染しますが、室内飼育の猫の糞からトキソプラズマに直接感染するには、3つの条件が必要です。

○初感染の猫、または免疫が落ちて再感染・再発症している猫
○感染後、約1~数週間の間の糞
○排出されて24時間以上放置された糞についているオーシスト(原虫の卵)を直接口に入れた場合

ですから、猫が排泄した糞は24時間以内に片付ければ、猫からの直接感染はしないということになります。
妊婦さんが猫の糞を片付ける場合にはビニール手袋を着用し、片付け終わったら石鹸で手をきれいに洗えば、問題ありません。

tomcatDSC05027_TP_V

またお腹の赤ちゃんへの影響が心配なのは、妊娠中に初めてトキソプラズマに感染した場合のみです。
妊娠の6ヶ月以上前にトキソプラズマに感染していた場合は、特に問題はありません。

これから妊娠の予定があって心配な女性のあなたは、トキソプラズマの抗体検査を受けられてみてはいかがでしょうか?


hikaku1

人間と違って、犬や猫などのペットには、公的健康保険がありません。
そのため、入院、手術が必要になった場合の治療費は100%自己負担となってしまいます。
ネットから受付できるようになりペット保険の申込も簡単にできるようになりました。
保険会社によって、扱っている動物の種類・加入時のペットの年齢・状態によっては保険料が異なる、 また保険に入れない場合もありますので保険会社の比較検討が必要になります。
大切なペットのために、万が一に備えてペット保険に加入しませんか?

The following two tabs change content below.
カワモト野奈

カワモト野奈

私立大学文学部日本文学科を卒業後、バレエ講師、ダンサー、モデルなどとして活動。 2012年よりライターとして活動を開始。 現在はバレエ講師を務める傍ら、日本の文化・ペット情報・バレエ・演劇・インターネットなどのコラム連載、バレエやスポーツの練習方法の解説の執筆など、幅広く活動中。

a0790_000930丈夫な金魚でも要注意!金魚の多頭飼育は大きさ・種類のバランスを考えて!

dog-1861839_1920犬や猫と赤ちゃんの同居の心配、解決します!【その2:抜け毛・寄生虫・ペットのしつけ】

関連記事

  1. dog-1861839_1920

    全国・ペットと一緒に参拝できる神社3選(関東編)

    初詣シーズンのみならず、多くの神社仏閣では「ペットを連れての参拝はご遠慮ください」というのが…

  2. IMG_3621

    犬の食物アレルギーを知ろう!

    ◆犬の食物アレルギーとは?特定の食物(アレルゲン)に対して、本来は体を守る免疫のシステムが、無害…

  3. cat-2471505_1280

    高齢猫によくみられる健康問題 その1

    現在は10歳以上生きる猫が珍しくなく、20歳を超える猫も時々見られます。愛猫の寿命が伸びるこ…

  4. animal-1834409_1280

    猫の目の仕組みと病気について

    猫の目の特徴と仕組み猫の目は、私達人間と比べて、顔に占める面積が非常に大きいのが特徴です。…

  5. Cat_Eating_Catgrass

    猫が嘔吐するときに心配な病気

    猫はしばしば嘔吐することがあります。毛玉や異物を吐くためであることが多く、その場合は猫の通常…

  6. maneki-neko-1818225_1280

    猫がまつられている神社・寺 招き猫発祥の地3選

    年始には神社やお寺にお参りに行かれる方も多いと思います。神社やお寺にまつられている動物の代表…

  7. seiken

    【日本の犬】その4「北海道犬」

    お茶の間で人気の「お父さん犬」近年、某携帯電話会社のCMで大人気となっている、白い犬の「お父さん…

  8. cat-1680873_1280

    猫はなぜみんな「猫背」?

    そもそも「猫背」とは?人間で、前かがみで背中を丸め、首を少し前に出したような姿勢、またはそのよう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. kitten-1285341_1920
  2. SnekoDSC03607_TP_V
  3. DSCN0846
  4. 75039021_2473692642912124_2100108625421795328_n
  5. TS3D0055

ペット専門インフルエンサーサービス

フォロワー300人からOK!ペットの「好き」が仕事になる

Twitter でフォロー

PAGE TOP